カテゴリ:おさかなイラスト( 193 )


2014年 01月 02日

ファンテイルファイルフィッシュ

f0292806_15201918.jpg



ファンテイルファイルフィッシュ
学名:Pervagor spilosoma
英名:Fantail Filefish

ハワイ諸島固有種、まれにジョンストン島でも見られる。
フグ目カワハギ科。体長8-18cm。

サンゴ礁域に生息し、底生の小さな無脊椎動物かサンゴ藻などを食べます。
水族館では、アサリやエビなどをエサにもらってるらしい。

オレンジ色の美しい尾ビレが目立つキレイなカワハギです。
[PR]

by vimytaro | 2014-01-02 15:22 | おさかなイラスト | Comments(0)
2014年 01月 01日

ミレットシードバタフライフィッシュ

f0292806_19253036.jpg



あけましておめでとうございます。

今年からは「ハワイ魚カレンダー」をよろしくお願いします。
まずは、扉の魚から紹介いたしますね。

ミレットシードバタフライフィッシュ
学名:Chaetodon miliaris
英名:Millet Butterflyfish
   Millet-seed Butterflyfish
   Lemon Butterflyfish

ジョンストン島、ハワイ諸島固有種。体長13cm。

ハワイでもっとも一般的なチョウチョウウオで、
人にもよく慣れていて、餌付けされているところもあります。
ごく浅いサンゴ礁から水深250mまで見られ、大群を作ることもあります。

英名で「レモンバタフライ」の名前があるけど、
和名の「レモンチョウチョウウオ」とは別種です。
・・・ややこしいですね(笑)
[PR]

by vimytaro | 2014-01-01 19:31 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 12月 29日

プロトスフィラエナ

f0292806_10555463.jpg



プロトスフィラエナ
学名:Protosphyraena sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 パキコルムス目 体長200-300cm

白亜紀の中型の捕食魚です。

現在のメカジキによく似た姿をしています。
おかしなのは、アゴにするどい歯が並んでいることと、長い胸ビレ。
この胸ビレはノコギリの歯のようにエッジがギザギザになっていました。

カジキと似たような体型なのだから、かなりの高速で泳げたはずです。
プロトスフィラエナに突進されたら、
するどい鼻で刺されるか、胸ビレで切られちゃうか・・・
ひとくちにガブリと食べられるのとはまたちがった怖さがありますね(^^;
[PR]

by vimytaro | 2013-12-29 13:54 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 12月 22日

シファクティヌス

f0292806_4471191.gif



シファクティヌス
学名:Xiphactinus sp.
硬骨魚綱 ニシン・骨鰾下区 イクティオデクテス目 体長460-610cm

白亜紀の海の中で、サメと並びもっとも獰猛な肉食硬骨魚であったと考えられています。
アゴにはたくさんの鋭利な歯を持ち、その口は非常に大きく開くことができたようです。

流線型の体と幅の広い尾ビレによって、かなりの高速で泳ぐことができ、
水面から飛び跳ねることも可能でした。
大型のサメやモササウルスなどに狙われても、
十分に逃げ切る、あるいは反撃することもできたかもしれません。

カンザス州の博物館に展示されているシファクティヌスの体の中には、
魚がまるごと入っています。
このシファクティヌスの体長が4m。
胃の中の魚は1.8mのギルリクスという同じ科の魚です。
丸呑みしちゃったせいで、胃の中で暴れられて絶命したと思われています。
じつはこういう化石がたくさん見つかっているとか・・・

貧欲すぎて自滅しちゃうタイプだったみたい(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-12-22 04:48 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 12月 15日

サウロドン

f0292806_9574827.jpg



サウロドン
学名:Saurodon sp.
硬骨魚綱 真骨亜区 ニシン・骨鰾下区 イクティオデクテス目 体長240cm

非常に細長く薄いボディをした海棲の捕食魚です。
体長240cmでボディの幅はわずか10cm。

さらに珍しいのが、下アゴの先端についている、先の尖った巨大な前歯骨。
何のためにこれがあるのか、どのように使っていたのかは謎です。
[PR]

by vimytaro | 2013-12-15 09:59 | おさかなイラスト | Comments(6)
2013年 12月 08日

イクティオケロス

f0292806_6522479.gif



イクティオケロス
学名:Ichthyoceros spinosus
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 ピクノドゥス目 体長4cm

