<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 25日

レッドインディアンフィッシュ

f0292806_04053952.jpg
今週のカレンダー

レッドインディアンフィッシュ
学名:Pataecus fronto
英名:Red Indianfish
分布:クイーンズランドのモートン湾からニューサウスウェールズのデュラスまで、
   シャーク湾より南の西オーストラリア州南岸、
   スペンサー湾、セントヴィンセント湾、

もうとにかく魚とは思えない体型(笑)
豊かな背ビレが、アメリカ先住民族の羽飾りを思わせます。
納得の命名ですね(笑)

オーストラリア固有種の中でも、いちばん描きたかったのはこの魚でした。

カイメンの多い海底に生息していますが、見つけるのは困難。
みごとにカイメンに擬態しています。
写真をたくさん見て感じることですが、
南オーストラリアの海にはいろんなカイメンがあるみたいです。

夜になると、胸ビレで歩いて(笑)移動するらしく、
ナイトダイブで砂の上の足跡をたどれば見つけられるとか・・・

イラストは真横なのでボリュームありそうに見えますが、
縦にペラペラに平べったい体をしています。
海底のエビカニを食べ、25cmまで成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-03-25 21:04 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 03月 22日

サンゴのミニタオル

f0292806_13440506.jpg


昨年末、いおワールドかごしま水族館の遊具に
サンゴのイラストを使っていただきましたが、
そのイラストで今度はミニタオルを作っていただきました。

先日3/5の「サンゴの日」に来館者にプレゼントされたようです。

アミューズメントショップでも販売する予定だとか・・・

19×20cmのミニサイズ。

よろしくお願いします(*^_^*)/

f0292806_13441555.jpg


[PR]

by vimytaro | 2018-03-22 13:55 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2018年 03月 18日

レインボーケール

f0292806_12490268.jpg
今週のカレンダー

レインボーケール
学名:Heteroscarus acroptilus(Odax acroptilus)
英名:Rainbow Cale
分布:西オーストラリア州エクスマウスからニューカッスルまでのオーストラリア南岸、
   タスマニア島北東部沿岸

名前の「レインボー」は見たとおりの模様のことで、
「ケール」はベラのグループの名前。

通常は海草の中に潜んでいて見つけにくいのですが、

産卵期になると、オスは海草の中から浮上して、
メスのいる辺りをくるくると回ってアピール・・・
メスはオスを気に入ると海草の中から出てきて産卵に至ります。

イラストは、線ビレを立ててディスプレイ中のオスです。
ふだんはもっと地味なんだとか・・・(笑)

メスは赤茶色で目立つ模様もなくさらに地味です。

成魚で30cmくらいまで成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-03-18 20:48 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 03月 11日

マグピーパーチ

f0292806_18060928.jpg
今週のカレンダー

マグピーパーチ
学名:Cheilodactylus nigripes
英名:Magpie Perch
分布:バッセルトンからシドニーまでのオーストラリア南岸、
   タスマニア島北部、ニュージーランド北島ニュープリマス沿岸。

日本にいるタカノハダイの仲間です。
2/4の週のレッドモーウォンも同じですが、
分布が微妙に被らないですね・・・
同じ種類が棲むところを変えて、それぞれに進化したんでしょうかね?
ボクは専門家じゃないから想像でしかないけど(^_^;)

赤道を越えた日本に棲むタカノハダイもほぼ同じ体型だけど、
まったくちがう環境でどうして同じになるんでしょうね?
赤道を越えて移動はできないと思うけど・・・不思議です。

幼魚はキラキラしててきれいなんだそうですが、
資料画像は見つかりませんでした。
若魚は尾びれがオレンジ。
成魚は41cmにまで成長します。

岩礁に生息し、ゴカイ類や藻類を食べます。

[PR]

by vimytaro | 2018-03-11 21:05 | おさかなイラスト | Comments(0)
2018年 03月 04日

スクリブルドエンゼルフィッシュ

f0292806_16484138.jpg
今週のカレンダー

スクリブルドエンゼルフィッシュ
学名:Chaetodontoplus duboulayi
英名:Scribbled Angelfish
分布:シャーク湾からフレイザーアイランドまでのオーストラリア北部沿岸、
   インドネシア南部、パプアニューギニア南部、ロードハウ島

体の模様は、成魚のオスとメス、幼魚で微妙にちがいます。
成魚オスではほど前後に流れる密なタテジマで四角っぽい体型。
成魚メスは密な虫食い模様で、オスよりも丸っこい体型に、
幼魚も虫食い模様だけど、メスよりももっと粗い感じです。
背中や眼の後ろの黄色い帯や口先の黄色は幼魚の時から同じ。

アクアリストにはとても人気のエンゼルフィッシュ。
人気があるのはメスなんだそうです。
ボクはオスの模様の方が好きだけどなー(笑)
・・・というわけで、イラストもオスです。

5〜20mの深さの珊瑚礁に生息。
成魚では28cmほどに成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-03-04 22:48 | おさかなイラスト | Comments(0)