<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 29日

シルバースウィープ

f0292806_11434420.jpg
今週のカレンダー

シルバースウィープ
学名:Scorpis lineolata
英名:Silver Sweep
分布:南西オーストラリア、タスマニア東部、ニュージーランド北部、ロードハウ島

ボクが釣りをしないので、なんだか見たことない魚だなと思ったのですが、
イスズミ科タカベ亜科に属する魚・・・
日本のメジナやイスズミ、カゴカキダイに近い種類みたいです。

群れている写真がとてもキレイだったので、描いたのですが、
やっぱり他のに比べると地味かも(笑)

体長30cmになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-07-29 22:40 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 07月 23日

「サメだいすきすいぞくかん」

f0292806_18451531.jpg
f0292806_18452829.jpg
f0292806_18464352.jpg
f0292806_18465092.jpg
「サメだいすきすいぞくかん」
アリス館さんより発売されました♪

1400円(+税)で何度でも入館できる水族館です。
トンカチ館長がいろんな展示室へ案内してくれます。

文と構成は、今回も なかのひろみさん。
監修は 仲谷一宏先生 にお願いしました。

恐いばっかりのサメのイメージを変えたいな〜♪


[PR]

by vimytaro | 2018-07-23 18:44 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2018年 07月 22日

モザイクレザージャケット

f0292806_18313497.jpg
今週のカレンダー

モザイクレザージャケット
学名:Eubalichthys mosaicus
英名:Mosaic Leatherjacket
分布:オーストラリア南部沿岸、タスマニア島沿岸

若魚までは、オレンジの体色にブルーの網目模様と茶色の斑点。
成魚になるとグレーに茶色いシミがモザイク状に入ります。
若魚まではキレイだけど、成魚は地味(笑)

成魚は深い沖合のサンゴ礁に、若魚は河口や沿岸のサンゴ礁に生息。
幼魚はクラゲといっしょにいることが多い。

成長すると60cmほどになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-07-22 22:30 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 07月 15日

オーストラリアンブレニー

f0292806_03044623.jpg
今週のカレンダー

オーストラリアンブレニー
学名:Ecsenius australianus
英名:Australian Blenny
   Australian Combtooth Blenny
分布:グレートバリアリーフ北部、珊瑚海

格子模様がとても印象的なギンポの仲間。
英語ではこの模様を「Combtooth(櫛の歯)」と呼ぶみたいですね。

ニューカレドニア固有種にもそっくりなギンポがいます。
そっちは縦線が濃く黒くなっていて、
「ブラックストライプドコームトゥースブレニー」というめっちゃ長い名前(笑)
オーストラリアのとよく混同されてるみたい。

体長6cmになります。

[PR]

by vimytaro | 2018-07-15 20:04 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 07月 08日

スポッテッドハンドフィッシュ

f0292806_02214787.jpg
今週のカレンダー

スポッテッドハンドフィッシュ
学名:Brachionichthys hirsutus
英名:Spotted Handfish
分布:タスマニア島ダーウェント川河口、その他周辺の河口域

ボクのほんとうにいちばん好きな魚です。
マイナーすぎて共感してもらえないので・・・(^_^;)
「ジンベエザメがいちばん好き」と答えることが多いのですけど(笑)

カエルアンコウの仲間なのですが、明らかに胸ビレが長く発達していて、
体を浮かせて、この胸ビレだけで歩くように移動します。

河口域の砂泥底に生息し、小さな貝、エビ、ゴカイ類を食べます
成魚になっても12cmほどの小さな魚。
ハンドフィッシュの仲間は他にも数種類います。
絶滅危惧種。

[PR]

by vimytaro | 2018-07-08 02:22 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 07月 01日

オールドワイフ

f0292806_09205954.jpg
今週のカレンダー

オールドワイフ
学名:Enoplosus armatus
英名:Old Wife
分布:オーストラリア南部、西部沿岸、タスマニア島北部

釣り上げたときにギシギシと歯をこすり合わせてイヤな音を出すので、
ブツブツと小言がうるさい「古女房」=「オールドワイフ」
・・・という命名だという説が有名です(笑)
でも泳いでる姿は高貴な貴婦人なイメージです・・・よね?

昔はチョウチョウウオの仲間として分類されていましたが、
今ではエノプロスス科というこの種のみの科となりました。

海岸の岩礁域や藻場に群れで生息します。
体長は最大で50cm。
エビやゴカイ類を好んで食べます。

意外なことに食用として流通し、たいへんおいしいらしいです。
背ビレのトゲに毒があるので、取り扱いには注意が必要。

[PR]

by vimytaro | 2018-07-01 09:20 | おさかなイラスト | Comments(0)