人気ブログランキング |
2019年 04月 14日

ウチワシュモクザメ

f0292806_21004998.jpg
今週のカレンダー

ウチワシュモクザメ
学名:Sphyrna tiburo
英名:Bonnethead

南北アメリカ大陸沿岸の温帯水域に分布。
日本では一部の水族館でしか見ることができない。

一般のシュモクザメのイメージとはちがって、両目の出っ張りは小さく、
ハンマーというよりは、シャベルや団扇のような形をしてます。
先端が丸くてかわいい(・∀・)

全長70〜100cm、小型でおとなしく、沿岸で観察しやすいそうで、
シュモクザメの中では生態研究が進んでいるのだとか・・・

水深の浅い湾内やサンゴ礁などを、15尾くらいの群れで泳ぎ、
小魚、エビカニ、タコイカを捕食。
頭部が小さくなったのは、
こうして障害物が多い沿岸に適応したためと考えられてます。

胎生。胎仔は卵黄の栄養分で子宮内で成長します。
一度に35cmほどの幼魚を4〜14尾産みます。
2001年アメリカの水族館にて、メスだけの水槽内で出産した記録があります。
軟骨魚類の中で単性生殖は、これが初めての記録だそうです。



# by vimytaro | 2019-04-14 21:00 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 04月 10日

クリアファイルとメモ帳

f0292806_19241788.jpg
アクアマリンふくしまの
クリアファイルとメモ帳をデザインさせていただきました(・∀・)

ファイルはスタンプラリーの記念品に、
メモ帳はイベント等で配布されるそうですよ♪


# by vimytaro | 2019-04-10 19:25 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2019年 04月 07日

カグラザメ

f0292806_23591041.jpg
今週のカレンダー

カグラザメ
学名:Hexanchus griseus
英名:Blunthnose Sixgill Shark

世界中の熱帯から温帯水域、水深2000mまでの深海に生息。
全長6m。背ビレは後方にひとつだけ、鰓裂は6対。
下アゴの歯はノコギリ状で特徴的。

ホントに笑っているんじゃないけど、口の表情がいつも笑っているみたい。
こういうのを「アルカイックスマイル」というのかな?

サメを含む魚類、エビカニ、イカタコ、貝などを捕食します。

胎生。60cmほどの幼魚を一度に22〜108尾産みます。


# by vimytaro | 2019-04-07 23:58 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 03月 31日

ニタリ

f0292806_23373664.jpg
今週のカレンダー

ニタリ
学名:Alopias pelagicus
英名:Pelagic Thresher

長い尾ビレが特徴の希少種。
太平洋、インド洋の熱帯海域に分布。
世界に3種類いるオナガザメ科の中でもっとも小型で、全長3.8m。

長い尾ビレを使って、エサとなる魚の群れをまとめ、
鞭のように振り回して魚をたたき、失神させて捕まえる。
ニタリの延縄漁では、口ではなく尾ビレで釣り上げられる。
遊泳力が強く、空中にジャンプするところも目撃されている。

食卵タイプの胎生。胎仔は自分の卵黄と未受精卵を食べて子宮内で成長する。
1回の出産で生まれるのは150cmほどの大きさの幼魚2尾。


# by vimytaro | 2019-03-31 23:37 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 03月 24日

クサリトラザメ

f0292806_13092574.jpg
今週のカレンダー

クサリトラザメ
学名:Scyliorhinus retifer
英名:Chain Catshark

アメリカ東岸、フロリダ半島、メキシコ湾、ニカラグアに分布。
背面に爬虫類っぽい網目模様があり、かなり個性的。
全長50cmほどの小型のサメです。

海底にいて、あまり活発に泳ぐことはない。
背面の網目模様は、海底の瓦礫に紛れる保護色になっている。
エサはイカや魚類、エビカニ、ゴカイなど。

卵生で、卵には2本の巻きひげがあり、垂直な構造物に産み付けられる。


# by vimytaro | 2019-03-24 13:08 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 03月 17日

ミツクリザメ

f0292806_14315550.jpg
今週のカレンダー

ミツクリザメ
学名:Mitsukurina owstoni
英名:Goblin Shark

水深1000mより深い深海に生息。
東京湾、相模湾、駿河湾の他にも世界各地で散発的に見つかっている。

アゴが飛び出した状態の写真が多く、恐ろしい印象だけど、
ふだんアゴを引っ込めて泳いでいる時は、かなりおとなしい顔してます。
長い鼻先は角状ではなくブレード状、ロレンチニ瓶を多く備えています。
軟骨製で柔軟なので、攻撃や防御のためではなく、エサを探すセンサー。

最初に捕獲したのは、イギリスの貿易商アラン・オーストン氏で、
寄贈された三崎臨海実験所の所長が動物学者の箕作佳吉先生です。
その後1898年、新種であることが確認され、学名はこの2名に捧げられました。

最大全長は617cm。生きている時はグレーっぽいピンク。
長く鋭いトゲのような歯は、くわえた獲物を逃がさないため。
エサは主に深海性のエビカニ、タコイカ、魚類など。


# by vimytaro | 2019-03-17 21:31 | おさかなイラスト | Comments(0)