タグ:肉鰭類 ( 3 ) タグの人気記事


2015年 08月 16日

リゾドゥス

f0292806_23385681.jpg
リゾドゥス
Rhizodus sp.
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 四肢様動物上目 リゾドゥス目 リゾドゥス科
石炭紀 体長600ー700cm

海に巨大な生きものが棲んでいるのは、そんなに恐く感じないですが、
湖や沼にこんな巨大な肉食魚が棲んでいるのは恐すぎます。
もう川や湖に遊びに行けなくなりますね。
釣りなんかもう命がけですね(^_^;)

1本の牙は長さ22cmに達します。 

熱帯の川や淡水湖に棲んでいて、
主な獲物は、他の淡水ザメや両生類だったと考えられています。


[PR]

by vimytaro | 2015-08-16 23:40 | おさかなイラスト | Comments(2)
2015年 07月 05日

スカウメナシア

f0292806_18520543.jpg
スカウメナシア
Scaumenacia curta
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 肺魚目 ファネロプレウロン科
デボン紀後期 体長65cm

大きくて丸い第2背ビレと全体に丸い感じのプロポーションが個性的な古代の肺魚です。

同じ母岩に何匹ものスカウメナシアの化石が見つかることがり、
群れで生息していたと考えられています。

カナダやオーストラリアで発掘されています。
湖など淡水に生息していました。

[PR]

by vimytaro | 2015-07-05 18:55 | おさかなイラスト | Comments(0)
2015年 06月 21日

ミグアシャイア

f0292806_14460810.jpg
ミグアシャイア
Miguashaia bureaui
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 総鰭上目 コエラカントゥス目 ミグアシャイア科
デボン紀中期〜後期 体長45cm

カナダとドイツで見つかっている、もっとも原始的なシーラカンスの仲間です。
カナダの発掘地のミグアシャという地名が名前になっています。
淡水に生息していました。

じつは、
これより古い時代のシーラカンスといわれている化石も見つかっているのですが、
断片しかなく、確実に全身がわかる標本がこのミグアシャイアというわけです。


[PR]

by vimytaro | 2015-06-21 14:47 | おさかなイラスト | Comments(0)