2017年 04月 03日

ラブカ

f0292806_16415114.jpg
今週のカレンダー

ラブカ
学名:Chlamydoselachus anguineus
英名:Frilled Shark

生息深度:120〜1280m 最大体長:200cm
分布:大西洋と太平洋に局所的に分布、日本では駿河湾に多く生息

口が頭部正面に開き、エラ裂は6対(現代のサメは5対)
歯はデボン紀の初期のサメ、クラドセラキに形状がよく似ています。
原始的なサメの特徴を残しているので「生きた化石」としても有名です。

エラ裂は大きく裂けてひだ状に広がり、裂け目から口の中が見えるほどで、
いちばん前の第一鰓裂は左右が下でつながって襟のようになっています。
これが英名「フリルドシャーク」の由来。

ラブカの歯は、1本、1枚、というよりも
三つ叉の矛先が7本列になって並んだような形状で、
マジックテープみたいに獲物を引っかけやすくなっています。
でも、イラストに描くのはめんどくさいの(笑)

動きは緩慢で、ウナギのように体を波打たせてゆっくり泳ぎますが、
体の後方にヒレが集中した体型は瞬間的な突進に適しているとか・・・
獲物を見つけたら、すばやく食らいつくことができるのでしょうね。

[PR]

# by vimytaro | 2017-04-03 16:42 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 04月 01日

アクアマリンばんそうこう

f0292806_14494727.jpg
今年も、アクアマリンふくしまの「オリジナル絆創膏」
デザインさせていただきました。

いろんなイベントで配布されると思いますので、
見かけたらもらってください(^-^)

[PR]

# by vimytaro | 2017-04-01 14:51 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 03月 26日

ハープスポンジ

f0292806_11592227.jpg
ハープスポンジ
学名:Chondrocladia lyra
英名:Harp Sponge

生息深度:3316〜3399m 最大体長:60cm
分布:カリフォルニア海岸沖

深海性のカイメンの仲間。
からだの中心部から海底をはうように放射状に伸びた1〜6本の枝を基部とし、
そこから垂直に触手が何本も伸びます。
垂直の触手は末端ほどだんだんと短くなり、これがハープの弦のように見えます。

ネットでは、5本の枝で5角形の個体の画像が多く見られますけど、
個体によって枝、触手の数や大きさがちがいます。

垂直の触手はたくさんの小さな有刺フックで覆われていて、
これらがマジックテープのように働いて、
小さな甲殻類を捕らえることができるようです。

捕らえられたエサには薄い膜が張られ、ゆっくりと消化されます。

触手の先端の球状体は、生殖に関係がある部分らしいです。

[PR]

# by vimytaro | 2017-03-26 12:00 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 03月 19日

オンデンザメ

f0292806_13265555.jpg
今週のカレンダー

オンデンザメ
学名:Somniosus pacificus
英名:Pacific Sleeper Shark

生息深度:0〜2000m 最大体長:600cm
分布:北太平洋

深海性のサメの中では、北大西洋に分布するニシオンデンザメと並び、最大種。
推定で7mを超える個体の撮影記録もあります。

寒い海域では海洋表面にも出現しますが、
暖かい海域ではほとんど深海底付近で生活。

尻ビレがありません。これはツノザメ目の特徴。
二つの背ビレはほぼ同じ大きさで、体のかなり後方に位置します。
体型は流線型でずんぐり、皮膚はサメらしいザラザラ感はあるけどプヨプヨ。

駿河湾ではしばしば観察され、たまに漁獲されることもありますが、
肉には毒素が含まれ食用にはなりません。
肝臓のみ、肝油の原料となります。

[PR]

# by vimytaro | 2017-03-19 13:27 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 03月 17日

「極上珈琲とさかなの国」DM

f0292806_12543237.jpg
f0292806_12542721.jpg
「極上珈琲とさかなの国」
4/10(月)まで会期延長となっております。

そういえば、新しい告知DMも作ったのでした(^_^;)

コレも過去の作品から・・・
チンヨウジとパンダダルマハゼ

世田谷のお店にはまだあると思います。
おいしい珈琲を飲みに、お立ち寄りください。

かなざわ珈琲 世田谷店
東京都世田谷区若林5ー14ー6
若林ゆうクリニックビル1F
03ー6804ー0990


[PR]

# by vimytaro | 2017-03-17 13:01 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 03月 12日

メンダコ

f0292806_06410355.jpg
今週のカレンダー

メンダコ
学名:Opisthoteuthis depressa
英名:Japanese Pancake Devilfish

生息深度:200〜600m 最大体長:26cm
分布:日本近海、東シナ海

ふつうのタコの仲間とはかなり異なる姿をしています。
脚のほとんどは膜に覆われ放射状に広がっていて、脚の自由は利きません。

耳のようなヒレが胴体に付いていますが、
他の深海性のタコのように大きくはないので、
遊泳用というよりは姿勢制御や方向転換に役立つ程度。

でも、そんな寸足らずなところがかわいくて、今や深海のアイドル(笑)

人気があるので水族館で展示される機会も最近どんどん増えて、
葛西臨海水族園では昨年自然産卵、孵化にも成功しました。

[PR]

# by vimytaro | 2017-03-12 06:42 | おさかなイラスト | Comments(2)