人気ブログランキング |

カテゴリ:おさかなイラスト( 287 )


2019年 07月 14日

ジンベエザメ

f0292806_02565365.jpg
今週のカレンダー

ジンベエザメ
学名:Rhincodon typus
英名:Whale Shark

誰もが知ってる、現生で世界一大きな魚類。
世界中の熱帯・亜熱帯・温帯海域の表層に分布。
最大全長20mの記録もあるけど、信頼に足る最大値は13.7m。体重20t。

名前の由来は体の模様が着物の甚兵衛(甚平)に似ているからです。
だから「ジンベイザメ」と呼ばれることもおおいけど、
標準和名は「ジンベエザメ」です

今までにいちばんたくさん描いてきた魚です。
既存のイラストデータがごっそりあります(笑)

ご存じのとおり、巨大な体でプランクトン食。
人が近づいても危険性は低い。
細かい歯も300本以上あるんですが、小さくてわからないですね。
アゴ骨の標本を見る機会があったら、ぜひ確かめてください。

卵胎生。卵は直径30cm短径9cmと大きく、メスの胎内で孵化する。
数年に1回ほどの出産で、40〜60cmほどの幼魚が、300匹近く生まれる。


by vimytaro | 2019-07-14 22:56 | おさかなイラスト | Comments(1)
2019年 07月 07日

フジクジラ

f0292806_21101090.jpg
今週のカレンダー

フジクジラ
学名:Etmopterus lucifer
英名:Blackbelly Lanternshark

全長50cmほどのツノザメ科の深海ザメ。
東北地方以南の日本近海から南シナ海、ニュージーランドまで、西太平洋沿岸に分布。

「クジラ」の名前の由来はわかりませんが、
「フジ」の方は、生きている時の体色が藤色であることに由来します。
画像でしか見たことないですが、ほんとうに輝くような藤色。

死後は一様に黒くなるので、「カラス」「クロンボ」などの地方名がある。
体の腹面がとくに黒く、この部分に発光器がある。

卵胎生。


by vimytaro | 2019-07-07 21:09 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 06月 30日

ネムリブカ

f0292806_19055069.jpg
今週のカレンダー

ネムリブカ
学名:Triaenodon obesus
英名:Whitetip Reef Shark

ネコザメよりも生態がネコっぽいなと思えるサメ(笑)
好奇心は強いが、攻撃性は低く、刺激しなければ安全。
慣れればダイバーの手からも餌を食べるが、事故がないわけではない。

インド洋太平洋のサンゴ礁に生息。大西洋には進出していない。
全長1.6mほどのメジロザメの仲間。背ビレ・尾ビレの先端が白い。

メジロザメ類には珍しく、泳がなくても呼吸することができる。
日中は集団で洞窟内で休み、夜間にエサを探しにサンゴの隙間を泳ぎ回る。
岩の隙間や穴の中の魚類やエビカニ、タコを捕食。

胎生で、卵黄を使い果たすと胎盤を形成する。
一度に、50〜60cmほどの幼魚が12匹ほど産まれる。


by vimytaro | 2019-06-30 19:05 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 06月 23日

ハチワレ

f0292806_20130247.jpg
今週のカレンダー

ハチワレ
学名:Alopias superciliosus
英名:Bigeye Thresher

ネコの「はちわれ」ならかわいいんですが(笑)
サメの「ハチワレ」はなかなか恐い外見してます。
頭の後ろにハサミで切れ込み入れたみたいな「八」の字状の溝があります。
目がかなり上向きで上側に付いています。
自分より上にいる獲物を狙うためなのでしょうね〜・・・

そして、オナガザメトリオのメンバーなので、尾が長い。
残りのメンバーのニタリとマオナガはよく似てるんですが、
ハチワレは見まちがうことないですね・・・まぁ、めったに出会いませんが(笑)

全長4.8mでその半分が尾ビレ(笑)

水深100mより深い沿岸から外洋に生息します。
尾ビレでひっぱたいて狙う獲物は、サバ、ニシン、カジキ、エビカニ、タコイカなど。

胎生で、胎仔は子宮内で未受精卵を食べて育ちます。
一度に64〜140cmの幼魚を2〜4尾産みます。


by vimytaro | 2019-06-23 20:12 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 06月 16日

オタマトラザメ

f0292806_23554807.jpg
今週のカレンダー

オタマトラザメ
学名:Cephalurus cephalus
英名:Lollipop Catshark

全長24cm・・・ちっちゃ!(笑)
サメ絵本を描く機会に、初めて知ることになったサメです。
そして、大きさを知ったのはたった今(笑)

カリフォルニア近海の水深155〜937mでの生息が確認されてます。
オタマジャクシのような外観だけど、ヒレを見るとやっぱりサメ。
打ち上げられたメガマウスみたいにも見える♪

体はとても柔らかく、ほぼゼラチン質。
エサは主にエビカニ、魚類も食べる。

胎生で、メスは左右の輸卵管に卵を保持、10cmほどの幼魚を産みます。


by vimytaro | 2019-06-16 23:55 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 06月 09日

