タグ:深海魚 ( 38 ) タグの人気記事


2017年 10月 15日

ユメソコグツ

f0292806_05540861.jpg
今週のカレンダー

ユメソコグツ
学名:Coelophrys brevicaudata

生息深度:700〜1140m 最大体長:10cm
分布:日本、フィリピン、インドネシア

アカグツ科ソコグツ属です。
アカグツといえば、知っている人も多いと思いますが・・・
そのアカグツの仲間で、
もっと深い海の底に棲んでいるから「ソコグツ」なのかな?(笑)

一見ハコフグみたいな箱形の体型。
アカグツと同じように、胸ビレは体の後方に付きます。
体中が小さなトゲで覆われています。
トゲがない線状部分は感覚器官。

目と目の間にあるのは、巨大なイリシウム。
チョウチンアンコウのチョウチンにあたります。
これを出し入れできるのかどうかは動画がなくて不明。

標本が少なくて、未だ謎だらけ(^_^;)
イラストも想像で描いている部分が多いです。

[PR]

by vimytaro | 2017-10-15 22:52 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 10月 01日

クロアンコウ

f0292806_18430027.jpg
今週のカレンダー

クロアンコウ(ペリカンアンコウモドキ)
学名:Melanocetus murrayi
英名:Black Seadevil
   Murray's Abyssal Anglerfish

生息深度:1000〜2500m 最大体長:12cm
分布:世界中の海の熱帯〜温帯水域

背中が盛り上がっている姿から、
かつては「セムシクロアンコウ」と呼ばれていましたが、
2007年に差別魚名とされて「クロアンコウ」に改名。
その後いつのまにか「ペリカンアンコウモドキ」とい標準和名になっています。

イラストはメス。
オスは2cmくらいと小さく、この種類はメスに寄生しません。

長い牙状の歯は、後ろには倒れるけど前には倒れないしくみ。
この仕組みのおかげで、噛みつかれた獲物は逃げられません。
歯が倒れるから口も閉じられるのでしょうね?
・・・口閉じてる写真って見たことないけど(笑)

胃と腹部が大きくふくらむので、
自分の倍以上もある獲物を飲み込むことができます。
・・・でもときどき食べ過ぎで?お腹が裂けてる標本も見ます(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2017-10-01 18:43 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 09月 24日

マルギンガエソ

f0292806_13471396.jpg
今週のカレンダー

マルギンガエソ
学名:Bathophilus brevis

生息深度:75〜1650m 最大体長:5.5cm
分布:大西洋、東太平洋

深海魚というと、やせ細っているイメージがあるんだけど、
マルギンガエソは普通に丸々とした魚型でおいしそう(笑)

さらに変なのは、胸ビレの位置。
背中から生えてるヒレがあるけど、これが胸ビレ。
えら蓋の下にあるのは腹ビレです。

体中に小さなスミレ色の発光器が散在します。
体の後ろの方にぼんやり光る発光紋。
目の後ろの発光器は明るい緑色だそうです。

体にうろこはなく、体色はこげ茶っぽい黒色、
生きている間はブロンズ色の光沢があります。

[PR]

by vimytaro | 2017-09-24 22:46 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 09月 17日

ヒカリデメニギス

f0292806_18173548.jpg
今週のカレンダー

ヒカリデメニギス
学名:Monacoa grimaldii
英名:Mirrorbelly

生息深度:300〜800m 最大体長:10.5cm
分布:世界中の熱帯〜温帯水域

デメニギスと同じように上向きの目を持ちますが、
同じように前向きに動かせるかどうかは不明。
生態写真はないのですけど、
やはり同じような透明な頭なのかなと思い、イラストにも描きました。

お腹が平らで、まるでサーフボードに乗ってるみたいな構造です。
しかも、このサーフボード下面が光ります。
下から見たときに自分のシルエットを完全に隠すためで、
そのために頭の下まで発光器が張り出しているのだとか・・・
進化ってすごい・・・というか、行き当たりばったり的でもありますね(笑)

肛門に棲んでいる発光バクテリアの光が、腹部の透明な組織全体に伝わって、
ぼんやりと光るのだそうです。

腹部発光器の黒班の範囲によって、
ハイイロヒカリデメニギスとクロヒカリデメニギスと区別されます。

おちょぼ口でクダクラゲなどの触手をついばんで食べているようです。

[PR]

by vimytaro | 2017-09-17 18:18 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 08月 20日

