タグ:オーストラリア固有種 ( 53 ) タグの人気記事


2018年 12月 09日

タッセルドアングラーフィッシュ

f0292806_02334211.jpg
今週のカレンダー

タッセルドアングラーフィッシュ
学名:Rhycherus filamentosus
英名:Tasselled Anglerfish
分布:南オーストラリア州スペンサー湾より南、ビクトリア州南岸、タスマニア北部

モジャモジャカエルアンコウです(笑)
普通種のモジャモジャ版、ヘアリーフロッグフィッシュってのがいるけど、
あの子とはまたちがう種類です。
南オーストラリア固有種。

皮膚から伸びたフィラメントは長く枝分かれします。
そんなのが体中にびっしり・・・
イラストにするのもたいへん(笑)
じっとしてたらまず魚ってわからないでしょうね〜

ワームに似た大きなルアーを持ちます。
体色は赤みがかった茶色から暗い茶色、腹側は白っぽい。
23cmほどの大きさに成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-12-09 18:33 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 12月 02日

ワーティプロウフィッシュ

f0292806_04164587.jpg
今週のカレンダー

ワーティプロウフィッシュ
学名:ワーティプロウフィッシュ
英名:Warty Prowfish
分布:オーストラリア西岸から南岸、タスマニア

体はタテに平べったく、ペラペラ。
別名、南オーストラリアの「ぬらりひょん」(笑)
沿岸域の海藻やカイメンのそばに生息する、カサゴの仲間。
この姿は、カイメンに擬態していると思われ、
22cmほどの大きさに成長します。

幼魚の体の表面はなめらかだけど、
体の表面のイボイボは成長と共に目立ってきて、
どんどんカイメンそっくりになります。
色は白っぽいのやオレンジや紫いろなど、さまざま。

身の危険を感じると、
エラ穴の上から、乳白色の液体を出します。

[PR]

by vimytaro | 2018-12-02 20:16 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 11月 25日

イースタンキングラス

f0292806_02200828.jpg
今週のカレンダー

イースタンキングラス
学名:Coris sandeyeri
英名:Sandager's Wrasse
   Eastern King Wrasse
分布:ニューサウスウェールズ州ブロートン島から南沿岸、ビクトリア州南部、
   ロードハウ島、ノーフォーク島、ケルマディック諸島、ニュージーランド北部

とても個性的な模様と配色の「ベラの東の王様」
「西の王様」のウエスタンキングラスという種類も西オーストラリアにいます。
他のベラと同じように、成長に沿って体の色は変化します。

メスは赤っぽい体に二つのぼんやりした黒班。
幼魚は黄土色の太い縦縞1本と尾ビレの付け根の眼状班。

水深20〜40mほどの、海藻に覆われた岩礁域に生息。
貝類やヨコエビなどの底生無脊椎動物を食べ、
最大で体長50cmになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-11-25 21:19 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 11月 18日

ウエスタンタルマ

f0292806_15593242.jpg
今週のカレンダー

ウエスタンタルマ
学名:Chelmonops curiosus
英名:Western Talma
   Square Back Butterflyfish
   Truncate Coralfish
分布:オーストラリア南岸、ロング湾からイーグルベイ

ハシナガチョウチョウウオによく似た姿ですが、
カラーリングは白いボディに黒と茶色い縞模様となかなか渋いです。

西と東で種類を分ける、オーストラリアでよくある名前の付け方で、
イースタンタルマというよく似た種類も南岸に広く分布しています。
ウエスタンタルマの方がより狭い範囲に分布。

背ビレと尻ビレが長く伸びて、より鋭角な三角形に見えるのがウエスタン。
でも若い個体はどちらも丸っこいので区別はむずかしそう。
幼魚の背ビレには眼状班がありますが、これも東西いっしょです。

成長すると26cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-11-18 21:59 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 11月 11日

バリードキャットシャーク

f0292806_01343096.jpg
今週のカレンダー

バリードキャットシャーク
学名:Parascyllium variolatum
英名:Necklace Carpetshark
分布:オーストラリア南部沿岸、タスマニア北部

え?これサメ?・・・というのが第一印象。
ウナギにサメヒレを付けたみたいな、ひょろ長い体をしています。
「カーペットシャーク」と呼ばれるグループはみんなこんな感じ。

エラ穴付近に黒い帯があり、その中に多数の小さな白斑、
これが英名の「ネックレス」にあたるようです。
体にも交差する縞模様と白斑があり、見分けるのは容易。

無脊椎動物をエサとしているようです。
夜行性で、昼間は滅多に見ることはできません。

成長すると60〜90cmほどになります。
おそらく卵生。

[PR]

by vimytaro | 2018-11-11 21:33 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 11月 04日

