人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 04月 28日

トラザメ

f0292806_18053472.jpg
今週のカレンダー

トラザメ
学名:Scyliorhinus torazame
英名:Cloudy Catshark

そのまま英訳すると「タイガーシャーク」だけど、
「タイガーシャーク」はイタチザメのことで、別の種類。
イタチザメはなんでも口に入れてしまう危険なサメだけど、
こちらのトラザメはかわいくておとなしい♪

日本、朝鮮半島、中国沿岸、フィリピンの岩礁域に分布。
底生で、全長は最大でも50cmほど。

種小名の「torazame」は和名がそのまま使われたようです。

エサは主に軟体動物、他にエビカニ、魚類。

卵生で、「人魚の財布」と呼ばれる巾着のような卵を産む。
孵化する時の幼魚の大きさは8cmほど。


by vimytaro | 2019-04-28 18:04 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 04月 21日

オロシザメ

f0292806_19284042.jpg
今週のカレンダー

オロシザメ
学名:Oxynotus japonicus
英名:Japanese Roughshark

背中の中央が盛り上がった独特の体型なので、見まちがうことはないでしょう。
そもそも激レアなので、見ること自体少ないでしょうけど(笑)

体長60cmほど。
駿河湾沖の水深250あたりで底引き網に入ることがあるけど、
生きたまま揚がった個体は10例ほどしかなく、
生態はほとんどわかっていません。

循鱗が粗くおろし金のようになっているため、この和名となりました。
大きな鼻を持つ顔つきがタヌキに似ていたので、
「オロシタヌキ」という候補名もあったとか・・・
いや、それじゃうどんの名前みたいだからやめてほしい(笑)


by vimytaro | 2019-04-21 19:28 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 04月 14日

ウチワシュモクザメ

f0292806_21004998.jpg
今週のカレンダー

ウチワシュモクザメ
学名:Sphyrna tiburo
英名:Bonnethead

南北アメリカ大陸沿岸の温帯水域に分布。
日本では一部の水族館でしか見ることができない。

一般のシュモクザメのイメージとはちがって、両目の出っ張りは小さく、
ハンマーというよりは、シャベルや団扇のような形をしてます。
先端が丸くてかわいい(・∀・)

全長70〜100cm、小型でおとなしく、沿岸で観察しやすいそうで、
シュモクザメの中では生態研究が進んでいるのだとか・・・

水深の浅い湾内やサンゴ礁などを、15尾くらいの群れで泳ぎ、
小魚、エビカニ、タコイカを捕食。
頭部が小さくなったのは、
こうして障害物が多い沿岸に適応したためと考えられてます。

胎生。胎仔は卵黄の栄養分で子宮内で成長します。
一度に35cmほどの幼魚を4〜14尾産みます。
2001年アメリカの水族館にて、メスだけの水槽内で出産した記録があります。
軟骨魚類の中で単性生殖は、これが初めての記録だそうです。



by vimytaro | 2019-04-14 21:00 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 04月 10日

クリアファイルとメモ帳

f0292806_19241788.jpg
アクアマリンふくしまの
クリアファイルとメモ帳をデザインさせていただきました(・∀・)

ファイルはスタンプラリーの記念品に、
メモ帳はイベント等で配布されるそうですよ♪


by vimytaro | 2019-04-10 19:25 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2019年 04月 07日

カグラザメ

f0292806_23591041.jpg
今週のカレンダー

カグラザメ
学名:Hexanchus griseus
英名:Blunthnose Sixgill Shark

世界中の熱帯から温帯水域、水深2000mまでの深海に生息。
全長6m。背ビレは後方にひとつだけ、鰓裂は6対。
下アゴの歯はノコギリ状で特徴的。

ホントに笑っているんじゃないけど、口の表情がいつも笑っているみたい。
こういうのを「アルカイックスマイル」というのかな?

サメを含む魚類、エビカニ、イカタコ、貝などを捕食します。

胎生。60cmほどの幼魚を一度に22〜108尾産みます。


by vimytaro | 2019-04-07 23:58 | おさかなイラスト | Comments(0)