2018年 04月 29日

ロングノーズワイティング

f0292806_12104750.jpg
今週のカレンダー

ロングノーズワイティング
学名:Siphonognathus beddomei
英名:Pencil Weed Whiting
分布:西オーストラリア州ロットネスト島からビクトリア州ギップスランド湖地方、
   タスマニア島南東部

「ワイティング」と呼ばれるベラの仲間。
海藻エリアを好み、ふだんは海藻の中に潜んでいますが、
オスはメスを探して海草エリアを巡回するそうです。

体に2本のブルーのストライプがあるのがオス。
鼻先と目の後ろが赤くなっていて、尾びれに黒班を持つのが若魚とメス。

オスがメスへディプレイする時は、大きめの腹ビレをピロピロと広げます。

成魚は12cmほどに成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-29 19:10 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 04月 28日

葛西臨海水族園Tシャツ

f0292806_11271284.jpg
f0292806_11271974.jpg
葛西臨海水族園のオリジナルTシャツ、
デザインさせていただきました。
ギフトショップにて販売中です。

モノクロで英語表記が、大人サイズ。
S・M・L・XL 2484円(税込み)

2色でカタカナ表記が、こどもサイズ。
100・120・140 2052円(税込み)

よろしくお願いします(^-^)ノ

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-28 11:32 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2018年 04月 22日

ブラックリーフレザージャケット

f0292806_07032310.jpg
今週のカレンダー

ブラックリーフレザージャケット
学名:Eubalichthys bucephalus
英名:Black Reef Leatherjacket
分布:主にニューサウスウェールズ東沿岸、
   ここからオーストラリア南岸・西オーストラリア州タマーラ付近までまばらに分布

全身ほぼ真っ黒なカワハギ。
黄色っぽい目のまわりは白いリングで縁取られて目立ちます。
幼魚は茶色。
目の上に強い背ビレ棘があります。

なんだか忍者みたいで好きデザインなのです(笑)

沖合のサンゴ礁や岩礁の上に・・・と説明にはあるんですが、
ネットで見つかる写真はどれも海藻の上を泳いでいます。

ペアでいることが多い
成魚は40cmほどの大きさになります。

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-22 20:03 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 04月 15日

イースタンフロッグフィッシュ

f0292806_05265021.jpg
今週のカレンダー

イースタンフロッグフィッシュ
学名:Batrachomoeus dubius
英名:Eastern Frogfish
分布:クイーンズランド州フレイザー島からニューサウスウェールズ州キアマ沿岸、
   西オーストラリア州マルス諸島

ガマアンコウ目という日本近海には分布しないグループに属します。
「アンコウ」という名前がついているし、見た目もアンコウそっくりですが、
アンコウ目とは異なるグループです。

おもに岩礁や洞窟に隠れていますが、
河口や珊瑚礁で見られることもあります。

大きな口と、拡張できる胃を持ち、大きな獲物を丸呑みしてしまいます。
口の周りのたくさんの皮弁は、アンコウと同じように、
自分の影を目立たなくするためなのでしょうね・・・
背ビレには毒があるとか・・・

アンコウと同じように、縦方向につぶれた体型ですが、
アンコウほどペチャンコでもありません(笑)
成長すると35cmほどの大きさになります。

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-15 20:26 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 04月 08日

レッドアンドブラックアネモネフィッシュ

f0292806_12542660.jpg
今週のカレンダー

レッドアンドブラックアネモネフィッシュ
学名:Amphiprion melanopus
英名:Fire Clownfish
   Blackback Anemonefish
分布:レベーク岬(西オーストラリア州)からボナパルト諸島、
   アッシュモア環礁、ティモール海、北部グレートバリアリーフ、
   クイーンズランドからボールトン島(ニューサウスウェールズ)
   ニューギニア島北部東部沿岸、ビスマルク諸島、ソロモン諸島、
   バヌアツ、ニューカレドニア、フィジー

背中から体の後部が黒いクマノミ。
おなじみの白いバンドは頭から目にかかる1本だけです。
ちょっとハマクマノミに似てるけど、黒い部分が際立ってます。

よく知られているように、グループでイソギンチャクと共生します。
最大サイズがメスになり、2番目が繁殖に関係するオス、
それ以下のサイズはすべて未成熟(両性)のままですが・・・
メスが死んだ場合は、
2番目のオスがメスに性転換し、未成熟の3番目が繁殖オスとなります。

性転換する魚類は多いけど、オスからメスに性転換するのは少数派です。

最大12cmまで成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-08 22:53 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 04月 01日

ポートジャクソンネコザメ

f0292806_06534862.jpg
今週のカレンダー

ポートジャクソンネコザメ
学名:Heterodontus portusjacksoni
英名:Port Jackson Shark
分布:西オーストラリア州カランブルからクイーンズランドのタウンズヒルにかけて
   ぐるっと南オーストラリア沿岸、、ニュージーランド北島南西岸

ペット犬にハーネスを付けたような模様が特徴的なネコザメの仲間。
ニホンのネコザメよりシャープな顔してます。

シドニー近くのポートジャクソン湾でよく見られるというのが、
この名前の由来だそうです。

卵生で、8月9月にドリルのような形の卵を岩の裂け目に産み付けます。
卵の形は日本のネコザメと同じ。
この形のおかげで潮に流されることなく、9〜12ヶ月後に孵化します。

夜行性で、日中は洞窟や岩の隙間に隠れています。
海底のウニやエビカニ、貝類を食べます。
170cmくらいまで成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-04-01 22:53 | おさかなイラスト | Comments(0)