ホースシューレザージャケット

f0292806_09445369.jpg
今週のカレンダー

ホースシューレザージャケット
学名:Meuschenia hippocrepis
英名:Horse-shoe Leatherjacket
分布:西オーストラリア州南部からビクトリア州、タスマニア

体の側面に馬の蹄鉄のような模様があるのが、名前の由来。
体長51cmになる、大型のカワハギの仲間。

オスの方がメスより明るい体色です。
オスの尾ビレ付け根には2組の湾曲したトゲを持ちます。

深い湾や河口の大型藻類の中で群れを作ります。

[PR]

by vimytaro | 2018-11-04 21:44 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 10月 28日

ゴブリンフィッシュ

f0292806_09413572.jpg
今週のカレンダー

ゴブリンフィッシュ
学名:Glyptauchen panduratus
英名:Goblinfish
分布:オーストラリア南部、タスマニア

ぱっと見、七面鳥かホロホロ鳥みたいな魚(笑)
どう見ても海底に鳥がうずくまっているみたいに見えます(^_^;)
カサゴの仲間に近いんだそうです。

ふつうの魚は頭と胴体が一体化してるんだけど、
この子はえらぶたの前がひょろ〜っと伸びてて、
まるで「首」があるみたいに見えるので、
オマケにウロコは羽毛に見えるので、それで鳥っぽく見えるんですかね。
でも海中で鳥に擬態しても意味ないけどね(笑)

ずいぶん前に葛西臨海水族園で見たことあるけど、ほとんど動かず岩でした。
そうそう、ホントは岩に擬態してるんだと思います。

背ビレには毒があります。
成長すると19cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-10-28 21:41 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 10月 21日

ウィーディシードラゴン

f0292806_01000965.jpg
今週のカレンダー

ウィーディシードラゴン
学名:Phyllopteryx taeniolatus
英名:Weedy Seadragon
   Common Seadragon
分布:ニューサウスウェールズ州南東から西オーストラリア西海岸、タスマニア

同じ生息域のリーフィシードラゴンの方が有名だけど、
色彩的にはウィーディシードラゴンの方が派手でサイケデリック。
これこそ「ドラゴン」って雰囲気。
個体数もウィーディの方が多いようです。

孵化の仕方も違いがあるようで、
リーフィは生まれた直後に水面に向かっていくけど、
ウィーディは生まれた直後に海藻の中に消えていくとか・・・
海藻の中の方が安全そうですね・・・それで個体数も多いのかもね。

「ウィーディ」とは体に付いている葉のような付属物を指します。

体長30cmくらいが標準だけど、希に45cmまで成長する個体も・・・

[PR]

by vimytaro | 2018-10-21 21:59 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 10月 14日

セネターラス

f0292806_11531496.jpg
今週のカレンダー

セネターラス
学名:Pictilabrus laticlavius
英名:Senator Wrasse
   Patrician Wrasse
分布:南オーストラリア沿岸、タスマニア

幼魚→メス→オスへと性転換するベラの仲間。
幼魚とメスは赤茶色の体に斑点のライン、
オスはグリーンの体に茶色のラインと暗斑点が目立つようになります。

寿命は10年くらい。
5年くらいでオスへ性転換するようです。

けっこう派手な配色をしているのだけど、
コンブや藻類の多い岩場にいるので背景に溶け込みます。
エビカニ、貝類、底生無脊椎動物を食べます。

成長すると25cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-10-14 20:52 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 10月 07日

コンスピキュオスエンゼルフィッシュ

f0292806_06150406.jpg
今週のカレンダー

コンスピキュオスエンゼルフィッシュ
学名:Chaetodontoplus conspicillatus
英名:Conspicuous Angelfish
分布:グレートバリアリーフ南部からニューサウスウェールズ州中部、
   ニューカレドニア、ノーフォーク島、ロードハウ島

オレンジ色の顔とイエローの尾びれに、縁取りだけの暗い体・・・
覆面レスラーみたいなエンゼルフィッシュ(笑)
目のまわりのブルーのラインがそう思わせるんですね(^_^;)

幼魚の顔は真っ黒で、白い背ビレからだんだん暗くなるグラデーション。

深さ20〜40mのサンゴ礁、岩礁に生息。
幼魚はもっと浅い場所で見つかります。

カイメンなどの無脊椎動物を食べ、
成長すると25cmくらいになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-10-07 20:14 | おさかなイラスト | Comments(0)