人気ブログランキング |
2020年 01月 01日

パキケタス

パキケタス_f0292806_16143212.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(^ー^)

今年のカレンダーでは、クジラの進化をたどります。
ネットで調べたのみで「自由研究」くらいのレベルですので、
もしまちがいがあったら教えてくださるとうれしいです(^_^;)

今週のカレンダー

パキケタス
学名:Pakicetus attocki
名前:paki-cetus(パキスタンのクジラ)

現在のクジラの、もっともも古いご先祖サマです。
発掘された頭蓋骨の耳の構造から推測して、
陸上と水中とどちらの音も聞くことができたようです。
それが、クジラの祖先と考えられた理由のひとつ。
鼻はまだ頭の先端にありましたが、眼と鼻と耳が一直線に位置することから、
現在のワニのように水面に顔を出して呼吸できたと考えられます。

現在のパキスタンの河口域鉱床で発掘されて、この名前があります。
当時のパキスタンはテティス海の浅い水路の端にあり、
水路は現在の地中海までつながっていました。

パキケタスが飲んでいた水が淡水であることがわかっています。
初めは、浅い川の魚や河口に取り残された魚を食べていましたが、
やがて、水中へ積極的に潜って魚を追いかけるようになっていきます。
それでもまだ、脚は陸上での歩行が可能で、
泳ぐのには適してなく、陸上生活の方がまだ長かったでしょう。

パキケタスには、他に3つの種類が確認されています。
パキケタス_f0292806_16173705.png


by vimytaro | 2020-01-01 16:13 | おさかなイラスト | Comments(4)
Commented by SOTAフィッシュラブ!倶楽部 at 2020-01-01 21:05 x
補足
パキケタスは、陸と水中を行き来していた哺乳類です。その中からより水中に適応したものが現れます。クジラです。一方、陸に残ったパキケタスは、陸にも海にも特化する事無く、アンドリューサルクス(陸上の肉食獣)などとの生存競争に敗れ、絶滅したらしいです。
(参考図書:『わけあって絶滅しました。』丸山貴史・著)
Commented by vimytaro at 2020-01-02 15:58
>SOTAさん
補足ありがとうございます。パキケタスの中でも、生き方が大きく分かれて2つのグループになったんですね。勉強になります(^ー^)
Commented by Sotaフィッシュラブ‼倶楽部 at 2020-01-21 16:11 x
【動物雑学】
クジラのように超音波を使う動物には、コウモリがいます。アブラコウモリなどは超音波が跳ね返ってくる音で暗闇の中でものを見ているのです。また、以前、ゾウは足で会話していると解説しましたが、これも低周波が役に立ちます。低周波が伝わる音を足で感じ、仲間と会話しているんだそうです。それだけでなく、「あそこで雷がなっているから、避難しなければいけないゾウ‼」とか、「あそこに果物があると仲間から聞いたから、今から行くゾウ‼」などといったことは低周波を通じて分かるんだそうですよ。つまりは、長距離を携帯電話のようなシステムで連絡しているようなもの。スマトラ地震が起こった際には、タイにいるアジアゾウが津波を感知し、避難したというケースがあるんだとか!すごい!
ゾウゾウゾウゾウうるさかったですね。すみません(笑)
Commented by vimytaro at 2020-01-23 09:42
>SOTAさん
ゾウが足踏みで会話してるなんて初めて知りました(笑)ありがとうございます(^ー^)


<< ねずみウォークラリー      サンゴトラザメ >>