2018年 03月 11日

マグピーパーチ

f0292806_18060928.jpg
今週のカレンダー

マグピーパーチ
学名:Cheilodactylus nigripes
英名:Magpie Perch
分布:バッセルトンからシドニーまでのオーストラリア南岸、
   タスマニア島北部、ニュージーランド北島ニュープリマス沿岸。

日本にいるタカノハダイの仲間です。
2/4の週のレッドモーウォンも同じですが、
分布が微妙に被らないですね・・・
同じ種類が棲むところを変えて、それぞれに進化したんでしょうかね?
ボクは専門家じゃないから想像でしかないけど(^_^;)

赤道を越えた日本に棲むタカノハダイもほぼ同じ体型だけど、
まったくちがう環境でどうして同じになるんでしょうね?
赤道を越えて移動はできないと思うけど・・・不思議です。

幼魚はキラキラしててきれいなんだそうですが、
資料画像は見つかりませんでした。
若魚は尾びれがオレンジ。
成魚は41cmにまで成長します。

岩礁に生息し、ゴカイ類や藻類を食べます。

[PR]

# by vimytaro | 2018-03-11 21:05 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 03月 04日

スクリブルドエンゼルフィッシュ

f0292806_16484138.jpg
今週のカレンダー

スクリブルドエンゼルフィッシュ
学名:Chaetodontoplus duboulayi
英名:Scribbled Angelfish
分布:シャーク湾からフレイザーアイランドまでのオーストラリア北部沿岸、
   インドネシア南部、パプアニューギニア南部、ロードハウ島

体の模様は、成魚のオスとメス、幼魚で微妙にちがいます。
成魚オスではほど前後に流れる密なタテジマで四角っぽい体型。
成魚メスは密な虫食い模様で、オスよりも丸っこい体型に、
幼魚も虫食い模様だけど、メスよりももっと粗い感じです。
背中や眼の後ろの黄色い帯や口先の黄色は幼魚の時から同じ。

アクアリストにはとても人気のエンゼルフィッシュ。
人気があるのはメスなんだそうです。
ボクはオスの模様の方が好きだけどなー(笑)
・・・というわけで、イラストもオスです。

5〜20mの深さの珊瑚礁に生息。
成魚では28cmほどに成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-03-04 22:48 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 02月 25日

イエロークレステッドウィードフィッシュ

f0292806_17010468.jpg
今週のカレンダー

イエロークレステッドウィードフィッシュ
学名:Cristiceps aurantiacus
英名:Golden Weedfish
   Yellow Crested Weedfish
分布:ジェラルトンからエスペランスまでの西南オーストラリア沿岸、
   セントヴィンセント湾からゴールドコーストまでの東南沿岸、
   ロードハウ島、ニュージーランド北部

これ魚なの?というか、海藻が魚になったかのような容姿。
野生で見つけることはかなりレアなのだそうです。
海藻に紛れて気がつかないのでしょうね。

目の上にある大きなトサカは第1背ビレ。
眼を縦に走る黒い帯は目の上で皮弁のようになっています。
長くて幅広の第2背ビレと薄くなった体はそのまま海藻みたい。

体色は黄色から赤茶色までさまざまで、茶色の斑点が散らばります。

沿岸の海藻の中や砂地に住み、甲殻類や小魚を食べます。

なんと卵生ではなく胎生、体内受精して赤ちゃんを生みます。

[PR]

# by vimytaro | 2018-02-25 21:00 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 02月 18日

ラフィ

f0292806_17090963.jpg
今週のカレンダー

ラフィ
学名:Trachichthys australis
英名:Roughy
   Southern Roughy
分布:西オーストラリア州シャーク湾から
   クイーンズランド州フレイザーアイランドまでの南オーストラリア沿岸

赤くてカワイイ・・・「パフィ」ではなく「ラフィ」です。
ペアではなく群れでいることが多いです。
40mまでの浅瀬や岩礁の下など、海底近くで群れています。

ちょっと前まで、ヒカリキンメダイの仲間だと思っていました(笑)
というわけで、目の下に発光器なんてありません(^_^;)

幼魚は黒い体に、頭の上と尾部上下に白斑があります。
目が大きくて、こどももカワイイ(^-^)

「ラフィ」で検索すると「オレンジラフィ」と呼ばれる
ヒウチダイの仲間の料理画像がいっぱい出てきます(笑)
オレンジラフィは「Hoplostethus Atlanticus」
どちらもキンメダイ目ヒウチダイ科です。
食材になってる魚の方が有名なんですね(^_^;)

[PR]

# by vimytaro | 2018-02-18 22:08 | おさかなイラスト | Comments(2)
2018年 02月 11日

ゼブラフィッシュ

f0292806_19053912.jpg
今週のカレンダー

ゼブラフィッシュ
学名:Girella zebra
英名:Zebra Fish
分布:西オーストラリア州のポートデニソンからニューサウスウェールズ州クラランス川まで、
   タスマニア北東部

名前のとおりの見た目のメジナの仲間。
白っぽい体に下に向かって細くなる9〜10本の黒い縞模様。
若魚はやや暗い体色をしています。

細い線の縞模様の種類(Girella tricuspidata)もいるみたいだけど、
この2種類は簡単に区別できそう。

沿岸の岩礁付近、表層を群れで泳ぎ、藻類を食べます。

成魚は54cmほどにまで成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-02-11 19:07 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 02月 04日

レッドモーウォン

f0292806_01414151.jpg
今週のカレンダー

レッドモーウォン
学名:Cheilodactylus fuscus
英名:Red Morwong
分布:クイーンズランド州南部からビクトリア州東部まで、ニュージーランド北島

分布域の中心、ニューサウスウェールズ州沿岸でよく見られます。
日本のタカノハダイやミギマキと同じ仲間です。

オレンジブラウンの覆面を被ったような模様が特徴的。
目の前には角のような突起があり、肉厚の大きい唇を持ちます。
幼魚には背側に銀色の横縞模様が入ります。

ゴカイ類や小さな無脊椎動物を食べます。

[PR]

# by vimytaro | 2018-02-04 19:41 | おさかなイラスト | Comments(0)