<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

ペリカンアンコウ

f0292806_05390316.jpg
ペリカンアンコウ
学名:Melanocetus johnsonii
英名:Humpback Anglerfish

焼き上がりました。

歯の部分も同じ土です。
例によってインプラント(笑) 穴あけて歯を差し込みます。

今回は陶芸用絵の具の白を塗ってみました。
いい感じに、深海魚っぽく汚れた感じになりました(笑)

[PR]

by vimytaro | 2015-09-30 05:38 | おさかな陶芸 | Comments(2)
2015年 09月 27日

ポタニクティス

f0292806_12193163.jpg
ポタニクティス
Potanichthys xingyiensis
硬骨魚綱 条鰭亜綱 ペルトプレウルス目 トラコプテルス科
三畳紀後期 体長15cm

大きく幅広い胸ビレと腹ビレを持っていました。
同じ地層からは、大型の肉食魚類の化石も見つかっています。
このことから、ポタニクティスは現在のトビウオと同じように、
捕食者から逃れるために、海面から飛び出すことができたかもしれないと、考えられています。

尾ビレの下側(下葉)が長くなっているのは、海上へ飛び出す時に水面を叩くのに使われます。
これも現在のトビウオと同じです。

[PR]

by vimytaro | 2015-09-27 12:20 | おさかなイラスト | Comments(0)
2015年 09月 20日

ビルゲリア

f0292806_13073145.jpg
ビルゲリア
Birgeria sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 パラエオニスクム目 パラエオニスクム亜目 ビルゲリア科
三畳紀 体長50ー120cm

狭い頭と巨大なアゴを持つ、中生代のかなり長い期間優秀な捕食者でした。
現在のコンゴ川に生息するゴライアスタイガーフィッシュに雰囲気似てます。
どっちも恐いです(^_^;)

大きさは推定3mと考えられていたこともあります。
こうなるともうサメより恐い(汗)

一昨年描いた、無顎類のビルケニアという魚がいましたが、
名前がよく似ているのでよくまちがえます(笑) 
ビルケニアはアゴがない初期の魚でした。
ぜんぜん別物です(笑)


[PR]

by vimytaro | 2015-09-20 13:15 | おさかなイラスト | Comments(2)
2015年 09月 18日

ウミウシTシャツ

f0292806_13021677.jpg

高知県土佐清水市、竜串ダイビングセンターのウミウシTシャツ。
デザインさせていただきました。
竜串の海で見られるウミウシ19種類♪


通販にも対応していただけるようです。

購入希望の方は、竜串ダイビングセンターさんに
メールか電話で直接お問い合わせください。
(注:Tシャツ専用のページがあるわけではありません)
http://www.tdc2001.com/


今回のTシャツは背景カラー付きもありです。
写真は「オリーブ」にプリント↓

f0292806_13014677.jpg

[PR]

by vimytaro | 2015-09-18 13:01 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2015年 09月 13日

ボバサトラニア

f0292806_11115104.jpg
ボバサトラニア
Bobasatrania sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 パラエオニスクム目 プラティソムス亜目 ボバサトラニア科
ペルム紀後期〜三畳紀 体長13ー100cm

現在の魚にはあまり見られない、定規で描いたみたいなひし形体型。
古代の海にはこんなひし形の体型が流行っていたみたいですよ。
化石魚を検索してるとこんな体型の魚がたくさん出てきます。

ペルム紀に生きていた種類は体長1mにも達したそうです。
マットレスが泳いでいるような存在感だったでしょうね(笑)

体は長方形のウロコで覆われていました。
丈夫ですが、体はあまり曲げることができないウロコです。

[PR]

by vimytaro | 2015-09-13 11:15 | おさかなイラスト | Comments(0)
2015年 09月 06日

ヒボドゥス

f0292806_12443497.jpg
ヒボドゥス
Hybodus sp.
軟骨魚綱 板鰓亜綱 ネズミザメ上目 ヒボドゥス目 ヒボドゥス科
ペルム紀後期〜白亜紀前期 体長250cm

頭に4本の角が生えていて、なんだか鬼みたいな古代のサメです。
でもサメに角が生えていても不思議とあんまり恐くありませんね(笑)
やはり、サメの恐いところは、大きな口とその歯です。
角はかえってマヌケに見えますね(笑)

それでもヒボドゥスはずいぶんと長い期間浅い海で繁栄していました。

そして意外なことに、ヒボドゥスの系統は現在のネコザメに引き継がれているようです。
そういえば、
目のあたりのくぼみとか背ビレ前縁にトゲが生えているところとか…ネコザメに似ていますね。

[PR]

by vimytaro | 2015-09-06 12:50 | おさかなイラスト | Comments(0)