人気ブログランキング |
2019年 01月 20日

アカシュモクザメ

f0292806_16161621.jpg
今週のカレンダー

アカシュモクザメ
学名:Sphyrna lewini
英名:Scalloped Hammerhead

日本近海に分布しているシュモクザメの中でもとくに数が多い。
頭のハンマーは湾曲して中央にくぼみがあることがこの種の特徴。
和名の「アカ」は外観ではなく、肉の色に赤みが入っているから。

オスは全長1.8m、メスは2.5mで成熟する。
最大で全長430cm、体重152kgになります。

さまざまな種類の魚、甲殻類、頭足類、小型のサメやエイも捕食の対象。
人を襲うことは希で、死亡例はほとんどないが、性質は荒いので要注意。

胎生で、胎仔は子宮内で卵黄の栄養分を使って大きくなる。
メスは9〜10ヶ月の妊娠期間を経て、12〜38匹のこどもを産みます。
生まれたばかりのこどもは40cmほど。


by vimytaro | 2019-01-20 16:15 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by SOTAフィッシュラブ!クラブ at 2019-02-14 19:59 x
大変お久しぶりです。今年は実写版「ライオンキング」を観たいSOTAです。今年のカレンダーは「サメ」ですか!(JAWS)
シュモクザメは僕の好きなサメの一つです!電気に敏感!かっこいい…(憧)水族館でも一際目立つ存在です!
BS・TBSの番組で、このサメの近縁種に体を斜めにして泳ぐサメが紹介されてました。
Commented by vimytaro at 2019-02-18 19:37
SOTAさん、おひさしぶりです。シュモクザメカッコいいですよね。ヒラシュモクザメが体を斜めにして、大きな背ビレを翼のように使って浮力をアップするのだとか・・・省エネ泳法なんでしょうね(^ー^)


<< ドチザメ      エビスザメ >>