<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 24日

リードシクティス

f0292806_1683232.jpg



リードシクティス
学名:Leedsichthys problematicus
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 パキコルムス目  体長1400-2200cm

史上最大の魚類と考えられています。

現在の最大の魚類、ジンベエザメは最大で18mと言われていますが、
信頼できる固体記録は13.7mだそうです。

新生代の巨大ザメ、メガロドンは推定13~15m。
化石として残っているのは歯だけなので、推定値しかありません。

リードシクティスの場合は、14~22mと言われています。
28m説もあります。
というわけで、史上最大の魚類なのですが・・・

まだ、尾ビレと頭骨の一部、肋骨少々、鰓櫛など断片的なものしか見つかっておらず、
メガロドンと同じく推定値でしかありません。

ジンベエザメはプランクトン食ですが、
リードシクティスも同じようにプランクトンを食べていたようです。
となると、口は上向きに付いていて、上アゴは平らな方が、
表層のプランクトンを食べやすそうだと思うのですが・・・
リードシクティスの復元図というと下のようなタイプのが多く出てきます。

f0292806_1226430.gif


そこで、ボクなりに描き直してみました(笑)
素人考えだとは思うのですけど・・・(^^;
[PR]

by vimytaro | 2013-11-24 12:26 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 11月 24日

カレンダー通販開始

f0292806_633710.jpg



2014ハワイの魚カレンダー
ネットから購入できるようになりました。

画像は54週全部のイラストです。

卓上ポストカードサイズ 週めくりカレンダー 1200円
大きさ:100×148mmが27枚(両面印刷) プラケース付き
紙:  アートポスト紙180kg
印刷: オフセット印刷 
送料: 1~2部160円

*プラケースの必要ない方には、
カードのみのエコパック(1100円)もございます。

以下のサイトからご注文ください。
よろしくお願いします(◎^-^◎)

ぼくのすいぞくかん アットクリ支店
[PR]

by vimytaro | 2013-11-24 06:40 | おさかなグッズ | Comments(10)
2013年 11月 19日

「カレンダー祭」はじまりました

f0292806_11582846.jpg



ボクの在廊予定表です。

うすいグリーンの未定になっている時間帯は、
コメントやメールいただければ、ギャラリーへ出かけますので、
遠慮なくご連絡くださいね(^ー^)

お待ちしております。
[PR]

by vimytaro | 2013-11-19 12:01 | 展示会 | Comments(0)
2013年 11月 18日

カレンダー並び替え+封入なう

f0292806_4565992.jpg



印刷終わって届いたカレンダー。

ここからは手作業で、
27枚を週の順番に並べて、1セットずつ封入します。

全部で400部。

現在封入中・・・
のこり177部(^_^;)
[PR]

by vimytaro | 2013-11-18 05:00 | おさかなグッズ | Comments(0)
2013年 11月 17日

ダペディウム

f0292806_102153.gif



ダペディウム
学名:Dapedium sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 セミオノトゥス目 体長90cm

条鰭類はデボン紀に出現した魚類です。
現在の魚類の大部分の種が、この条鰭類に属します。

硬いエナメル質の長方形のウロコを持ち、
アゴには長いくさびのような歯と、その奥に敷き詰められた丸い歯を持っていました。
甲殻類や貝やウニ、軟体動物など無脊椎動物を食べていたと考えられています。

暖かい浅い海に棲んでいたようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-11-17 10:03 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 11月 14日

2014ハワイの魚カレンダー

f0292806_17563016.jpg



来年のカレンダー、ようやく完成です。

・・・というか、現在印刷中ですが(^_^;)

来年のテーマは、
「Hawaiian Fishes and Animals」
ハワイの固有種とおなじみの魚、ウミガメとイルカです。

固有種をメインに調べていたので、
ちょっとマニアックな種類も入っちゃってますが(^_^;)

なんか、固有種って好きなので(笑)

ハワイは島ですからねー・・・
固有種かなり多いですよ。
お楽しみに〜♪

ポストカードサイズイラスト54枚入り、
卓上版プラケース付き、1200円。

19日(火)〜24日(日)
銀座のミレージャギャラリーさんの「カレンダー祭」に参加しますので、
そこでの販売が最初となります。

他にも29名の作家さんがオリジナルカレンダーを出品、販売していますので、
この機会にぜひ、お気に入りのカレンダーをゲットしてください。

ボクの在廊予定は、会期が近づきましたら、またお知らせいたします。

ネット販売は、会期後に準備いたします。
地方の方、もうしばらくお待ちください。


[PR]

by vimytaro | 2013-11-14 18:03 | おさかなグッズ | Comments(2)
2013年 11月 10日

サウリクティス

f0292806_1327622.gif



サウリクティス
学名:Saurichthys sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 軟質区 サウリクティス目 体長100-150cm

細長い体に、するどくとがったクチバシを持っていて、
現在のダツによく似ています。
アゴはとても長く、全長のほぼ1/3を占めます。

水中をすばやく動き回り、
他の魚類や水面に近づいた翼竜まで捕食していたと考えられています。

化石は世界中で発見されています。
[PR]

by vimytaro | 2013-11-10 13:28 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 11月 03日

レベラトリクス

f0292806_1093132.gif



レベラトリクス
学名:Rebellatrix divaricerca
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 シーラカンス目 体長90cm

シーラカンスというと、幅広で短い尾ビレを連想するのですけど、
レベラトリクスは尾ビレより前の部分はほぼシーラカンスそのままで、
尾ビレだけが長く上下に伸びて、
マグロやカジキなどの高速遊泳型の尾びれによく似ています。
おそらく、広大な領域を高速で泳いでいたと考えられます。

古生代ペルム紀末に大量絶滅期がありました。
海洋生物の90%がこの時に絶滅したといわれていますが、
シーラカンスは現在でもなお生き残っています。
つまり大量絶滅をまぬがれたわけで、
天敵の少なくなった広い海洋へ生息域を広げていこうと進化した種が
レベラトリクスだという説があります。

暗い狭いところから広い海に出てきて、
高速で泳ぎ積極的に捕食するようになったというわけです。

「レベラトリクス」とは「反乱シーラカンス」という意味です。

でも、結局はこの新しいグループは絶滅してしまい、
昔からの生活スタイルを保持していた古いグループが
現在まで生きのびることができた。
・・・なんだか皮肉ですね(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-11-03 10:11 | おさかなイラスト | Comments(2)