ガラパゴスザメ

f0292806_05281532.jpg
今週のカレンダー

ガラパゴスザメ
学名:Carcharhinus galapagensis
英名:Galapagos Shark

ガラパゴス諸島固有種というわけではなく、全世界の熱帯の海洋島に生息。
学名の基準となる標本がガラパゴス諸島から得られたので、この名前となりました。

メジロザメ属に属します。
標準的なサメの体型というと、このメジロザメの仲間でしょう。
メジロザメ属は種類が多くどれもよく似ているので、見分けが困難!
・・・同じように、描き分けるのもさらに困難を極めます(笑)
じつはこのガラパゴスザメも、描き分けのキーポイントがまだわからない(^_^;)

知人の某ダイビングショップのアメリカ人オーナーさんの推しザメ(笑)
でもカッコイイのはなんとなくわかる♪ ボクも好きなサメです。

全長330cm。メジロザメの中ではわりと丸い吻で幅広。
明瞭な模様はなく、第一背ビレがあまり尖らない・・・
でも今イラストを見ると、あんまりかっこよく描けてないかも(笑)

活発な捕食者で大きな集団を作ります。
おもに魚やタコイカを食べるが、大型個体は海獣も襲います。

胎生で、卵黄を使い果たすと胎盤に転換。
2〜3年ごとに60〜80cmほどの幼魚を4〜16尾産みます。


by vimytaro | 2019-06-09 20:27 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 06月 02日

ダルマザメ

f0292806_10152133.jpg
今週のカレンダー

ダルマザメ
学名:Isistius brasiliensis
英名:Cookiecutter Shark

自分より大きな獲物の肉を丸く噛み取ることで知られてますが、
その生態は動画や画像があるわけではないんですよね〜。
ホントにそうか、見てみたい♪

体長30〜50cm。ふだんは水深1000mより深い深海に生息。
夜になると獲物を求めて浅い水深まで上がってきます。
腹面に発光器があり、カウンターイルミネーション効果があります。

獲物となるのは、カジキやマグロ、クジラ、イルカなど。
上顎の細かい歯を支点にして体をひねることで、
下アゴの丸くつながって並んだ歯で肉を切り取ることができる。
傷口が、直径5cm深さ7cmのクレーターのように丸く噛み取られるため、
「クッキーカッター」の英名がある。

下アゴの歯はこの特殊な並びのために、
1つずつ抜け落ちるのではなく、まとまって1度に抜け落ちる。
抜けた歯は、カルシウムを再利用するために飲み込まれます。
なんだかすごいシステム!

胎生で、胎盤は作らず、胚は卵黄で成長。
一度に14〜15cmほどの幼魚が6〜12尾、生まれます。


by vimytaro | 2019-06-02 10:14 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 05月 26日

オオメジロザメ

f0292806_21231932.jpg
今週のカレンダー

オオメジロザメ
学名:Carcharhinus leucas
英名:Bull Shark

最も危険なサメとしてあげられる3種類のうちのひとつです。
他はホホジロザメ、イタチザメです。

あらゆる熱帯、温帯の海域に生息。
淡水域にも侵入することができ、川で遭遇することもあります。
気性が荒く、雑食性でなんでも食べます。

最大で全長400cm、体重316kg、メスの方が大きい。
メジロザメをそのまま太く頑強にした体型で、
「ウシザメ」と呼ばれることもあります。

胎生。胎盤を作ります。
55〜80cmほどの幼魚を、一度に1〜13尾産みます。

またしてもイラストにミスがありました(>_<)
歯のイラスト、上の歯と下の歯が入れ違ってます!
申し訳ありません!


by vimytaro | 2019-05-26 21:22 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 05月 19日

ヒゲツノザメ

f0292806_18420905.jpg
今週のカレンダー

ヒゲツノザメ
学名:Cirrhigaleus barbifer
英名:Mandarin Dogfish

第1第2背ビレともに、基部に長く鋭いトゲを持ちます。
ツノザメの仲間はわかりやすい(笑)
そしてヒメジやオジサンみたいな長いヒゲもあります。
ヒメジみたいにピロピロ動かしたりはしません(笑)
でも真っ暗な深海で、エサを探すのに役立っているようです。

最大体長120cmほど。
たいへんおとなしい性格です。
日本南部、台湾、インドネシアの沖合、水深150〜600mの深海に生息。

胎生。卵黄依存型。
一度に10尾ほどのこどもを産みます。

水族館での展示は希です。
今年4/18の情報ですが、アクアワールド大洗水族館で展示されているようです。
他にも、美ら海水族館、鳥羽水族館、鴨川シーワールド、
竹島水族館、志摩マリンランド での展示記録があるみたい。


by vimytaro | 2019-05-19 18:41 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 05月 12日

インドシュモクザメ

f0292806_08204701.jpg
今週のカレンダー

インドシュモクザメ
学名:Eusphyra blochii
英名:Winghead Shark

シュモクザメの中でもいちばん「トンカチ度」が大きい(笑)
ハンマー型の頭の幅は、全長の半分ほどもあります。
少し後退角がついていて、翼みたいでカッコいいです(・∀・)

インド洋と太平洋西部の沿岸に分布。
全長は最大で1.9m、体は細長く、高い背ビレを持ちます。

胎生。32〜47cmの幼魚が6〜25匹生まれる。
トンカチ頭は体に沿って背中側に折りたたまれて生まれます。

魚類やエビカニ、イカタコ類を食べ、人には無害。
絶滅危惧種。


by vimytaro | 2019-05-12 18:20 | おさかなイラスト | Comments(2)