「ほっ」と。キャンペーン

タグ:深海魚 ( 21 ) タグの人気記事


2017年 02月 26日

リノフリネ・アルボリフェラ

f0292806_18394444.jpg
今週のカレンダー

リノフリネ・アルボリフェラ
学名:Linophryne arborifera
英名:Bearded Angler

生息深度:200〜1000m 最大体長:7.7cm
分布:大西洋の熱帯亜熱帯水域、日本、ニュージーランド

オニアンコウ科の中でもリノフリネ属はアゴ下に発光器を持つチョウチンアンコウ。
頭の前方に生える疑似餌を「エスカ」と呼ぶのに対して、
アゴ下の発光器は「バーベル」と呼ばれます。

そのエスカもバーベルも大げさなのがこの種類(笑)

このエスカとバーベル、どちらも発光するのですが、仕組みがちがうとか・・・
エスカの光は発光バクテリアによるもので、トルコ石色。
バーベルの光は自前の発光細胞によるもので、青色。

イラストはメス。
オスはチョウチンアンコウと同じように、極端に小さくメスに寄生します。

[PR]

by vimytaro | 2017-02-26 18:40 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 02月 20日

ヤバネウナギ

f0292806_12112130.jpg
今週のカレンダー

ヤバネウナギ
学名:Cyema atrum
英名:Bobtail Eel(Arrow Eel)

生息深度:330〜5100m 最大体長:15cm
分布:南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、パナマ、チリ

「ウナギ」と名前はついていますが、ウナギにしてはずいぶん寸詰まりで、
くちばしみたいにとがった細い口、
体の後端は背ビレと尻ビレで「矢羽根」のような形状になっています。

細長い口には小さな歯が生えていて、獲物を絡めとるために使われるようです。

小さな目はあるけどあまり見えず、
代わりに体中に生えている小さな突起で振動を感じて獲物を捕まえます。

[PR]

by vimytaro | 2017-02-20 12:10 | おさかなイラスト | Comments(2)
2017年 02月 05日

アカナマダ

f0292806_17032852.jpg
今週のカレンダー

アカナマダ
学名:Lophotus capellei
英名:Unicornfish(North Pacific Crestfish)

生息深度:0〜100m 最大体長:200cm
分布:日本、ニュージーランドなど太平洋、大西洋の温かい海

長い体に赤く長い背ビレ・・・
リュウグウノツカイに似ていますが、背ビレの前部が長く伸びないし、
長い腹ビレもないけれど、逆に小さな尻ビレがあります。

深海魚ということになっているけど、
調べてみると生息深度がハッキリせず、
100mくらいだとか・・・でもこれで・・・深海魚なんですか?(笑)

浮き袋の下方に墨汁袋を持ち、肛門から墨汁のような液を噴出するのだとか・・・
ますます、なぞの多い魚ですね。
けっこう、昔から図鑑に載ってた気がするのだけど・・・(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2017-02-05 17:04 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 01月 15日

シンジュエソ

f0292806_15095954.jpg
今週のカレンダー

シンジュエソ
学名:Ichthyococcus elongatus
英名:Slim Lightfish

生息深度:100〜1948m 最大体長:13cm
分布:北太平洋の温帯水域、ニュージーランド

一見ハダカイワシっぽいですけど、
お腹にビッシリ発光器が並んでいるので見分けられます。

お腹側の発光器は4列に、
アゴの下から尾ビレのつけ根までビッシリ。
カウンターシェーディングもバッチリでしょうね。

写真で見ると、鼻先と目の上が透けてて、
あの透明ヘルメットのデメニギスみたいになってます。

[PR]

by vimytaro | 2017-01-15 15:10 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 01月 07日

ミツクリエナガチョウチンアンコウ

f0292806_19250981.jpg
ミツクリエナガチョウチンアンコウ
学名:Cryptopsaras couesii
英名:riplewart Seadevil

生息深度:500〜1250m 最大体長:44cm
分布:世界中の熱帯〜亜熱帯水域

もっとも長い和名の魚として知られていましたが、現在は2番目だそうです。
いちばん長い名前は、
ウケグチノホソミオナガノオキナハギというカワハギの仲間。
でもこれは・・・
1番長い名前にすることを狙って命名されたらしいので、ずるいです(笑)

ミツクリエナガチョウチンアンコウ科の特徴は背中の肉質突起。
ビワアンコウ属は突起が2つ、ミツクリエナガチョウチンアンコウは3つあります。
この肉質突起の内部には発光物質が詰まっていて、
ここから直接放出することもあるそうです。

さらに、チョウチンが付いている長い柄は前後にかなり動き、
グルグル回転もするのだとか・・・

*昨年アップしてなかったから、すっかり忘れてました(汗)
今週のカレンダー(遅)

[PR]

by vimytaro | 2017-01-07 19:27 | おさかなイラスト | Comments(2)
2016年 12月 15日

2017深海生物カレンダー通販開始

f0292806_13545289.jpg
たいへんお待たせいたしました(^_^;)スミマセン!

2017深海生物カレンダーの通販を始めました。


「Sea Shell便」さんでも
取り扱っていただいております。

通販ではありませんが、
アクアマリンふくしまさんでも
ミュージアムショップで販売していただいております♪

よろしくお願いします。

[PR]

by vimytaro | 2016-12-15 14:13 | おさかなグッズ | Comments(4)
2016年 10月 04日

ミツクリエナガチョウチンアンコウ制作中

f0292806_06042949.jpg
まんまるのチョウチンアンコウばかりだったので、
ちょっとちがうタイプのを作りたくなりまして・・・

ちゃんと自立するように、前後のバランスが微妙でしたが、
なんとか制作終了。

チョウチンが折れないで焼き上がるといいなぁ(^_^;)


[PR]

by vimytaro | 2016-10-04 22:04 | おさかな陶芸 | Comments(0)
2016年 08月 12日

JRポスター「驚異の深海生物」

f0292806_20321131.jpg
「驚異の深海生物」見に行きましたか?

ボクはまだです(笑)
でも、再来週行くことになりました♪
楽しみです(・∀・)

ところで、JRの駅や車両の中にもポスター貼られております。
かなりうれしいです(*^-^*)

写真は、海のモノのエルタデザインさんに撮ってもらいました。
エルタさん、ありがとう♪


[PR]

by vimytaro | 2016-08-12 20:35 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2016年 06月 11日

「驚異の深海生物」ポスター

f0292806_21542531.jpg
千葉県立中央博物館の「驚異の深海生物」まであと1ヶ月。
ポスターデザインさせていただきました。

サイトからPDFダウンロードできます。
チラシもあります(^-^)


[PR]

by vimytaro | 2016-06-11 23:53 | 展示会 | Comments(0)
2016年 04月 03日

クロツノアンコウ

f0292806_13245611.jpg
クロツノアンコウ
学名:Bufoceratias wedli
フタツザオチョウチンアンコウ科
これわりと最近できたばかりの科のようです。

イリシウムは上アゴの上から伸びている種類が多いのだけど、
この科は頭のてっぺんから伸びてる感じです。

ビヨーンと長く伸びたイリシウムが、
焼いたら折れちゃうかなと思いつつ制作。
床にくっつくほど垂れ下がりはしたけど、折れずに保ってくれました。
よかった(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2016-04-03 21:24 | おさかな陶芸 | Comments(4)