<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 13日

エビスザメ

f0292806_15161349.jpg
今週のカレンダー

エビスザメ
学名:Notorynchus cepedianus
英名:Broadnose Sevengill Shark

いきなりゴメンナサイ(>_<)
鰓裂が7つあるはずなのに、6つしか描いていません(汗)

現生のサメの鰓裂は5対ですが、エビスザメには7対あります。
他に7対の鰓裂を持つのはエドアブラザメのみ。
古代のサメに近いと考えられています。
また背ビレが1基しかなく、体のかなり後方に位置します。

鼻先が丸くて、正面から見ると笑っているみたい。

世界の温帯域の水深150mと、やや深い海に生息します。
成長すると全長3mに達する。
オスは1.5m、メスは2.2mで成熟。

群れで狩りをするようです。
アザラシやイルカ、他のサメを捕食します。


by vimytaro | 2019-01-13 15:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 01月 06日

ノコギリザメ

f0292806_16053561.jpg
今週のカレンダー

ノコギリザメ
学名:Pristiophorus japonicus
英名:Japanese Sawshark

こどもの頃だったか、初めて名前を知った時は、
ホホジロザメの鼻先にノコギリが付いてるみたいなの想像して、
何てカッコイイ海獣みたいなサメがいるんだろう!って思ってました(笑)
でも実際は、ひょろっとして貧弱(笑)

似たような姿のノコギリエイというエイの仲間もいますが、
エラ穴の位置で簡単に区別できます。
エラ穴が体のヨコにあるのがサメ、腹側にあるのがエイ。

名前のとおりに、頭の先端がノコギリみたいになっています。
エサに向かってこれをふりまわして、傷つけ弱らせて食べます。
エサとなるのは、小魚やイカ、エビカニなど。

平べったい頭の下には生物電気を感知するセンサーが多数あり
砂の中にいるエビカニ類を見つけることもできる。

40m以深の砂泥質の海底に生息し、夜行性。
体長170cmほどに成長します。


by vimytaro | 2019-01-06 16:05 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 01月 01日

アオザメ

f0292806_17413949.jpg
今週のカレンダー

アオザメ
学名:Isurus oxyrinchus
英名:Shortfin Mako

今年のトップバッター・・・
ボクが最もサメらしいと思ってるアオザメです。
ホホジロザメは別格なのでメインに取っておきます(笑)

英名の「ショートフィン」は「短い胸ビレ」ってわかるけど、
「マコ」は女の子の名前かと思ったら・・・
マオリ語で「サメ」のことだそうです。

ちなみに「Longfin mako」という胸ビレの長い仲間もいます。
こちらは和名「バケアオザメ」
まだ詳しい生態はわかっていません。

最大で全長400cm、体重505kgになります。
平均的な成魚は、体長は320cm、体重60〜135kg。
サメ類の中でも最も高速の時速35kmで泳ぐと言われています。

気性が荒く、人に対しては危険種とされていますが、
生息域が外洋ということもあって、事故の記録は少ない。



by vimytaro | 2019-01-01 17:41 | おさかなイラスト | Comments(0)