2019年 02月 10日

コモリザメ

f0292806_08572903.jpg
コモリザメ
学名:Ginglymostoma cirratum
英名:Nurse Shark

熱帯から亜熱帯の水深130mまでの海底に生息。
サンゴ礁、マングローブ周辺、砂底などがお気に入り。

「コモリ」「Nurse」と名前にあるけど、実際に子の世話をすることはない。
15世紀頃のサメの呼称「huss」が鈍って「nurse」に変化したとか・・・
他にも諸説あるみたいですが、これが有力らしいです。

全長300cmほどの大きさが普通だが、最大430cmの報告もある。
頭は丸く、目は小さく、口はなんとなくかわいい(笑)
なでなでしたくなる雰囲気なのだけど、当然サメ側としてはうれしくない。
ものすごい勢いでエサを水子と吸い込むので、
手を出して噛みつかれるという事故が希にあるようですよ〜・・・

夜行性で、海底でエビカニ類、イカなどを食べます。

卵胎生で、30cmほどの子どもを一度に34匹ほど産みます。
寿命は最大25年。


# by vimytaro | 2019-02-10 19:37 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 02月 03日

エドアブラザメ

f0292806_17265318.jpg
今週のカレンダー

エドアブラザメ
学名:Heptranchias perlo
英名:Sharpnose Sevengill Shark

ほぼ全世界の暖かい海の水深1000までの深海に生息。
全長140cmになるが、おおよそ平均100cm。

鰓裂は1/13の週のエビスザメと同じく7対。
背ビレが1基で後方に位置するのも、エビスザメと同じ。
幼魚の背ビレと尾ビレの先端には黒色班があります。

じつは上顎の歯は資料が見つからず描いていません。
上顎にも歯はあり、前歯は細長くカギ状で内側を向きます。

胎生で、子宮内で卵が孵化します
25cmほどの幼魚を一度に9〜20尾産みます。

下田海中水族館と伊豆・三津シーパラダイスで飼育の記録があります。


# by vimytaro | 2019-02-03 21:40 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 02月 01日

お詫びと訂正

f0292806_06460421.jpg
f0292806_06455798.jpg
2/24の週のイタチザメの歯は、下顎と上顎の歯と同じ形です。
まちがっておりました。
申し訳ありません!

iichi、Creema、BOOTH、またはボク個人からご購入いただきました方には、
修正カードを発送いたしましたので、
差し替えくださいますよう、よろしくお願いいたします。

SeaShell便さま、かなざわ珈琲さま、
名古屋港水族館ミュージアムショップさま、でご購入いただいた方へは、
ご住所がわからないので対応できておりません。

ご連絡いただければ修正カードをお送りいたしますので、
ご連絡くださいませ。(>_<)
お手数おかけして申し訳ございません!


# by vimytaro | 2019-02-01 06:49 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 01月 27日

ドチザメ

f0292806_17200461.jpg
今週のカレンダー

ドチザメ
学名:Triakis scyllium
英名:Banded Houndshark

日本近海から東シナ海にかけて沿岸に分布。
水深の浅い海底や岩礁、藻場に生息。
遊泳力は強くなく、しばしば海底で休んでいる。

体色は黒色から灰褐色で、暗い縞模様や暗斑がある。
腹側は白く、口の前の2本の鼻弁が目立つ。
最大体長は150cmほど。

小魚や甲殻類、底生生物を捕食する。

胎生。胎盤を形成しない卵黄依存型。
魚津水族館のメスしかいなかった水槽内で幼魚が生まれたことがあり、
単性生殖を行う可能性もあるとか・・・


# by vimytaro | 2019-01-27 17:19 | おさかなイラスト | Comments(0)
2019年 01月 20日

アカシュモクザメ

f0292806_16161621.jpg
今週のカレンダー

アカシュモクザメ
学名:Sphyrna lewini
英名:Scalloped Hammerhead

日本近海に分布しているシュモクザメの中でもとくに数が多い。
頭のハンマーは湾曲して中央にくぼみがあることがこの種の特徴。
和名の「アカ」は外観ではなく、肉の色に赤みが入っているから。

オスは全長1.8m、メスは2.5mで成熟する。
最大で全長430cm、体重152kgになります。

さまざまな種類の魚、甲殻類、頭足類、小型のサメやエイも捕食の対象。
人を襲うことは希で、死亡例はほとんどないが、性質は荒いので要注意。

胎生で、胎仔は子宮内で卵黄の栄養分を使って大きくなる。
メスは9〜10ヶ月の妊娠期間を経て、12〜38匹のこどもを産みます。
生まれたばかりのこどもは40cmほど。


# by vimytaro | 2019-01-20 16:15 | おさかなイラスト | Comments(2)
2019年 01月 13日

エビスザメ

f0292806_15161349.jpg
今週のカレンダー

エビスザメ
学名:Notorynchus cepedianus
英名:Broadnose Sevengill Shark

いきなりゴメンナサイ(>_<)
鰓裂が7つあるはずなのに、6つしか描いていません(汗)

現生のサメの鰓裂は5対ですが、エビスザメには7対あります。
他に7対の鰓裂を持つのはエドアブラザメのみ。
古代のサメに近いと考えられています。
また背ビレが1基しかなく、体のかなり後方に位置します。

鼻先が丸くて、正面から見ると笑っているみたい。

世界の温帯域の水深150mと、やや深い海に生息します。
成長すると全長3mに達する。
オスは1.5m、メスは2.2mで成熟。

群れで狩りをするようです。
アザラシやイルカ、他のサメを捕食します。


# by vimytaro | 2019-01-13 15:14 | おさかなイラスト | Comments(0)