「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 29日

サンカスピス

f0292806_14200688.jpg
サンカスピス
Sanchaspis magalarostrata
無顎上綱 ケファラスピス綱 フアナナスピス目 サンカスピス科
デボン紀前期 体長22cm

ヘルメットを持つケファラスピスの仲間の中でも、
対ヒレ(胸びれ)を持たないタイプの魚たちのヘルメットが、
こんなにバラエティに富んでいたとは・・・おどろきました。 

そして、ものすごく興味を持ってしまいました。
ネットで集められる限りのすべての種類の資料を集めてみたほどです(笑)

その中でもこの子は抜群にマンガっぽいデザインのヘルメットをかぶってます。
頭からギャグマンガの握りこぶしみたいなのが出てる!(笑)
これをしゃもじみたいに使って、
砂を掘り起こしてエサを探していたのかもしれませんね。

目の間の大きな穴は鼻孔。
小さな穴は明暗を感じる器官。
線で描いたような模様は、センサーに通じる溝です。
口とエラ穴は、ヘルメットの下側にあります。

[PR]

by vimytaro | 2015-03-29 14:22 | おさかなイラスト | Comments(7)
2015年 03月 24日

「ずかんプランクトン」仏語版

f0292806_20383265.jpg
f0292806_20383619.jpg
2011年に刊行された「ずかんプランクトン」の
フランス語版が出たと聞いて、
著者さんから送ってもらいました♪

イラストはすべてボクですよ♪

韓国版とか台湾版は他の絵本でもあったけど、
アジア圏外版は初めて!

なんだか、オシャレ(笑)


[PR]

by vimytaro | 2015-03-24 20:51 | おさかなお仕事 | Comments(4)
2015年 03月 22日

マカイラスピス

f0292806_19512799.jpg
マカイラスピス
Machairaspis sp.
無顎上綱 ケファラスピス綱 スコレナスピス目 スコレナスピス科
デボン紀前期 体長25cm

いつも「魔界ラスピス」と脳内で読んでしまって、
なんだかまがまがしい生きものを妄想しちゃうんですが、
ファンタジーではありません(笑)  実在した生物です。

頭の突起はいったい何のためだったのか?
化石の写真を見ると、突起はヘルメットからほぼ垂直に立っていて、
突起の後ろ側はのこぎりみたいにギザギザになっています。

何かのセンサーか、
または、オスだけに付いているディスプレイ用の角なのか・・・
でもケファラスピスの仲間でオスメスで姿がちがう種類は見つかっていません。
そもそも交尾をすることも確認されていませんしね。


[PR]

by vimytaro | 2015-03-22 19:53 | おさかなイラスト | Comments(2)
2015年 03月 15日

マクロティラスピス

f0292806_18171078.jpg
マクロティラスピス
Macrothyraspis longilanceus
無顎上綱 ケファラスピス綱 エウガレアスピス目 エウガレアスピス科
デボン紀前期 体長13cm

中国で発掘された、頭にヘルメットをかぶった魚です。
ヘルメットから槍のような長い突起が、前と左右に伸びています。
前方の突起の付け根にある穴は、口ではなく鼻孔。
口は下側に付いています。

長い槍の役割はなんでしょうか?
エサを探すために海底の砂をかき混ぜたとか、センサーであるとか…
鼻先が伸びている魚というと、まぁだいたいそういうのが多いです(笑)
では左右に伸びる槍は何のためかというと…
センサーであること以外に、
胸ビレの代わりに泳ぐ時のバランスをとるためのものかも…

ボク(素人)の勝手な想像ですけど…
でもこれ、長すぎて泳ぎにくそうですよね。

頭の左右の大きな窓も、おそらくセンサーだと思われます。
同じような窓を持つ魚が他にも何種類か発見されています。


[PR]

by vimytaro | 2015-03-15 18:22 | おさかなイラスト | Comments(2)
2015年 03月 08日

ファルカカウダ

f0292806_18191091.jpg
ファルカカウダ
Furcacauda heintzae
無顎上綱 テロドゥス綱 ファルカカウダ目 ファルカカウダ科
デボン紀前期 体長9cm

近年カナダで発見された、アゴのない無顎類の魚です。
化石の写真を見ると、横倒しになったイカに見えます・・・(笑)
でも、そのイカの足の部分が、尾ビレにあたるようです。
体がくびれることなく、そのまま後方が尾ビレになっている感じ・・・
こんな魚見たことありませんよね。

無顎類など初期の脊椎動物は、アゴや胃を持たず、
口から肛門までがつながってるだけの単純な消化器官を持っていました。
でも、このファルカコウダの化石からは、
胃のように見える空間が見つかっています。

胃の方が、アゴより先に進化したのかもしれません。


[PR]

by vimytaro | 2015-03-08 18:15 | おさかなイラスト | Comments(0)
2015年 03月 05日

サンゴの日

f0292806_14333352.gif
今日はサンゴの日。


[PR]

by vimytaro | 2015-03-05 15:33 | カレンダー | Comments(0)
2015年 03月 04日

ケファラスピス陶化石5

f0292806_19442164.jpg
f0292806_19442654.jpg
f0292806_19442962.jpg
1月末にちびちび削っていたケファラスピス、
焼き上がり、完成です。

なかなか化石っぽく仕上がりました♪

でも、母岩にまったく削り痕が残ってないから、
偽物ってすぐわかりますね(笑)

[PR]

by vimytaro | 2015-03-04 19:44 | おさかな陶芸 | Comments(0)
2015年 03月 03日

ダイオウグソクムシ制作中

f0292806_18131312.jpg
ダイオウグソクムシが化石になったら・・・

そんなテーマで作っております♪

こうしてみると、三葉虫とよく似てる(笑)


[PR]

by vimytaro | 2015-03-03 18:15 | おさかな陶芸 | Comments(0)
2015年 03月 01日

イスクナカントゥス

f0292806_13081731.jpg
イスクナカントゥス
Ischnacanthus gracilis
棘魚綱 イスクナカントゥス目 イスクナカントゥス科
シルル紀後紀ーデボン紀ー石炭紀後期 体長10cm

棘魚類はシルル紀に出現、デボン紀に最盛期となり、ペルム紀までにすべて絶滅した魚類です。
尾ビレを除いてすべてのヒレに頑丈な棘を持っていました。

ちなみに「棘魚」は「きょくぎょ」と読みます。
「トゲウオ」は現在淡水で生きているまったく別の種類です。

イスクナカントゥスは棘魚類の中でもスマートな体型をしています。
棘も細長くお上品な感じ。

アフリカを除く6大陸に分布し、
他の魚類や無脊椎動物を補食する肉食魚でした。

[PR]

by vimytaro | 2015-03-01 13:12 | おさかなイラスト | Comments(0)