タグ:オーストラリア固有種 ( 45 ) タグの人気記事


2018年 10月 14日

セネターラス

f0292806_11531496.jpg
今週のカレンダー

セネターラス
学名:Pictilabrus laticlavius
英名:Senator Wrasse
   Patrician Wrasse
分布:南オーストラリア沿岸、タスマニア

幼魚→メス→オスへと性転換するベラの仲間。
幼魚とメスは赤茶色の体に斑点のライン、
オスはグリーンの体に茶色のラインと暗斑点が目立つようになります。

寿命は10年くらい。
5年くらいでオスへ性転換するようです。

けっこう派手な配色をしているのだけど、
コンブや藻類の多い岩場にいるので背景に溶け込みます。
エビカニ、貝類、底生無脊椎動物を食べます。

成長すると25cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-10-14 20:52 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 10月 07日

コンスピキュオスエンゼルフィッシュ

f0292806_06150406.jpg
今週のカレンダー

コンスピキュオスエンゼルフィッシュ
学名:Chaetodontoplus conspicillatus
英名:Conspicuous Angelfish
分布:グレートバリアリーフ南部からニューサウスウェールズ州中部、
   ニューカレドニア、ノーフォーク島、ロードハウ島

オレンジ色の顔とイエローの尾びれに、縁取りだけの暗い体・・・
覆面レスラーみたいなエンゼルフィッシュ(笑)
目のまわりのブルーのラインがそう思わせるんですね(^_^;)

幼魚の顔は真っ黒で、白い背ビレからだんだん暗くなるグラデーション。

深さ20〜40mのサンゴ礁、岩礁に生息。
幼魚はもっと浅い場所で見つかります。

カイメンなどの無脊椎動物を食べ、
成長すると25cmくらいになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-10-07 20:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 09月 30日

レッドベルベットフィッシュ

f0292806_11115753.jpg
今週のカレンダー

レッドベルベットフィッシュ
学名:Gnathanacanthus goetzeei
英名:Red Velvetfish
分布:ビクトリア州・南オーストラリア州南岸、西オーストラリア州南西岸、タスマニア

体中が小さな皮弁にびっしり覆われていて、ビロードのような質感の不思議な魚。
幼魚は半透明の体に赤い斑点と縞模様で、こちらもキレイで独特。

夜行性で、日中はほとんど見られることがありません。
やや深い、昆布や大型藻類に覆われた岩礁に生息し、
甲殻類を待ち伏せて捕食します。

カサゴ目に属し、第1背ビレのトゲに毒を持ちます。
45cmほどに成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-09-30 21:11 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 09月 23日

オーストラリアンナムフィッシュ

f0292806_10495622.jpg
今週のカレンダー

オーストラリアンナムフィッシュ
学名:Hypnos monopterygius
英名:Australian Numbfish
   Coffin Ray
分布:オーストラリアの南西と西に離れて分布
   南西はブルームからセントビンセント湾まで、東はヘロン島からイーデンまで

「ゴウシュウシビレエイ」という和名もあるようです。
英名の「コフィンレイ」(棺エイ)というのは、
漂着個体が膨らんで棺のような形になるからだそうです。
泳ぎは遅く、よく打ち揚げられる(^_^;)

短い柄の先に眼があり、その後は皮弁に囲まれた噴水口。
尾が短く、他のどのエイとも違う独特な洋梨のような体型。
体長40cmになります。

夜行性で、主に砂浜、河口、湾の砂泥底に生息。
200ボルトの電気を発生することができます。
命にかかわるほどではないけど、かなり強力だとか・・・

電気ショックを使って、海底のカニや魚、ゴカイ類を食べます。

[PR]

by vimytaro | 2018-09-23 20:49 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 09月 16日

ペインテッドアンティアス

f0292806_06251399.jpg
今週のカレンダー

ペインテッドアンティアス
学名:Pseudanthias pictilis
英名:Painted Anthias
分布:ニューカレドニア、ロードハウ島、グレートバリアリーフ、
   ノーフォーク島、トンガ

色彩がたいへんキレイなハナダイの仲間。
成熟したメスが性転換してオスになり、
少数のオスが複数のメスを独占するハーレムを作ります。

体の後半分が黄色いのがメス。
体全体が赤くなり、尾びれと体の後に白っぽい帯ができるのがオス。
イラストでは中央がオスです。

オスは頻繁にメスに対して求愛行動を取ります。
ほとんど失敗に終わるのだけど、
ダメとわかればすぐに他のメスに向かっていくそうです(笑)

