2015年 02月 03日

ダイフォン

f0292806_08184892.jpg
Deiphon forbesi
「ダイフォン」という種類のシルル紀の三葉虫。

三葉虫の中でもあまり見慣れない姿をしています。
化石も市場であんまり見かけません。
とてもレアな種類のようです。

成形終わったところです。
三葉虫のキレイな化石は買うと何十万円(^_^;)
とても手が出せないから、陶芸で作っちゃおうかと(笑)
どこまで実物に近づけるかやってみようかと思ってます。

「世界の三葉虫」という本の表紙になっていて、
こんなへんな三葉虫もいるんだなー・・・くらいに思っていたのが、
だんだん愛着わいてきて(笑)

お仕事で,三葉虫を描いているせいか、
三葉虫の深い世界にも足を踏み入れてしまいました(笑)

いちおう、三葉虫の古代の海の生きものですしね♪
これから、この子たちも作っていきますよ(・∀・)


[PR]

by vimytaro | 2015-02-03 23:18 | おさかな陶芸 | Comments(2)
Commented by みもざ at 2015-02-05 05:17 x

三葉虫と言えばあの(笑)姿しか
思い浮かべなかった私に
三葉虫星人ヾ(^^ )降臨です!。
なんだか宇宙人みたいに見える…
Commented by vimytaro at 2015-02-05 07:19
>みもざさん
三葉虫といえば・・・
小判みたいな、ダンゴムシみたいな、あの姿ですよねー(笑)
でも、こんなゲジゲジみたいなのもいたんです。
(・∀・)
陶芸教室では、ゲジゲジって呼ばれてます(笑)
肩身狭いです(^_^;)

そうか、宇宙人って言っておけばよかったかも〜♪


<< シルロレピス      世界湿地デー >>