現在のカワハギによく似ていますが、祖先というわけではないみたいです
・・・というか、分類についてはまだまだ勉強不足でよくわかりません。
ゴメンナサイ(^^;

古代のフグ目みたいな復元図を見つけたので描いてみたかったのです(笑)

頭の前後にトゲがあって、なんだかコンゴウフグみたいです。
コンゴウフグみたいに、目の上に1本ずつの対になっているのかもしれませんが、
それについては記述がなくて、化石写真を見ても2本は確認できず・・・

アゴには棒状の歯がずらりと並んでいます。
貝や甲殻類をバリバリと食べていたのかもしれません。
[PR]

by vimytaro | 2013-12-08 06:52 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 12月 01日

ギロドゥス

f0292806_192992.gif



ギロドゥス
学名:Gyrodus sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 ピクノドゥス目 体長20-100cm

横から見るとまんまるで、
なんだか現在のアカマンボウに似ているプロポーション。

口とかけっこう恐そうな感じなんだけど、
全体がまん丸なのでなんだかかわいい印象(笑)

アゴには丸い歯が何列もぎっしりと並んでいます。
サンゴや貝など硬い獲物をかみ砕いて食べていたと考えられます。

厚い長方形のウロコが体を覆っています。
現在の魚だとあまり見ないウロコの形ですけど、
ガーなどの古代魚にはよく見られる形。
頑丈だけど動きにくい。
[PR]

by vimytaro | 2013-12-01 19:03 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 11月 24日

リードシクティス

f0292806_1683232.jpg



リードシクティス
学名:Leedsichthys problematicus
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 パキコルムス目  体長1400-2200cm

史上最大の魚類と考えられています。

現在の最大の魚類、ジンベエザメは最大で18mと言われていますが、
信頼できる固体記録は13.7mだそうです。

新生代の巨大ザメ、メガロドンは推定13~15m。
化石として残っているのは歯だけなので、推定値しかありません。

リードシクティスの場合は、14~22mと言われています。
28m説もあります。
というわけで、史上最大の魚類なのですが・・・

まだ、尾ビレと頭骨の一部、肋骨少々、鰓櫛など断片的なものしか見つかっておらず、
メガロドンと同じく推定値でしかありません。

ジンベエザメはプランクトン食ですが、
リードシクティスも同じようにプランクトンを食べていたようです。
となると、口は上向きに付いていて、上アゴは平らな方が、
表層のプランクトンを食べやすそうだと思うのですが・・・
リードシクティスの復元図というと下のようなタイプのが多く出てきます。

f0292806_1226430.gif


そこで、ボクなりに描き直してみました(笑)
素人考えだとは思うのですけど・・・(^^;
[PR]

by vimytaro | 2013-11-24 12:26 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 11月 17日

ダペディウム

f0292806_102153.gif



ダペディウム
学名:Dapedium sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 セミオノトゥス目 体長90cm

条鰭類はデボン紀に出現した魚類です。
現在の魚類の大部分の種が、この条鰭類に属します。

硬いエナメル質の長方形のウロコを持ち、
アゴには長いくさびのような歯と、その奥に敷き詰められた丸い歯を持っていました。
甲殻類や貝やウニ、軟体動物など無脊椎動物を食べていたと考えられています。

暖かい浅い海に棲んでいたようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-11-17 10:03 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 11月 10日

サウリクティス

f0292806_1327622.gif



サウリクティス
学名:Saurichthys sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 軟質区 サウリクティス目 体長100-150cm

細長い体に、するどくとがったクチバシを持っていて、
現在のダツによく似ています。
アゴはとても長く、全長のほぼ1/3を占めます。

水中をすばやく動き回り、
他の魚類や水面に近づいた翼竜まで捕食していたと考えられています。

化石は世界中で発見されています。
[PR]

by vimytaro | 2013-11-10 13:28 | おさかなイラスト | Comments(2)