人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 26日

オオメジロザメ

f0292806_21231932.jpg
今週のカレンダー

オオメジロザメ
学名:Carcharhinus leucas
英名:Bull Shark

最も危険なサメとしてあげられる3種類のうちのひとつです。
他はホホジロザメ、イタチザメです。

あらゆる熱帯、温帯の海域に生息。
淡水域にも侵入することができ、川で遭遇することもあります。
気性が荒く、雑食性でなんでも食べます。

最大で全長400cm、体重316kg、メスの方が大きい。
メジロザメをそのまま太く頑強にした体型で、
「ウシザメ」と呼ばれることもあります。

胎生。胎盤を作ります。
55〜80cmほどの幼魚を、一度に1〜13尾産みます。

またしてもイラストにミスがありました(>_<)
歯のイラスト、上の歯と下の歯が入れ違ってます!
申し訳ありません!


by vimytaro | 2019-05-26 21:22 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 05月 19日

ヒゲツノザメ

f0292806_18420905.jpg
今週のカレンダー

ヒゲツノザメ
学名:Cirrhigaleus barbifer
英名:Mandarin Dogfish

第1第2背ビレともに、基部に長く鋭いトゲを持ちます。
ツノザメの仲間はわかりやすい(笑)
そしてヒメジやオジサンみたいな長いヒゲもあります。
ヒメジみたいにピロピロ動かしたりはしません(笑)
でも真っ暗な深海で、エサを探すのに役立っているようです。

最大体長120cmほど。
たいへんおとなしい性格です。
日本南部、台湾、インドネシアの沖合、水深150〜600mの深海に生息。

胎生。卵黄依存型。
一度に10尾ほどのこどもを産みます。

水族館での展示は希です。
今年4/18の情報ですが、アクアワールド大洗水族館で展示されているようです。
他にも、美ら海水族館、鳥羽水族館、鴨川シーワールド、
竹島水族館、志摩マリンランド での展示記録があるみたい。


by vimytaro | 2019-05-19 18:41 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 05月 12日

インドシュモクザメ

f0292806_08204701.jpg
今週のカレンダー

インドシュモクザメ
学名:Eusphyra blochii
英名:Winghead Shark

シュモクザメの中でもいちばん「トンカチ度」が大きい(笑)
ハンマー型の頭の幅は、全長の半分ほどもあります。
少し後退角がついていて、翼みたいでカッコいいです(・∀・)

インド洋と太平洋西部の沿岸に分布。
全長は最大で1.9m、体は細長く、高い背ビレを持ちます。

胎生。32〜47cmの幼魚が6〜25匹生まれる。
トンカチ頭は体に沿って背中側に折りたたまれて生まれます。

魚類やエビカニ、イカタコ類を食べ、人には無害。
絶滅危惧種。


by vimytaro | 2019-05-12 18:20 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 05月 05日

ナヌカザメ

f0292806_20215356.jpg
今週のカレンダー

ナヌカザメ
学名:Cephaloscyllium umbratile
英名:Blotchy Swell Shark
   Japanese Swellshark

太平洋側の日本沿岸から台湾にかけて分布。
水深90〜200mの岩礁に生息。
体長140cmになり、体はずんぐり、背ビレはかなり後方に位置する。

襲われると、胃に水や空気を吸い込んで体を膨らませ、
岩の隙間に体を固定して、引きずり出されないようにできる。
食いしんぼうで、魚が大好き、イカやエビカニ、サメも食べる。

「ナヌカ」は水から揚げても七日間生きると言われていることに由来します。

卵生。先週のトラザメと同じような卵を一度に2個産む。
1年後に孵化し、16〜22cmほどの幼魚が生まれる。


by vimytaro | 2019-05-05 20:20 | おさかなイラスト | Comments(0)