<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 30日

コウモリダコ

f0292806_22143770.jpg
今週のカレンダー

コウモリダコ
学名:Vampyroteuthis infernalis
英名:Vampire Squid

生息深度:600〜1200m 最大体長:13cm(外套長)全身では28cm
分布:世界中の熱帯・亜熱帯水域

学名の意味は「地獄の吸血イカ」
発見当初はイカだと考えられていたようですが、
それにしても禍々しい名前が付けられたものです(^_^;)

そして、現在では「タコ」と名前が付いていますが、
イカでもタコでもなく、2種が分化する前の共通の祖先として、
コウモリダコ目という1種類だけの独立した目となっています。

他の生きものを襲って血を吸うわけではなく、
主食はマリンスノー(プランクトンの遺骸や排出物)
触手が変化したフィラメントという特殊器官を使って集めます。

ヒレのつけ根には4つの青く光る発光器を持ちます。
目もとてもキレイな青色。

[PR]

by vimytaro | 2017-07-30 22:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 30日

「興味津々!深海魚」

f0292806_13201603.jpg
「興味津々!深海魚」展
和歌山県立自然博物館にて開催中です。

深海展に合わせて、深海魚缶バッジも販売されています。
バッジとPOP、デザインさせていただきました。

興味深い標本がいっぱい並んでましたよ。
まだ写真で見ただけですが(笑)
見に行きたい!

お近くの方はぜひ!
8月31日(木)までです。

和歌山県立自然博物館 イベントページ



[PR]

by vimytaro | 2017-07-30 13:27 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 07月 28日

LAB to CLASS

f0292806_00221798.jpg
「LAB to CLASS」とは
海のこと・生きもののこと・を楽しむ学ぶ、海洋学習の情報サイトです。

フィールドや室内で遊びながら学ぶための「教材」を、
無料でダウンロードして利用できます。

そんな「教材」のいくつかにイラストを描かせていただきました。
↑のパンフレットにもたくさん使っていただいて感激です。

サイトはこちら
LAB to CLASS

ぜひ!海のこと、楽しく学んでください(・∀・)ノ



[PR]

by vimytaro | 2017-07-28 22:20 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 07月 26日

「ときめく金魚図鑑」

f0292806_11364177.jpg
届きました♪

著者さんのブログの写真がスゴくキレイで、
本の発売を楽しみに待っておりました(*^-^*)

金魚のこと、しっかり勉強するよー♪

[PR]

by vimytaro | 2017-07-26 11:40 | おさかなグッズ | Comments(0)
2017年 07月 23日

ハッポウクラゲ

f0292806_15441666.jpg
ハッポウクラゲ
学名:Aeginura grimaldii

生息深度:660〜1168m 最大体長:4.5cm
分布:大西洋、北極海

「ハッポウ」という名前のとおり、
傘から8本の触手が伸びる深海性の小振りなクラゲ。

濃い赤い体色は、深海では目立ちにくい色です。
補食した獲物が胃の中で発光しても、敵からみつかりにくくなります。
そこまで慎重でないと深海では生活できないんですねー

触手は通常は体の横方向にまっすぐ伸びます。
泳ぐときは傘の縁を丸めたり伸ばしたりしながら・・・

[PR]

by vimytaro | 2017-07-23 21:42 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 20日

ポケットピクチュアカード

f0292806_03290478.jpg
f0292806_03291825.jpg
アポロ社さんから・・・
今まではピクチュアパズルをたくさん作ってもらいましたが、
こんどは新しく「ピクチュアカード」ができました。

全部で81枚の魚カードです。
単語カードみたいに、リングでまとまっています。
リングをはずしてバラバラにもできます。

表に魚のイラスト、
裏に名前と大きさ、分布、特徴が書かれています。

楽しみ方いろいろ、かるたみたいな遊び方や、
名前当てとか、クイズにしたり、小さな図鑑としても持ち歩けます。

他にもいろいろ、工夫して遊んでください(^-^)

「ポケットピクチュアカード」アポロ社
900円(税別)

[PR]

by vimytaro | 2017-07-20 03:42 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 07月 16日

ホソワニトカゲギス

f0292806_19112654.jpg
今週のカレンダー

ホソワニトカゲギス
学名:Stomias longibarbatus
英名:Longbarb Scaly Dragonfish

生息深度:400〜1463m 最大体長:43cm
分布:ポルトガルから南アフリカのコンゴまで、メキシコ湾、日本、オーストラリア、ニュージーランド、インド洋

現存する深海のドラゴンです。
大きさはせいぜい43cmで、薄くてペラペラですけど・・・(^_^;)

ワニトカゲギスの仲間にはいろんなのがいるけど、
とにかく体が長いのが、このホソワニトカゲギスです。
アゴから伸びるバーベル(発光器)も体長の半分に届きそうな長さ。

体は虹色光沢のシルバーのようで、ブロンズ色に光る発光器・・・
生きているところを見ることができたらキレイでしょうね♪

[PR]

by vimytaro | 2017-07-16 19:09 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 12日

作品賞をいただきました

f0292806_09202996.jpg
「深く、深く掘りすすめ!〈ちきゅう〉」
山本省三 著/くもん出版 が
日本子どもの本研究会 作品賞をいただきました。

日本子どもの本研究会 作品賞

山本先生の熱心な取材ぶりが伝わってくる内容なのです。
イラスト描くために何度も何度も読んだからホント(笑)

スゴイ本にイラスト描かせてもらったのね(^_^;)
ほんとうにうれしい!!

[PR]

by vimytaro | 2017-07-12 09:25 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 07月 09日

センジュナマコ

f0292806_19464176.jpg
今週のカレンダー

センジュナマコ
学名:Scotoplanes globosa
英名:Sea Pig

生息深度:545〜6720m 最大体長:8cm
分布:大西洋・太平洋・インド洋の深海平原

背中の2対の触手が特徴の深海性のナマコ。
5〜7対の足で海底を歩きながら、海底に降り積もった有機物を食べます。

イラスト左側が口、
口のまわりには有機物を集めるたくさんの触手があります。
体は半透明で、中の消化管が透けて見えています。
標本はちょっとグロい感じだけど、
生きているときの生態写真は、青白くとても神秘的!

名前の「センジュ」は「千手」の意味で、
背中の4本の触手を「千手」にたとえているようです。
ちょっと無理がありますかねー(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2017-07-09 19:50 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 08日

深海生物カレンダー値下げ

f0292806_21084711.jpg
今年も半年が過ぎましたので、
深海生物カレンダーを値下げいたします。

プラケース付きは 800円、
プラケースなしは 700円 となります。

買うのを迷っていた方、値下げを待っていた方・・・
ご利用ください(^-^)

アットクリエイターズ  iichi pixivBOOTH にて販売しております。

[PR]

by vimytaro | 2017-07-08 21:12 | お知らせ | Comments(0)