2017年 02月 26日

リノフリネ・アルボリフェラ

f0292806_18394444.jpg
今週のカレンダー

リノフリネ・アルボリフェラ
学名:Linophryne arborifera
英名:Bearded Angler

生息深度:200〜1000m 最大体長:7.7cm
分布:大西洋の熱帯亜熱帯水域、日本、ニュージーランド

オニアンコウ科の中でもリノフリネ属はアゴ下に発光器を持つチョウチンアンコウ。
頭の前方に生える疑似餌を「エスカ」と呼ぶのに対して、
アゴ下の発光器は「バーベル」と呼ばれます。

そのエスカもバーベルも大げさなのがこの種類(笑)

このエスカとバーベル、どちらも発光するのですが、仕組みがちがうとか・・・
エスカの光は発光バクテリアによるもので、トルコ石色。
バーベルの光は自前の発光細胞によるもので、青色。

イラストはメス。
オスはチョウチンアンコウと同じように、極端に小さくメスに寄生します。

[PR]

# by vimytaro | 2017-02-26 18:40 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 02月 20日

ヤバネウナギ

f0292806_12112130.jpg
今週のカレンダー

ヤバネウナギ
学名:Cyema atrum
英名:Bobtail Eel(Arrow Eel)

生息深度:330〜5100m 最大体長:15cm
分布:南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、パナマ、チリ

「ウナギ」と名前はついていますが、ウナギにしてはずいぶん寸詰まりで、
くちばしみたいにとがった細い口、
体の後端は背ビレと尻ビレで「矢羽根」のような形状になっています。

細長い口には小さな歯が生えていて、獲物を絡めとるために使われるようです。

小さな目はあるけどあまり見えず、
代わりに体中に生えている小さな突起で振動を感じて獲物を捕まえます。

[PR]

# by vimytaro | 2017-02-20 12:10 | おさかなイラスト | Comments(2)
2017年 02月 12日

ピンポンツリースポンジ

f0292806_13481035.jpg
今週のカレンダー

ピンポンツリースポンジ
学名:Chondrochladia lampadiglobus
英名:Ping Pong Tree Sponge

生息深度:2600〜3000m 最大体長:50cm
分布:東太平洋、モントレー湾

映画「アバター」の惑星パンドラの植物みたいに神秘的だけど、
現在の地球の深海性の海綿動物です。

「スポンジ」は、昔は海綿動物を加工したものを使っていたので、
もともとは海綿動物のことを呼びます。

本体を支える「幹」の部分が50cmほどになるのであって、
丸いスポンジ本体は3〜5mmほどの小さなものです。

丸い本体を支える「枝」が発光して、獲物をおびき寄せます。
球体に触れた獲物は捕らえられ、消化吸収されます。

[PR]

# by vimytaro | 2017-02-12 13:49 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 02月 05日

アカナマダ

f0292806_17032852.jpg
今週のカレンダー

アカナマダ
学名:Lophotus capellei
英名:Unicornfish(North Pacific Crestfish)

生息深度:0〜100m 最大体長:200cm
分布:日本、ニュージーランドなど太平洋、大西洋の温かい海

長い体に赤く長い背ビレ・・・
リュウグウノツカイに似ていますが、背ビレの前部が長く伸びないし、
長い腹ビレもないけれど、逆に小さな尻ビレがあります。

深海魚ということになっているけど、
調べてみると生息深度がハッキリせず、
100mくらいだとか・・・でもこれで・・・深海魚なんですか?(笑)

浮き袋の下方に墨汁袋を持ち、肛門から墨汁のような液を噴出するのだとか・・・
ますます、なぞの多い魚ですね。
けっこう、昔から図鑑に載ってた気がするのだけど・・・(^_^;)

[PR]

# by vimytaro | 2017-02-05 17:04 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 02月 05日

「極上珈琲とさかなの国」

f0292806_17002103.jpg

「極上珈琲とさかなの国」
今日2/5より、世田谷のステキなカフェで、
イラストとグッズを飾らせていただいております。

店長金澤さんが淹れる珈琲はホントに絶品!
おいしい理由が淹れるの見てるとわかります。
ボクもコーノ式ドリッパーと本買いましたもん(笑)

世田谷線若林駅から徒歩4分
かなざわ珈琲 世田谷店にて 3月5日(日)まで

昨夜は、水族館ファンのみなさまといっしょに
初めてのコピ・ルアク いただいちゃいました♪
超個性的かと思いきや・・・意外とまろやか!



f0292806_17003670.jpg


[PR]

# by vimytaro | 2017-02-05 11:00 | お知らせ | Comments(0)
2017年 01月 29日

クロテングギンザメ

f0292806_15595042.jpg
今週のカレンダー

クロテングギンザメ
学名:Rhinochimaera africana
英名:Paddlenose Chimaera

生息深度:549〜1450m 最大体長:81.8cm
分布:南アフリカ、モザンビーク海峡

吻が剣のように突き出して、前部は平べったくなっています。
「テング」の名前はこの長い吻に由来します。
黒褐色をしていて、テングギンザメとはこの体色で区別されます。

日本近海での捕獲も稀にあるようです。
テングギンザメの仲間は全部で8種。
そのうち日本近海に生息するのはテングギンザメとアズマギンザメ、
そしてクロテングギンザメの3種です。

[PR]

# by vimytaro | 2017-01-29 16:00 | おさかなイラスト | Comments(0)