人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 29日

サンゴトラザメ

サンゴトラザメ_f0292806_19480104.jpg
今週のカレンダー
いよいよ、今年最後のサメとなりました。
カレンダーの裏表紙となるので、キレイでカワイイのチョイスしましたよ。

サンゴトラザメ
学名:Atelomycterus marmoratus
英名:Coral Catshark

インド洋太平洋西部のサンゴ礁に分布。
最大で体長70cmになります。
細長い体に明暗の斑点が並んでとってもキレイ。

日中は狭い場所に潜み、夜間に餌を探して活動します。
エサは底生無脊椎動物や小さな魚類。
人を襲うことはなく、水族館や家庭水槽でも飼育されています。

卵生で、「人魚の財布」型の卵を2個ずつ、海底に産み付けます。
卵のサイズは、長さ6〜8cm、幅2cm。
10〜13cmほどの幼魚が生まれます。


by vimytaro | 2019-12-29 19:46 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 12月 27日

「おもしろミクロ生物の世界」

「おもしろミクロ生物の世界」_f0292806_16362659.jpeg

「おもしろミクロ生物の世界」発売です。
ミクロ生物を愛してやまない、岩国市ミクロ生物館の末友先生が、
わかりやすくミクロのなかまたちを解説しています♪
ボクは本文イラストを描かせていただきました。

偕成社さんより ¥3080
よろしくお願いします(・∀・)


by vimytaro | 2019-12-27 16:18 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2019年 12月 22日

スクープヘッドシャーク

スクープヘッドシャーク_f0292806_08492585.jpg
今週のカレンダー

スクープヘッドシャーク
学名:Sphyrna media
英名:Scoophead

日本ではあまり知られていない、小さなシュモクザメの仲間。
最大体長150cmほど、オスはさらに小さく90cmほど。
パナマからブラジル南部までとカリフォルニア湾からペルー北部までの
西大西洋・東太平洋の熱帯水域に分布しています。

ウチワシュモクザメに似た、小さなトンカチ頭です。
和名の「ウチワ」に対応するのは、英語では「スコップ」というところでしょうか(笑)
ウチワシュモクザメよちょっと角張った感じします。

タコイカ、ヒラメ、他の小型のサメエイを捕食します。
胎生で、34cmほどの幼魚が生まれます。


by vimytaro | 2019-12-22 08:48 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 12月 19日

2020年カレンダー

2020年カレンダー_f0292806_17054466.jpg
2020年カレンダー_f0292806_17055643.jpg

たいへんお待たせいたしました(^_^;)
iichiさん、Creemaさんにて、カレンダー販売を始めました。


来年はクジラの進化をたどるカレンダーです。
よろしくお願いします(・∀・)

iichi

Creema



by vimytaro | 2019-12-19 03:05 | おさかなグッズ | Comments(4)
2019年 12月 15日

ニシオンデンザメ

ニシオンデンザメ_f0292806_02393249.jpg
今週のカレンダー

ニシオンデンザメ
学名:Somniosus microcephalus
英名:Greenland Shark

脊椎動物の中でもっとも長寿だそうで、もっとも高齢な個体は・・・
392歳・・・プラマイ120歳(ダンブルドア校長かい・笑)
性成熟には150年もかかるんだそうです(@_@)

長寿であるが故に、人間活動の影響は大きいと考えられ、
絶滅の危険があると言われています(現在は「絶滅危惧」に次ぐ「近危急種」)

最大体長730cm(640cmとも)。北大西洋、グリーンランド近海に分布。
深海性だけど、エサを求めて浅海に上がってくることもある。

低水温に生息しているので泳ぎは遅く、世界一のろい魚だとか・・・
でもサケ、マスなどを捕食、その他エサになりそうなモノはなんでも。
積極的に獲物を追うのではなく、待ち伏せ型です。


by vimytaro | 2019-12-15 08:38 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 12月 11日

2020チャリティカレンダー展+環境ポスター展


2020チャリティカレンダー展+環境ポスター展_f0292806_01350430.jpg
今回ポスターで初参加。出品者のデザインしたカレンダーの販売もあります。
売上げは東北3県(岩手・宮城・福島)に寄贈されます。
市ヶ谷山脇ギャラリーにて11〜18時、17日まで(最終日は14時まで・15日日曜日は休館日ですのでご注意ください) 来場者パーティは14日土曜日15:30〜17:30

2020チャリティカレンダー展+環境ポスター展_f0292806_01521183.jpg



by vimytaro | 2019-12-11 20:34 | 展示会 | Comments(0)
2019年 12月 08日

シロワニ

シロワニ_f0292806_02205637.jpg
今週のカレンダー

シロワニ
学名:Carcharias taurus
英名:Sand Tiger Shark

「ワニ」はサメの別称。
なので「シロザメ」ということになるけど、白っぽいわけでもない。
背側の体色は褐色や灰色。最大で全長320cm、体重158kg。
温帯、熱帯の沿岸に分布。

ホホジロザメに次いで、コワい顔してます(笑)
背中が盛り上がって、獰猛そうなマッチョな体型。
口が常に半開きで、ずらりと並んだ歯がまた鋭くて湾曲してて痛そう。
でも見かけによらずおとなしい・・・でもやっぱり近づきたくはない(^_^;)

胎生で未成熟卵を食べる卵食型。卵だけでなく他の胎仔も捕食する。
サメの子宮は2つあるので、それぞれの子宮内で兄弟を食べ尽くした1尾ずつ、2尾が産まれる。
産まれてくる時の幼魚の大きさは100cmほど。


by vimytaro | 2019-12-08 13:20 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 12月 01日

メガマウスザメ

メガマウスザメ_f0292806_00012803.jpg
今週のカレンダー

メガマウスザメ
学名:Megachasma pelagios
英名:Megamouth Shark

かつては「幻の深海ザメ」と言われていましたが、
じつはそんなに深海ではなく、最深で200mだそうです。
そして、目撃例と捕獲例もけっこう多くて、絶滅危惧種でもありません。
・・・ちなみに絶滅危惧にリストアップされているサメは74種類

世界中の熱帯から温帯の海に分布。
日本での記録が比較的多いです。
全長700cm。古代のサメに近い形態を残しています。

プランクトン食で、歯はとても小さくヤスリ状。
クジラのように口を大きく開けて海水ごとプランクトンを丸呑みし、
その後口を閉じて、鰓孔から海水だけを出します。
アゴの皮膚はやわらかく、海水を飲み込むと風船みたいに膨らむのだそうです。
ホントにクジラみたい(笑)見てみたい♪

胎生と考えられていますが、胎児はまだ発見されていません。
生殖についてはまだ不明。


by vimytaro | 2019-12-01 15:00 | おさかなイラスト | Comments(2)