人気ブログランキング |
2020年 02月 09日

マカラケタス

マカラケタス_f0292806_04540771.jpg
今週のカレンダー

マカラケタス
学名:Makaracetus bidens
名前:Makara-cetus(マカラ・半象半魚のヒンドゥー教の動物-クジラ)

鼻のまわりにたくさんの柔らかい組織があったと推測されています。
現在のラクダ、マナティ、バクやセイウチなどに似ているんだそうです。
いろんな画家さんがいろんな復元イラストを描いてます。

そこで・・・クジラに近い動物はカバだと聞いていましたので、
ボクは、カバに似せて描いてみました(笑)

歯列は明らかに肉食性を示しているそうです。
その他は、化石が完全でないのでわかっていません。

マカラケタスはこの後、どのようなクジラに進化していくんでしょうね?
現在のクジラに、マカラケタスを祖先に持つ種類がいるのかな?
それとも、クジラになれずに絶滅しちゃうのかな〜?

マカラケタス_f0292806_04542442.png


# by vimytaro | 2020-02-09 16:49 | おさかなイラスト | Comments(0)
2020年 02月 02日

プロトケタス

プロトケタス_f0292806_17170261.jpg
今週のカレンダー

プロトケタス 
学名:Protocetus atavus
名前:Proto-cetus(最初の-クジラ)

尾の先がひらべったくなり、尾ビレができはじめています。
・・・といっても、ヒレの形の骨はないので推測です。
後肢がずいぶんと小さくなり、脊柱との接続も弱くなる代わりに
尾による推進力が大きくなったと考えられるからですね・・・きっと。

目の位置が現在のクジラのように側面に移動し、
鼻孔は吻部の中ほどまで下がりました。

現在のハクジラ類はエコロケーション(音響低位)するために、
耳のまわりに大きな空洞があるんですが、
その空洞の存在は下アゴにある穴(下顎孔)でわかるんだそうです。

プロトケタスはアンブロケタスと比べると、その下顎孔が大きくなっています。
さらにその後の古代クジラたちも徐々に下顎孔が大きくなっていきます。
まだエコロケーションできてないのに・・・不思議(・∀・)

音による情報に頼るうちに身体が徐々に進化していくんでしょうかね?(・∀・)
脳をもっと活用できると自然にそうなるのかな
・・・映画「LUCY」みたいに(笑)

プロトケタス_f0292806_17171302.png


# by vimytaro | 2020-02-02 17:16 | おさかなイラスト | Comments(3)
2020年 01月 26日

ロドケタス

ロドケタス_f0292806_04254230.jpg
今週のカレンダー

ロドケタス
学名:Rodhocetus kasrani
名前:Rodho-cetus(パキスタンにある地層の名称、ロドの-クジラ)

体毛がいつ頃からなくなっていったのかは、ハッキリしないのですが、
おそらくロドケタスには、
現在のカバのようなまばらな体毛があったと推測されています。
多くの復元図もそのように描かれています。

後肢と脊柱との接続は弱くなり、
陸上で体重を支えることができなくなる代わりに、
より脊椎が柔軟に動くようになり、泳ぐのには便利になったようです。

鼻の位置も先端から少し後ろに下がってきました。

ロドケタス_f0292806_04473384.png


# by vimytaro | 2020-01-26 13:25 | おさかなイラスト | Comments(2)
2020年 01月 26日

「東北、いつまでも ずっと。9」

「東北、いつまでも ずっと。9」_f0292806_17105378.jpg
「東北、いつまでも ずっと。9」_f0292806_17110800.png

「東北、いつまでも ずっと。9」
土曜日に作品を6点補充してきました。
残っている7点と合わせて、13点ございます。

12×12cmミニ額 ひとつ1100円になります。

展示作品の売上げの50%が東北被災地支援に充てられます。

*出展者が多いので、在廊の予定はありませんが(^_^;)
よろしくお願いします。

2月1日(土)16時まで です。

「東北、いつまでも ずっと。9」_f0292806_17112295.jpg
「東北、いつまでも ずっと。9」_f0292806_17113535.jpg



# by vimytaro | 2020-01-26 09:10 | 展示会 | Comments(0)
2020年 01月 19日

クッチケタス

クッチケタス_f0292806_08491502.jpg
今週のカレンダー

クッチケタス
学名:Kutchicetus minimus
名前:Kutchi-cetus(インド、グジャラート州カッチ県の-クジラ)

パキケタス→アンブロケタス→クッチケタスに進化・・・
という風には考えないでくださいね。
いろんな種類の陸上動物が、水中へ進出しようとしたのだと思います。
クッチケタスも、たぶんそんな種類のひとつです。

明らかに、古代クジラの中では小型の部類ですよね。
といっても、体重は80〜150kgあったと推測されています。

手足の骨は小さく、それに比べて尾の骨は頑強でした。
つまり、水中では尾を使って泳いでいたと思われます。
現在のクジラの泳ぎ方に近づきました。

クッチケタス_f0292806_08492662.png


# by vimytaro | 2020-01-19 18:15 | おさかなイラスト | Comments(2)
2020年 01月 12日

マイアケタス

マイアケタス_f0292806_17020861.jpg
今週のカレンダー

マイアケタス
学名:Maiacetus inuus
名前:maia-cetus(よい母-クジラ)

化石が発見された時に、その体内に胎児と思われる化石も含まれていました。
しかも、その胎児の姿勢は頭が下向きになっていました・・・

陸生哺乳類の胎児は、ふつう頭から生まれてきます。
イルカなど水生哺乳類の胎児は、尾ビレから出てきます。
頭が出た時点で肺呼吸に切り替わるため、
水中分娩の場合、時間がかかると水中で溺れてしまうからです。

・・・というわけで、マイアケタスは水陸両棲でありながらも、
出産は陸上で行われていたと考えられています。

マイアケタス_f0292806_17022019.png


# by vimytaro | 2020-01-12 17:01 | おさかなイラスト | Comments(2)