カテゴリ:おさかなイラスト( 176 )


2013年 09月 15日

今週の「化石水族館」9/15〜

f0292806_231207.gif



ベラントセア
学名:Belantsea sp.
軟骨魚綱 全頭亜綱 ペタロドゥス目 体長38cm

この姿からは考えにくいのですが、サメの仲間です。

寸詰まり体型に大きな胸ビレが下向きに付いてます。
この胸ビレを大きく広げて、エイみたいにウネウネと動かしていたんでしょうか?
早く泳げるタイプではなさそうです。

第1背ビレが頭のすぐ上にあって、トサカみたいです。

他の方の復元イラストだと、体がぺちゃんこに薄くて・・・
なんだかアレみたいなんですよ・・・
「ウルトラセブン」に出てくるウルトラホーク3号!(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-09-15 23:13 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 09月 08日

今週の「化石水族館」9/8〜

f0292806_2192675.gif



ファルカトゥス
学名:Falcatus falcatus
軟骨魚綱 板鰓亜綱 ネズミザメ上目 シモリウム目 体長25-30cm

背中に奇妙な取っ手のような角が生えているサメと、
その取っ手をくわえているもう1匹のサメ・・・
そちらの背中には取っ手がありませんでした。
そういう2匹がいっしょに化石になっているのが発見されました。

取っ手のある方がオス、ない方がメスと、
メスが取っ手をくわえるのは繁殖行動ではないかと考えられています。

アクモニスチオンの「アイロン台」と同じですね。
このファルカトゥスの化石の発見で、
アクモニスチオンの方も、性的二形ではないかと考えられるようになりました。

この「取っ手」と頭の上には、おろし金状に歯状突起が並んでいました。
このへんも、アクモニスチオンと同じです。
[PR]

by vimytaro | 2013-09-08 22:18 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 09月 01日

今週の「化石水族館」9/1〜

f0292806_1039670.gif



アレニプテルス
学名:Allenypterus montanus
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 シーラカンス目 体長3-15cm

「シーラカンス」というと、あの生きている化石のシーラカンスを思い浮かべるのですが、「シーラカンス」というのは分類上のグループ(目)の名前です。
アフリカで見つかった種類はラティメリア・カルムナエ。
インドネシアのはラティメリア・メナドエンシスです。

シーラカンス目の中には、いろんなシーラカンスがいるのです(アタリマエ)

アレニプテルスもそのひとつ。
かなり変わった姿をしています。

体色が赤かったかどうかはわかりません。他の方が描いた復元イラストがみんな赤かったので・・・(^^;
やっぱり復元図って他のを見ると影響されるものですね(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-09-01 10:40 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 08月 25日

今週の「化石水族館」8/25〜

f0292806_7375493.gif



アクモニスチオン
学名:Akmonistion zangerli
軟骨魚綱 板鰓亜綱 シモリウム目 体長70cm

かつては「ステタカントゥス」の学名で知られていましたが、
2001年に「アクモニスチオン」と学名が変わった石炭紀の小型のサメです。

なんといってもおかしなのがアイロン台みたいな第1背ビレの形(笑)
英語でも「アイロン台ザメ」(ironing board shark)と呼ばれます。

この「アイロン台」は威嚇のために使われたとか、
オス同士のケンカのために使われたなどといろいろな説がありましたが、
求愛用のオスのディスプレイであるというのが今のところ有力な説であるようです。

となると、メスには「アイロン台」がないということになり、
別の種類とされている古代サメの中にメスがいるのかもしれません。

この「アイロン台」の上と頭の上は大きく変形した歯状突起で覆われて、
おろし金のようになっています。
痛そう(^^;
[PR]

by vimytaro | 2013-08-25 12:36 | おさかなイラスト | Comments(4)
2013年 08月 18日

今週の「化石水族館」8/18〜

f0292806_7531829.gif



グールーゴンジア
学名:Gooloogongia loomesi
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 四肢様動物上目 リゾドゥス目 体長90cm

淡水棲の巨大な捕食魚です。
同じリゾドゥスの仲間には6mの大きさに達するものもいました。

グールーゴンジアの歯は、上アゴには細かい歯がズラリと並び、
下アゴには牙があります。
それでも、小さな板皮類の装甲を貫通するほど強力ではなかったようです。

目は頭のてっぺんに付いているし、口も上向きだし、
捕食の対称は水中の魚ではなく、陸上の動物なんでしょうか?
でもまだそんなに陸上動物はいない時代ですよねぇ・・・???

