2017年 12月 24日

ツノラクダアンコウ

f0292806_03463091.jpg
今週のカレンダー

ツノラクダアンコウ
学名:Chirophryne xenolophus

生息深度:1230〜1400m 最大体長:6.4cm
分布:パプアニューギニア、フィリピン、日本

属名には「ヒキガエル」の意味があるらしいのだけど、
胸ビレが腕みたいな形をしているからでしょうかね?
「ヒキガエル」というよりは、「怒る親父」のような顔してます(笑)

この特徴的な胸ビレは動かせるのでしょうかね?
下向きならもっとカエルっぽいのですけどねー♪

頭には鬼のような日本の角、口の後ろにも横向きに左右に1本ずつ、
下顎の先端にもスパイクのようなトゲを持ちます。

こんなに印象的な姿をしているのに、
大きさはせいぜい4cmほどです。
でもまだ、採集された個体が4体ほどしかないのだそうです。

[PR]

by vimytaro | 2017-12-24 20:45 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< オウムガイ      かごしま水族館の遊具 >>