人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2019年 09月 22日

ネズミザメ

ネズミザメ_f0292806_19193906.jpg
今週のカレンダー

ネズミザメ
学名:Lamna ditropis
英名:Salmon Shark

「モウカザメ」「カドザメ」とも呼ばれます。
全長3m。太平洋の亜寒帯海域に生息。
他の魚類とちがって、体温を保持できる内温性魚類。
アオザメ、ホホジロザメ、マグロ、カツオ、カジキも同じ内温性。

尾ビレの付け根ともうひとつ隆起している部分があるのが特徴。
種名の「ditropis」は「2つの隆起線」を意味する。
小型のホホジロザメのようにも見えるが、隆起線で区別できる。

サケやニシン、カツオを捕食する。
ニシン、カツオの地方名が「カド」なので「カドザメ」と呼ばれる。

胎生で、子宮内で卵黄の栄養で大きくなり、その後は未成熟卵を食べて育つ。
84〜96cmほどの幼魚が1度に2〜6尾産まれる。

食用魚として漁獲され、肉は切り身や練り製品に、
心臓は「モウカの星」と呼ばれ珍重される。
先日いただきました(・∀・)おいしいです!


by vimytaro | 2019-09-22 22:19 | おさかなイラスト


<< 「くじらまみれ」終了      「くじらまみれ」 >>