人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 11月 24日

タテスジトラザメ

タテスジトラザメ_f0292806_14591446.jpg
今週のカレンダー

タテスジトラザメ
学名:Poroderma africanum
英名:Pajama Shark
   Striped Catshark
   Lined Catshark

ゴメンナサイ。表記は「タテスジトラザメ」が正しいみたいです(^_^;)

初めて画像で見つけたときは、タテジマ模様にビックリしました。
サメにタテジマって・・・なんだかドジョウみたいで(笑)

南アフリカ沿岸の固有種。浅い岩礁や藻場に生息。
最大体長110cm。背ビレが体の後の方に付いてます。

日中は岩の隙間や海藻の中で過ごし、夜間にエサを探して泳ぎまわる。
小型の魚やエイ、エビカニ、タコイカ、貝類などを食べます。

卵生。5×9cmの長方形で暗褐色の卵から14cmほどの幼魚が生まれます。
この卵は、ホラガイの仲間から捕食されることもあるそうで・・・
卵殻に穴を空けて卵黄を吸い出すんだそうです・・・ホラガイってこわいね(^_^;)

アクアワールド大洗で見られるそうですが、今もいるのかな?


by vimytaro | 2019-11-24 19:57 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 11月 19日

「わたしたち、海でヘンタイするんです。」

「わたしたち、海でヘンタイするんです。」_f0292806_00241374.jpg
いよいよ、今週21日発売となりました。

海の生きものたちの「ヘンタイ」な生態を、
香里武さんが生きものになりきって自ら語る、
図鑑のような読み物のような一冊です。

ボクもメインのイラストを描かせていただきました。

Amazonでの予約もできるんですが、
一部書店で購入すると、おみくじつき缶バッジが付いてくるという特典あります!

缶バッジ配布店舗は以下の通りです。
よろしくお願いします(・∀・)

三省堂書店名古屋本店
丸善博多店
三省堂書店池袋本店 
紀伊國屋書店玉川高島屋店
啓文社岡山本店
啓文社ポートプラザ店
啓文J三原
啓文社コア店
啓文新福山西店
啓文社緑町店
啓文社コア神辺店
啓文社西条店 
啓文社TSUTAYA可部店
戸田書店桐生店
戸田書店藤岡店
戸田書店中之条店
戸田書店沼田店
戸田書店かんなみ店
戸田書店御殿場店
戸田書店リブレ菊川店
戸田書店西郷店
戸田書店三川店
戸田書店山形店
戸田書店前橋本店 
戸田書店高崎店
戸田書店熊谷店 
戸田書店山梨中央店
戸田書店長岡店
戸田書店新潟南店
戸田書店富士店
戸田書店富士宮店
戸田書店江尻台店
戸田書店静岡本店
戸田書店藤枝東店
戸田書店豊見城店
有隣堂横浜駅西口ジョイナス店

「わたしたち、海でヘンタイするんです。」_f0292806_00085519.png


by vimytaro | 2019-11-19 00:22 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2019年 11月 17日

ヒラシュモクザメ

ヒラシュモクザメ_f0292806_16581293.jpg
今週のカレンダー

ヒラシュモクザメ
学名:Sphyrna mokarran
英名:Great Hammerhead

シュモクザメの仲間の中では最大で、最大では体長600cm。
ハンマーの前縁にデコボコ少なく、ほぼ直線。
第1背ビレはとても高くて鎌形。
世界中の暖かい海域沿岸、サンゴ礁に分布します。

ハンマー下面には無数のロレンチーニ器官があり、
砂の中のエイも見つけられます。嗅覚もとくに鋭敏。
エビカニ、タコイカ、魚類など、とくにアカエイの仲間を捕食します。

もっとも危険なシュモクザメと言われているけど、
死亡例は少なく、種の特定も困難なので、確定ではない。
ただ、切断に適した形状の歯を持つので、襲われたら致命的。

胎生で、卵黄を使い果たした胎児は胎盤から栄養を取ります。
50〜70cmほどの幼魚が、1度に20〜40尾産まれます。

最近、遊泳行動データから、おもしろいことがわかりました。
60度ほど横倒しになって、大きな背ビレを第3の胸ビレとして使います。
大きな背ビレからも揚力を得られて、省エネできるらしいのです。


by vimytaro | 2019-11-17 16:57 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 11月 10日

コロザメ

コロザメ_f0292806_00211046.jpg
今週のカレンダー

コロザメ
学名:Squatina nebulosa
英名:Clouded Angel Shark

よく似たカスザメとのちがいは・・・
両眼の後ろにある噴水孔の間隔が両眼と同じか狭い、カスザメは広い。
背面に中心にトゲの列がない、カスザメにはある。
胸ビレ先端の角度が120度、カスザメは90〜100度。

日本海、東シナ海から台湾北部、本州以南の太平洋沿岸に分布。
全長160cmほど。水深300mまでの砂底に生息。
背面には明斑、黒斑がたくさん見られる。

砂の中で待ち伏せして、底生魚類、エビカニ、軟体動物を捕食します。


by vimytaro | 2019-11-10 17:20 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 11月 03日

ウバザメ

ウバザメ_f0292806_08504304.jpg
今週のカレンダー

ウバザメ
学名:Cetorhinus maximus
英名:Basking Shark

ジンベエザメに次いで、2番目に大きい種です。
通常は全長800cmになりますが、1200cmを超える記録もあります。
世界中の亜寒帯・温帯水域に分布します。

鰓弓がわかるほどに口をめいっぱいに開けて泳いでいる写真が有名ですよね。
鰓裂も腹から背まで大きく裂けています。
初めて見た人には怖い画像かもですが、サメマニアにはここが魅力らしい(笑)
ジンベエザメと同じくプランクトン食なので、人間に危害を加えることはありません。

口吻が大きく突出しています。このため・・・
死骸になると下アゴが脱落して、首の長い生きものに見えます。
かつてニュージーランドで発見され、首長竜の生き残りでは?
と報道された死骸は、ウバザメのものと結論づけられています。


by vimytaro | 2019-11-03 15:50 | おさかなイラスト | Comments(2)