カテゴリ:おさかなイラスト( 181 )


2013年 08月 11日

今週の「化石水族館」8/11〜

f0292806_12322199.gif



カンプベロードゥス
学名:Campbellodus decipiens
板皮上綱 プティクトドゥス目 体長30-40cm

板皮類というと、頭部を硬い骨板で覆われて上下に平たいタイプが多いのですが、
カンプベローダスはけっこう体高があります。
第1背ビレが高く、
ごていねいにも、第1背ビレの前部まで3枚の骨板で保護されています。

骨板の外の体もすべてウロコで覆われているのも、
プティクトドゥス科の板皮類にしては独特らしいです。

なんか、見たことないプロポーションの板皮類だなと思ってイラストを描いたのですが、
調べてみると特殊なタイプだったというわけでした(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-08-11 12:34 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 08月 04日

今週の「化石水族館」8/4〜

f0292806_7144165.gif



ラッコグナトゥス
学名:Laccognathus sp.
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 ポロレピス目 体長180cm

シーラカンスや肺魚に近い種類なのだけど、顔は平べったく寸詰まりで、
魚というよりはワニかサンショウウオみたいです。

するどい歯を持っていたので、他の魚を食べていたようですが、
積極的に泳いで追いかけるタイプではなく、
水底に待ち伏せして近づいた魚を捕まえるタイプの捕食魚だと思われます。

顔のディテールがわかる復元イラストがあまりなかったのだけど、
化石の写真を見ながら描き起こしました(^^;

自分ではけっこう気に入ってるイラスト♪
[PR]

by vimytaro | 2013-08-04 07:21 | おさかなイラスト | Comments(6)
2013年 07月 28日

今週の「化石水族館」7/28〜

f0292806_9142748.gif



ホロプティキウス
学名:Holoptychius sp.
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 ポロレピス目 体長50-90cm

シーラカンスに近い種類です。

淡水に生息していたと思われます。
それも世界中の淡水地方から化石が発見されているので、
ホロプティキウスは新しい淡水領域に侵入するために
海を渡ることもできたのではないかと考えられています

よく発達した歯を持ち、頭蓋の形やヒレの位置や形状から、
待ち伏せ型の捕食魚であったようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-07-28 09:16 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 07月 21日

今週の「化石水族館」7/21〜

f0292806_11441499.gif



グロエンランダスピス
学名:Groenlandaspis sp.
板皮上綱 節頸目 フリクタエニウス上科 体長8cm

そんなに重要な種類ではなさそうなんですが、
背の高い甲冑にほれぼれしてイラストに描きました。
すごいカッコイイのに、体長がわずか8cm・・・
というのがちょっと残念ではあります(笑)

最初にグリーンランドで化石が発見されたのでこの名前が付いたのですが、
その後世界中から発見されているそうです。

海底の小さな生物や有機物を食べていたようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-07-21 11:45 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 07月 14日

今週の「化石水族館」7/14〜

f0292806_11522076.gif



オロドゥス
学名:Orodus sp.
軟骨魚綱 全頭亜綱 オロドゥス目 体長400cm

サメの仲間は石炭紀にいろいろ個性的なタイプが現れるようになるのですが、
オロドゥスはそんなサメの初期型・・・プロトタイプ。
サメの原型としてはクラドセラケが有名だけど、ボク的にはこちらがイチオシです(笑)

ぬぼーっとしててサメらしくありません(笑)

すごく巨体なのに、すごく小さな胸ビレで、これで泳げたのか不思議です。
歯もまだ小さく丸く、敷石状に並んでいました。

昨年の個展では意外と人気ありましたねー(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-07-14 11:54 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 07月 07日

今週の「化石水族館」7/7〜

f0292806_13402992.gif



マテルピスキス
学名:Materpiscis attenboroughi
板皮上綱 プティクトドゥス目 体長25-30cm

マテルピスキスは2005年、つい最近になって発見された種です。
その発見の時にへその緒と胎児の化石もいっしょに発見されました。

胎生という繁殖形態をとる脊椎動物は、
これまでは三畳紀のケイチョウサウルスという海棲爬虫類がもっとも古い例でしたが、
マテルピスキスの発見によって、胎生の記録が約2億年もさかのぼることになりました。

さらに、板皮類全体が胎生かもしれないという説まで浮上してきているようです。

ちなみに、マテルピスキスとは「母の魚」を意味します。
この発見によって命名された名前ですね。
[PR]

by vimytaro | 2013-07-07 13:42 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 06月 30日

今週の「化石水族館」6/30〜

f0292806_114425100.gif



ティクターリク
学名:Tiktaalik roseae
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 四肢様動物上目 体長120-270cm

陸上動物にもっとも近い魚類です。
両生類(おそらくアカントステガ)と魚類(おそらくパンデリクティス)をつなぐ存在で、
進化論的に重要な役割を果たす「ミッシング・リンク」的生物。
ただし、パンデリクティスの方が四足動物に近いという説もあります。

頭部はワニそっくりで、目は上部に付き、口はエラ近くまで大きく開き、
首のようなくびれがあり、頭を振ることができたと考えられています。

エラの他にも原始的な肺を持ち、気門が頭のてっぺんにありました。
気温が高いときに酸素が少なくなる浅瀬では有効だったと思われます。
[PR]

by vimytaro | 2013-06-30 11:45 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 06月 23日

今週の「化石水族館」6/23〜

f0292806_6262369.gif



アウストロフィルロレピス
学名:Austrophyllolepis sp.
板皮上綱 板鰓亜綱 フィルロレピス目 体長30-40cm

頭部が平べったい骨板で覆われた甲冑魚です。
おそらく水底で生活するタイプだと思います。
ひょっとすると目はないかもしれません・・・描いちゃいましたけど(笑)

この魚の化石には、
現在のサメのような交尾器(クラスパー)の存在が確認されているそうです。

魚の繁殖行動といえば、メスが卵を水中に産み、オスが精子をかける体外受精ですが、
交尾器をもっているということは交尾をして体内受精していたということになります。

胎生であることが最近になってわかったマテルピスキスだけでなく、
板皮類全体が胎生であるかもしれないという説があるのは、このためなんですね。
[PR]

by vimytaro | 2013-06-23 06:28 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 06月 16日

今週の「化石水族館」6/16〜

f0292806_1142475.gif



ゲムエンディナ
学名:Gemuendina stuertzi
板皮上綱 レナヌス目  体長30cm

ずっとエイの祖先だと思ってました(笑)
板皮類だったんですねー(^^;

他の板皮類のように、頭部を覆うような装甲はなくて、
小さな骨板がモザイク状に集まったもので覆われていました。

エイの体盤のように見えるのは胸ビレで、エイというよりはカスザメに似ています。
[PR]

by vimytaro | 2013-06-16 11:44 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 06月 09日

今週の「化石水族館」6/9〜

f0292806_19272257.gif



ホロプテリギウス
学名:Holopterygius nudus
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 シーラカンス目 体長7cm

復元イラストの資料は見つからなかったのですが、
骨格図がすごくかっこよくて勢いでイラストにしてしまったのですが、
よくよく見たら体長が7cmしかなくてちょっとガックリ(笑)

頭と前半身はシーラカンスのようで、後半分はウナギみたいな不思議な体をしています。
そもそもこの大きさで成体なのかなぁ??幼体かもしれないなぁ??
そのへんの記述も見つかりませんでした(汗)

分類上、何科なのかもまだ明らかになっていないようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-06-09 19:30 | おさかなイラスト | Comments(6)