<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 31日

オウムガイ

f0292806_11563592.jpg
今週のカレンダー

オウムガイ
学名:Nautilus pompilius
英名:Chambered Nautilus

生息深度:60〜750m 最大体長:22.2cm
分布:アンダマン諸島からフィリピン・オーストラリア・フィジー

貝の仲間ではなく、殻に入ったイカやタコの仲間。
水深が800mを超える深さでは殻が水圧に耐えられない。
アンモナイトよりも古く、祖先は5億年ほど前に誕生し、
現在までほとんど進化していません。

エサを捕食するための触手は10本どころか、90本ほどもあります。
死んだ魚介類や脱皮した殻などを食べます。

イカやタコと同じく、漏斗から水を噴き出して推進力にします。
スミを吐いたりはしません。

殻の生成に時間がかかり成長が遅いため、
寿命が長く10〜20年近くもあります。
これは、殻を完全に退化させて成長速度を速めるように進化したイカやタコとは対照的。

[PR]

by vimytaro | 2017-12-31 11:59 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 12月 24日

ツノラクダアンコウ

f0292806_03463091.jpg
今週のカレンダー

ツノラクダアンコウ
学名:Chirophryne xenolophus

生息深度:1230〜1400m 最大体長:6.4cm
分布:パプアニューギニア、フィリピン、日本

属名には「ヒキガエル」の意味があるらしいのだけど、
胸ビレが腕みたいな形をしているからでしょうかね?
「ヒキガエル」というよりは、「怒る親父」のような顔してます(笑)

この特徴的な胸ビレは動かせるのでしょうかね?
下向きならもっとカエルっぽいのですけどねー♪

頭には鬼のような日本の角、口の後ろにも横向きに左右に1本ずつ、
下顎の先端にもスパイクのようなトゲを持ちます。

こんなに印象的な姿をしているのに、
大きさはせいぜい4cmほどです。
でもまだ、採集された個体が4体ほどしかないのだそうです。

[PR]

by vimytaro | 2017-12-24 20:45 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 12月 19日

かごしま水族館の遊具

f0292806_13562537.jpg
f0292806_13562926.jpg

いおワールドかごしま水族館の遊具に
イラストを使っていただきました。


こどもたちが海の生きものに関心を持たせながら遊べる
「いおっこひろば」というスペースに設置されています。


「サンゴのポリプ」という遊具は、

六放サンゴと八放サンゴのポリプを挿して完成させます。
「共生パズル」はお互い助け合っている生物を探して合わせるものです。

・・・どっちもけっこうマニアック(笑)


いつか遊びに行ってみたい(・∀・)


[PR]

by vimytaro | 2017-12-19 13:55 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 12月 17日

ユウレイイカ

f0292806_05162471.jpg
今週のカレンダー

ユウレイイカ 
学名:Chiroteuthis picteti

生息深度:200〜600m 最大体長:37cm
分布:西インド洋、インドネシア

深海でエサを待ち構える姿勢が特徴的・・・
背中から数えて4番目の腕が大きく発達し、
この腕の膜に沿って触腕を下に垂らすように伸ばします。

触腕はとても長くたくさんの小さな吸盤が付いています。
吸盤もそれぞれ細長い柄で支えられていて、
見た目は長ーーーい歯ブラシみたい。

この小さな吸盤にくっついた小さな生物を
ちまちまと食べているようです。

体は細長くほとんど透明。
眼の腹側と肝臓、第4腕、触腕の先端に発光器を持ちます。

[PR]

by vimytaro | 2017-12-17 21:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 12月 11日

2018オーストラリア固有魚カレンダー

f0292806_14404067.jpg
来年の週めくりカレンダー、通販開始しております。
以下のサイトで購入することができます。

●iichi

●pixivBOOTH

●Creema

●ダイビンググッズ・海の雑貨通信販売〜Sea Shell便〜

いつもお世話になっていた「アットクリエイターズ」さんは、
しばらくお休みしておりますので、
今年中はこちらから販売できないかと思います。

直接メールでもご注文を受け付けております。
送り先郵便番号、住所、宛名、
プラケースありかなしか、希望部数を明記の上、
以下のアドレスへ直接メールでご連絡ください(・∀・)
tarot@boku-sui.net




[PR]

by vimytaro | 2017-12-11 14:57 | おさかなグッズ | Comments(0)
2017年 12月 10日

シャチブリ

f0292806_09451834.jpg
今週のカレンダー

シャチブリ
学名:Ateleopus japonicus
英名:Pacific Jellynose Fish

生息深度:140〜600m 最大体長:95cm
分布:南日本、台湾、マレーシア、チェスターフィールド諸島

名前のイメージとはかけ離れて、
細長いオタマジャクシのような体型です。
体長の3/4が後部の細長い体と尻ビレ尾びれになります。

「ゼリー」が詰まってるみたいな鼻先は、
ムーミンみたいでちょっとかわいい(^-^)

チェスターフィールド諸島はあまり聞いたことがない島だと思いますが、
ニューカレドニアの南東、珊瑚海にある島です。

大陸斜面の海底に群れで生活し、海底に隠れている甲殻類を食べます。
エサを探すのに、糸状に伸びた腹ビレがセンサーのように役に立ちます。
口も頭の下に開きます。

[PR]

by vimytaro | 2017-12-10 09:44 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 12月 03日

ムネエソ

f0292806_13583339.jpg
今週のカレンダー

ムネエソ
学名:Sternoptyx diaphana
英名:Diaphanous Hatchetfish

生息深度:500〜800m 最大体長:5.5cm
分布:大西洋・インド洋・大西洋の熱帯水域

CGで長方形を平行四辺形に変形させたような体型(笑)
それでいて薄っぺらい体をしています。

英名の「ハチェット」とは「手斧」のことで、
まさに手斧のような体型というわけです。
淡水魚にも「ハチェットフィッシュ」という種類がいるけど別種。

わずかに光が届く中深層で、下から見られた場合の自分の影を消すために、
下向きに配置された発光器を使って自分の影を消します。
これを「カウンターシェーディング」と呼ぶのだけど、
いったいどうやってそんなこと覚えたんでしょうかね?(^_^;)

さらに体の側面は銀色で鏡のように光を反射するので、
横からも捕食者やエサ生物からは見えにくくなっています。
忍者みたいです(^O^)

[PR]

by vimytaro | 2017-12-03 20:57 | おさかなイラスト | Comments(0)