2018年 03月 18日

レインボーケール

f0292806_12490268.jpg
今週のカレンダー

レインボーケール
学名:Heteroscarus acroptilus(Odax acroptilus)
英名:Rainbow Cale
分布:西オーストラリア州エクスマウスからニューカッスルまでのオーストラリア南岸、
   タスマニア島北東部沿岸

名前の「レインボー」は見たとおりの模様のことで、
「ケール」はベラのグループの名前。

通常は海草の中に潜んでいて見つけにくいのですが、

産卵期になると、オスは海草の中から浮上して、
メスのいる辺りをくるくると回ってアピール・・・
メスはオスを気に入ると海草の中から出てきて産卵に至ります。

イラストは、線ビレを立ててディスプレイ中のオスです。
ふだんはもっと地味なんだとか・・・(笑)

メスは赤茶色で目立つ模様もなくさらに地味です。

成魚で30cmくらいまで成長します。

[PR]

by vimytaro | 2018-03-18 20:48 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< サンゴのミニタオル      マグピーパーチ >>