水深12〜40mの潮通しのよい場所を好み、
体長14cmほどに成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-09-16 20:24 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 09月 09日

ムーンライター

f0292806_01340976.jpg
今週のカレンダー

ムーンライター
学名:Tilodon sexfasciatum
英名:Moonlighter
分布:オーストラリア南部・西部沿岸

カゴカキダイ科の魚で、
オーストラリアの魚を展示している水槽で見ることがあるかもしれません。
最大30〜40cmと、かなり大きくなります。

「Moonlighter」には「夜間にアルバイトをする人」という意味があるようだけど、
この魚の命名には関係なさそう。
文字通り「月の光」のような体色が名前の由来だと思います。

一見、チョウチョウウオのような縞模様で、
幼魚の頃もチョウチョウウオのような眼状班が背ビレと尻ビレにあります。

沿岸の岩礁域に生息します。

[PR]

by vimytaro | 2018-09-09 22:33 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 09月 02日

オーネイトカウフィッシュ

f0292806_06384206.jpg
今週のカレンダー

オーネイトカウフィッシュ
学名:Aracana ornata
英名:Ornate Cowfish
分布:オーストラリア南部沿岸、タスマニア北部

ずいぶん前に葛西臨海水族館で初めてこの子を見て感動しました。
こんなに繊細で美しくカワイイ生きものがいるのか!と・・・

15cmほどに成長するようですが、
ボクが見たのは8cmくらいのガラス細工のようでした♪

オスは繊細すぎて、描くのがたいへん(笑)
斑点模様の並びがランダムではなくうねるように並びます。
そして目の前がこんもり盛り上がり、尾びれが黄色いのがオス。
メスは、1月のショウズカウフィッシュによく似た縞模様。
やや迷路っぽく複雑になっていてこちらも描くのがたいへん。
メスのヒレはすべて半透明。

[PR]

by vimytaro | 2018-09-02 10:37 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 08月 26日

レインフォーズバタフライフィッシュ

f0292806_00183428.jpg
今週のカレンダー

レインフォーズバタフライフィッシュ
学名:Chaetodon rainfordi
英名:Rainford's Butterflyfish
分布:グレートバリアリーフからニューサウスウェールズ州レッドロックまで、
   パプアニューギニア南部、ロードハウ島

チョウチョウウオの仲間ってだいたいみんな描きやすいんですが、
これは例外的に描きにくい(笑)
模様の個体差が大きいからかな〜?
それでも、とても好きな種類だったりします(^-^)

深さ1〜15mのサンゴ礁にペアで生息。
サンゴのポリプを主に食べるので、飼育は困難らしいです。
水族館でも展示は希。

成長すると15cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-08-26 18:18 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 08月 19日

スレッドフィンパールパーチ

f0292806_03155119.jpg
今週のカレンダー

スレッドフィンパールパーチ
学名:Glaucosoma magnificum
英名:Threadfin Pearl-perch
分布:エクスマウス湾からトレス海峡、シェルバーン湾までの北オーストラリア沿岸、
   パプアニューギニア南部

長く伸びる背ビレ、尾びれ、尻ビレの端と頭部の3本の暗い帯で見分けられます。
尾びれ付け根上に白斑、体にはたくさんの黄色い班もあり。

なんだか淡水の熱帯魚のエンゼルフィッシュを思わせるような姿。

大陸棚のやや深いところ、岩礁やサンゴ礁で群れています。

主に甲殻類を食べます。
30cmくらいまで成長しますが希、ほとんどは20cmくらいまで。

[PR]

by vimytaro | 2018-08-19 21:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 08月 12日

バリアリーフアネモネフィッシュ

f0292806_13070349.jpg
今週のカレンダー

バリアリーフアネモネフィッシュ
学名:Amphiprion akindynos
英名:Barrier Reef Anemonefish
   Akindynos Clownfish
分布:グレートバリアリーフ、珊瑚海、ニューサウスウェールズ州北部、
   ニューカレドニア、ロイヤルティ諸島、トンガ

ずばり、グレートバリアリーフ固有のクマノミです。
茶色っぽい体に、青白い横帯2本(黒い縁取り)と白い尾びれが特徴。
日本のクマノミの色を薄くした感じ。

他のクマノミと同じように、リーダーはメス、2番目がオス、その他はみんなオス。
リーダーが死ぬと、2番目が数日で性転換してメスのリーダーになります。

成魚は9cmほどに成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-08-12 20:06 | おさかなイラスト | Comments(0)