2018年 07月 08日

スポッテッドハンドフィッシュ

f0292806_02214787.jpg
今週のカレンダー

スポッテッドハンドフィッシュ
学名:Brachionichthys hirsutus
英名:Spotted Handfish
分布:タスマニア島ダーウェント川河口、その他周辺の河口域

ボクのほんとうにいちばん好きな魚です。
マイナーすぎて共感してもらえないので・・・(^_^;)
「ジンベエザメがいちばん好き」と答えることが多いのですけど(笑)

カエルアンコウの仲間なのですが、明らかに胸ビレが長く発達していて、
体を浮かせて、この胸ビレだけで歩くように移動します。

河口域の砂泥底に生息し、小さな貝、エビ、ゴカイ類を食べます
成魚になっても12cmほどの小さな魚。
ハンドフィッシュの仲間は他にも数種類います。
絶滅危惧種。

[PR]

# by vimytaro | 2018-07-08 02:22 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 07月 01日

オールドワイフ

f0292806_09205954.jpg
今週のカレンダー

オールドワイフ
学名:Enoplosus armatus
英名:Old Wife
分布:オーストラリア南部、西部沿岸、タスマニア島北部

釣り上げたときにギシギシと歯をこすり合わせてイヤな音を出すので、
ブツブツと小言がうるさい「古女房」=「オールドワイフ」
・・・という命名だという説が有名です(笑)
でも泳いでる姿は高貴な貴婦人なイメージです・・・よね?

昔はチョウチョウウオの仲間として分類されていましたが、
今ではエノプロスス科というこの種のみの科となりました。

海岸の岩礁域や藻場に群れで生息します。
体長は最大で50cm。
エビやゴカイ類を好んで食べます。

意外なことに食用として流通し、たいへんおいしいらしいです。
背ビレのトゲに毒があるので、取り扱いには注意が必要。

[PR]

# by vimytaro | 2018-07-01 09:20 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 06月 24日

マオリラス

f0292806_22343644.jpg
今週のカレンダー

マオリラス
学名:Ophthalmolepis lineolata
英名:Maori Wrasse
分布:西オーストラリア州のハウトマン・アブロルホス島からビクトリア州南部まで

「マリオ」ラスではありません(笑)
「マオリ」はニュージーランド先住民のマオリ族のことです。

幼魚は赤と白とオレンジの帯、
メスと若魚は茶色と白と黄色の帯、
オスになると黒帯が加わり、鮮やかな青い線と斑点も入ります。

ベラの仲間なので性転換します。
若魚は2歳で18cmほどに成長するとメスになり、
さらに5歳で27〜34cmほどに成長するとオスへ性転換します。

海藻の茂る岩礁やサンゴ礁に生息し、
小さなエビカニや貝類、ゴカイ、ウニなどを食べます。

[PR]

# by vimytaro | 2018-06-24 22:33 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 06月 17日

ホワイトバードボックスフィッシュ

f0292806_12520225.jpg
今週のカレンダー

ホワイトバードボックスフィッシュ
学名:Anoplocapros lenticularis
英名:White-barred Boxfish
分布:オーストラリア西部南部沿岸

名前の「ホワイトバード」は、
「白い鳥」ではなく「白い帯を持った」の意味。

イトマキフグ科で、ほとんどがオーストラリア南部の固有種らしいです。

オスはイラストのように明るいオレンジに白い帯。
メスと若魚はやや黄色いオレンジに白帯黒斑が入ります。
幼魚はまんまるで黄褐色に不明瞭な帯状斑点・・・カワイイです。

比較的深い海域に生息しています。
最大30cmにまで成長しますが、ほとんどは25cm未満。

[PR]

# by vimytaro | 2018-06-17 12:51 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 06月 10日

イースタンフィドラーレイ

f0292806_23155294.jpg
今週のカレンダー

イースタンフィドラーレイ
学名:Trygonorrhina fasciata
英名:Eastern Fiddler Ray
分布:クイーンズランド南部からニューサウスウェールズのツーフォルド湾まで

じつは似たような模様のサザンフィドラーレイというのもいます。
でも同じ種類のように扱われていたり、合わせてイースタン・・・と呼ばれていたり、
7種類のフィドラーレイがいるとか・・・ボクがまだよくわかってません。
スミマセン(^_^;)

模様がとにかくかっこいいです。
かっこよすぎて、イラストにするのがたいへんでした(笑)
「フィドラー」には「潮招き」の意味があって、
光を受けた波の影みたいに見えるのが由来かもしれないと、
・・・勝手に考えてます。

岩礁や砂底、海草エリアの海岸に生息。

体内受精して卵胎生、子宮内の卵で育ちます。
体長120cmまで成長します。

[PR]

# by vimytaro | 2018-06-10 23:15 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 06月 03日

イースタンクリーナークリングフィッシュ

f0292806_12123725.jpg
今週のカレンダー

イースタンクリーナークリングフィッシュ
学名:Cochleoceps orientalis
英名:Eastern Cleaner Clingfish
分布:ニューサウスウエールズ東沿岸、ビクトリア州マラコータ

無数の赤い斑点と青いストライプがキレイな、
ウバウオの仲間。
体は粘液で厚くコーティングされて、ウロコはありません。

腹ビレは吸盤のようになっていて、岩や海藻にくっついています。
他の大きな魚の寄生虫を食べるクリーニングフィッシュなので、
その時も吸盤が役に立っているのでしょうね。

強い流れや波の影響を受ける浅瀬に棲んでいるけど、
それでも流されないほど吸盤の力は強いらしいです。

体長5.5cmほど。

[PR]

# by vimytaro | 2018-06-03 19:12 | おさかなイラスト | Comments(0)