<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 29日

「Sea-Zen」

f0292806_20083179.jpg
f0292806_20082441.jpg
Ericoさんの個展「Sea-Zen」@神楽坂見てきました。

シーグラスのランプシェードたち、かわいくてキレイでした。

砂浜に見立てたジオラマ風な展示もよかったなー・・・
今日で終わってしまいましたが、ぜひまた見たいです♪

ということで、いろいろお話してきたのです♪
ちょっと楽しみなことになりそうですよ。

(*^-^*)

[PR]

by vimytaro | 2017-05-29 22:05 | 展示会 | Comments(0)
2017年 05月 28日

アカチョウチンクラゲ

f0292806_14331100.jpg
今週のカレンダー

アカチョウチンクラゲ
学名:Pandea rubra
英名:Red Paper Lantern Medusa

生息深度:450〜1000m 最大体長:17cm
分布:北太平洋、北大西洋

折りたたみ式の提灯みたいに、体全体が伸び縮みします。
日本の沿岸で見つかったのが最初なので、
英名でも和名と同じ意味の名前になっています。

赤い色は深海では黒っぽくなり保護色となります。
光る生物を食べたときに、中から光が漏れないようにしているんだとか・・・
まさに「提灯」ですね・・・光らないけど(笑)

体には、ウミグモやヨコエビ、他のクラゲの幼生などが付着して、
多様な生物の成育場所としても利用されているらしいです。
深海の「赤ちょうちん」は居酒屋じゃなくて幼稚園(笑)

[PR]

by vimytaro | 2017-05-28 14:33 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 05月 25日

Scabrella sp.

f0292806_16560946.jpg
Scabrella sp.
デボン紀の三葉虫。

体長15cm。
実物もこれ以上に大きいのです。

大きい分だけ細かいところまで作り込めたけど、
それはそれでエライ時間かかりました(笑)

[PR]

by vimytaro | 2017-05-25 17:01 | おさかな陶芸 | Comments(0)
2017年 05月 24日

N大学 海洋生物資源科学科Tシャツ

f0292806_23102834.jpg
f0292806_23270909.jpg

ほぼ、4年おきにデザインを任せていただいてます、
N大学、海洋生物資源科学科Tシャツ。

プリントできあがったTシャツをいただきました(^-^)
うれしい!!

[PR]

by vimytaro | 2017-05-24 23:18 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 05月 21日

ゼノフタルミクティス・ダナ

f0292806_12363352.jpg
今週のカレンダー

ゼノフタルミクティス・ダナ
学名:Xenophthalmichthys danae

生息深度:0〜1250m 最大体長:10cm
分布:大西洋、西太平洋

ウルトラセブンに出てきそうな宇宙人顔(笑)
イラストでは遠近感をデフォルメしてありますが、
実際には鉛筆みたいな体型です。

メタリックな銀色で、浮き袋を持っていません。
突出した目は伸縮式だそうですが・・・どこが伸びるのかなー?

フィッシュベースでは、キュウリウオ目ミクロストマ科とあるけど、
文献によってはちがう分類だったり・・・まだ謎だらけみたいです。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-21 12:37 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 05月 14日

ヒカリジュウモンジダコ

f0292806_11374830.jpg
今週のカレンダー

ヒカリジュウモンジダコ
学名:Stauroteuthis syrtensis
英名:Glowing Sucker Octopus
   Balloon Octopod

生息深度:250〜4000m 最大外套長:11.4cm
分布:北大西洋の温帯・亜熱帯水域

頭の部分が10cmほど、脚まで入れると45cmほどの大きさとなります。

吸盤が吸い付き機能を失った代わりに発光します。
「ジュウモンジダコ」というのは深海タコのグループの名前で、
その中で吸盤が発光するタコは何種類かいて、
「ヒカリジュウモンジダコ」という和名はそれらをまとめる呼称らしいです。

発光は星が瞬くように点滅し、マリンスノーを模しているのだとか・・・
この偽マリンスノーに集まるプランクトンをエサにしているようです。
脚の間の膜をふくらませてボール状になるのは、
プランクトンを集めている姿かもしれません。
その姿から「バルーン・オクトポッド」という英名もあります。

吸盤の左右のたくさんのヒゲのようなものは触毛。
深海のタコには頭のヒレと触毛を持つものが多い。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-14 21:36 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 05月 08日

「魚の肖像Ⅱ ひかりの海の魚たち」

f0292806_11352705.jpg
f0292806_11353329.jpg
f0292806_11354293.jpg
昨日、日曜日に行ってきました。長嶋祐成さん個展「魚の肖像Ⅱ ひかりの海の魚たち」
@ギャラリー・マルヒ(根津)

念願の原画を見ることができて幸せ(*´∀`*)

絵なのに、ピチピチと新鮮で・・・
今にも飛び出してきそう。
すっごいキレイでした。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-08 20:35 | 展示会 | Comments(0)
2017年 05月 08日

DIVE ESTIVANTのTシャツ

f0292806_16133521.jpg
f0292806_16130512.jpg
f0292806_16133952.jpg
沖縄、久米島のダイビングショップ
「DIVE ESTIVANT」のTシャツをデザインさせていただきました。

背面に
ザトウクジラとマンタ、シュモクザメ、アオウミガメ、カスミチョウチョウウオ
前面に
モンツキカエルウオをガイコツパンダホヤ(仮名)

こんなホラーでおもしろいホヤがいるなんて・・・
依頼を受けるまで知りませんでしたー(・∀・)

店頭販売のみだそうですので、
みなさん、久米島へ行きましょう(*^▽^*)ノ

DIVE ESTIVANT

↑ショップのサイト「スタッフブログ」でTシャツのカラーを見ることができます
全部で8色だそうです。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-08 15:42 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 05月 07日

ダイオウグソクムシ

f0292806_13535689.jpg
今週のカレンダー

ダイオウグソクムシ
学名:Bathynomus giganteus
英名:Giant Isopod

生息深度:170〜2500m 最大体長:45cm
分布:西大西洋、メキシコ湾、カリブ海

深海ファンにはすっかりおなじみ「ダイオウさま」
等脚類の中では世界最大種。
陸上のちっちゃいダンゴムシと同じ仲間です。
脚も7対でいっしょ。

でも、ダンゴムシみたいにまんまるにはなれず、
コの字に曲げるのが精一杯らしいです。
「ダイオウさま」は体がかたい(笑)

深海底でエサとなる動物の死骸を待っている、深海の掃除屋さん。

同じ属にオオグソクムシもいて、水族館でも多く展示されています。
大きさが全然ちがうのですが、見た目も少しちがいます。
丸くて太いのがダイオウグソクムシ
平べったくてスマートなのがオオグソクムシ。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-07 22:52 | おさかなイラスト | Comments(2)
2017年 05月 02日

海辺の手しごと市

f0292806_03593923.jpg
f0292806_03594515.jpg
福井市ワタリグラススタジオにて開催中の
「海辺の手しごと市」
クラゲとウミホタルの専門店「アトゥーラ」さんのブースにて、
ポストカードと額装イラストを販売していただいております。

遠くてボクは会場に行くことはできませんが、
福井のみなさま、見かけたらよろしくお願いします(^-^)ノ

「海辺の手しごと市」
5月3日10:00〜17:00 5月4日10:00〜16:00
ワタリグラススタジオにて
福井市鮎川町17ー14 TEL.0776ー88ー2025



[PR]

by vimytaro | 2017-05-02 20:57 | 展示会 | Comments(2)