ティラノフリネ・プグナクス

f0292806_10581028.jpg
今週のカレンダー

ティラノフリネ・プグナクス
学名:Tyrannophryne pugnax

生息深度:400〜2100m 最大体長:5cm
分布:タヒチ島〜クック諸島ラロトンガ島近海、ビキニ環礁北西海域

あんまり資料がなかったんですが、
とっても個性的なチョウチンアンコウだったのでチョイス。

深海エソの仲間みたいな大口の見た目で、
ティラノサウルスと同じ「暴君」の意味の「ティラノ」が、
学名に付いています。

でも大きさ5cmじゃ、カプッって指に噛みつく程度(笑)
体長1mくらいのがいたらいいなぁ・・・( ´▽`)

まだ、標本が2つしかないみたいなので、
体長の数値は今後修正されるでしょうね。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-20 10:58 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 08月 06日

バケアシロ

f0292806_01344887.jpg
今週のカレンダー

バケアシロ
学名:Typhlonus nasus
英名:Faceless Cusk

生息深度:3933〜5150m 最大体長:46cm
分布:インド洋・太平洋の深海平原
英名:Faceless Cusk

今年の6月にオーストラリアで新たな個体が採集されたようで、
最大体長は46cmとなりました。
「カオナシアシロ」という意味の英名も付きました。
ちなみに学名の意味も「盲目の鼻」

名前が似ている「バケダラ」と似た姿をしていますが、
こちらは目がありません。
イラストの鼻先の黒い2つの点は鼻孔です。

標本の写真をネット検索で見ることができますが、
白っぽくてホントにリアルなオバケみたいですよ(笑)

頭の真下に下前方に飛び出す口があり、
海底の小さな甲殻類を食べているようです。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-06 21:34 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 30日

「興味津々!深海魚」

f0292806_13201603.jpg
「興味津々!深海魚」展
和歌山県立自然博物館にて開催中です。

深海展に合わせて、深海魚缶バッジも販売されています。
バッジとPOP、デザインさせていただきました。

興味深い標本がいっぱい並んでましたよ。
まだ写真で見ただけですが(笑)
見に行きたい!

お近くの方はぜひ!
8月31日(木)までです。

和歌山県立自然博物館 イベントページ



[PR]

by vimytaro | 2017-07-30 13:27 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 07月 16日

ホソワニトカゲギス

f0292806_19112654.jpg
今週のカレンダー

ホソワニトカゲギス
学名:Stomias longibarbatus
英名:Longbarb Scaly Dragonfish

生息深度:400〜1463m 最大体長:43cm
分布:ポルトガルから南アフリカのコンゴまで、メキシコ湾、日本、オーストラリア、ニュージーランド、インド洋

現存する深海のドラゴンです。
大きさはせいぜい43cmで、薄くてペラペラですけど・・・(^_^;)

ワニトカゲギスの仲間にはいろんなのがいるけど、
とにかく体が長いのが、このホソワニトカゲギスです。
アゴから伸びるバーベル(発光器)も体長の半分に届きそうな長さ。

体は虹色光沢のシルバーのようで、ブロンズ色に光る発光器・・・
生きているところを見ることができたらキレイでしょうね♪

[PR]

by vimytaro | 2017-07-16 19:09 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 02日

ヨロイザメ

f0292806_09235612.jpg
今週のカレンダー

ヨロイザメ
学名:Dalatias licha
英名:Kitefin Shark
   Seal Shark

生息深度:300〜600m 最大体長:182cm
分布:大西洋、インド洋、太平洋

とても硬くザラザラした皮膚で覆われているのでこの名前があります。

ダルマザメ(クッキーカッターシャーク)と系統上で近縁になるそうで、
そういえばなんだか似てます。
体型や口や歯の形がそっくり。

このサイズのサメにクッキーカッター攻撃されたら恐いなぁ(^_^;)
直径10cmくらいの穴が空きそうですね(恐)
でも、主な獲物は深海性の魚類・甲殻類・頭足類らしいです。

目がサメにしては比較的大きいです。
映画「シン・ゴジラ」が公開された頃には、
「ゴジラ顔の深海ザメ」としてけっこう有名になってました(笑)

[PR]

by vimytaro | 2017-07-02 20:23 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 06月 25日

クロツノアンコウ

f0292806_08134572.jpg
今週のカレンダー

クロツノアンコウ
学名:Bufoceratias wedli

生息深度:300〜1500m 最大体長:8cm
分布:大西洋の熱帯・亜熱帯水域

アンコウの仲間のチョウチンっていうと、
上アゴと目の間くらいにあるのが普通だと思ってましたけど、
この子のチョウチンは、なんと頭のてっぺんに!

アラジンと魔法のランプの魔人みたいな(笑)

縫い目のように見える点は、おそらく側線みたいなセンサーです。

最大で8cmだけど、ほとんどの標本はゴルフボールくらい。
カワイイ!

[PR]

by vimytaro | 2017-06-25 22:13 | おさかなイラスト | Comments(0)