いつも陸上にあこがれていたとか?(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-08-18 07:55 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 08月 11日

今週の「化石水族館」8/11〜

f0292806_12322199.gif



カンプベロードゥス
学名:Campbellodus decipiens
板皮上綱 プティクトドゥス目 体長30-40cm

板皮類というと、頭部を硬い骨板で覆われて上下に平たいタイプが多いのですが、
カンプベローダスはけっこう体高があります。
第1背ビレが高く、
ごていねいにも、第1背ビレの前部まで3枚の骨板で保護されています。

骨板の外の体もすべてウロコで覆われているのも、
プティクトドゥス科の板皮類にしては独特らしいです。

なんか、見たことないプロポーションの板皮類だなと思ってイラストを描いたのですが、
調べてみると特殊なタイプだったというわけでした(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-08-11 12:34 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 08月 04日

今週の「化石水族館」8/4〜

f0292806_7144165.gif



ラッコグナトゥス
学名:Laccognathus sp.
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 ポロレピス目 体長180cm

シーラカンスや肺魚に近い種類なのだけど、顔は平べったく寸詰まりで、
魚というよりはワニかサンショウウオみたいです。

するどい歯を持っていたので、他の魚を食べていたようですが、
積極的に泳いで追いかけるタイプではなく、
水底に待ち伏せして近づいた魚を捕まえるタイプの捕食魚だと思われます。

顔のディテールがわかる復元イラストがあまりなかったのだけど、
化石の写真を見ながら描き起こしました(^^;

自分ではけっこう気に入ってるイラスト♪
[PR]

by vimytaro | 2013-08-04 07:21 | おさかなイラスト | Comments(6)
2013年 07月 28日

今週の「化石水族館」7/28〜

f0292806_9142748.gif



ホロプティキウス
学名:Holoptychius sp.
硬骨魚綱 肉鰭亜綱 肉鰭上目 ポロレピス目 体長50-90cm

シーラカンスに近い種類です。

淡水に生息していたと思われます。
それも世界中の淡水地方から化石が発見されているので、
ホロプティキウスは新しい淡水領域に侵入するために
海を渡ることもできたのではないかと考えられています

よく発達した歯を持ち、頭蓋の形やヒレの位置や形状から、
待ち伏せ型の捕食魚であったようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-07-28 09:16 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 07月 21日

今週の「化石水族館」7/21〜

f0292806_11441499.gif



グロエンランダスピス
学名:Groenlandaspis sp.
板皮上綱 節頸目 フリクタエニウス上科 体長8cm

そんなに重要な種類ではなさそうなんですが、
背の高い甲冑にほれぼれしてイラストに描きました。
すごいカッコイイのに、体長がわずか8cm・・・
というのがちょっと残念ではあります(笑)

最初にグリーンランドで化石が発見されたのでこの名前が付いたのですが、
その後世界中から発見されているそうです。

海底の小さな生物や有機物を食べていたようです。
[PR]

by vimytaro | 2013-07-21 11:45 | おさかなイラスト | Comments(2)
2013年 07月 14日

今週の「化石水族館」7/14〜

f0292806_11522076.gif



オロドゥス
学名:Orodus sp.
軟骨魚綱 全頭亜綱 オロドゥス目 体長400cm

サメの仲間は石炭紀にいろいろ個性的なタイプが現れるようになるのですが、
オロドゥスはそんなサメの初期型・・・プロトタイプ。
サメの原型としてはクラドセラケが有名だけど、ボク的にはこちらがイチオシです(笑)

ぬぼーっとしててサメらしくありません(笑)

すごく巨体なのに、すごく小さな胸ビレで、これで泳げたのか不思議です。
歯もまだ小さく丸く、敷石状に並んでいました。

昨年の個展では意外と人気ありましたねー(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-07-14 11:54 | おさかなイラスト | Comments(2)