カテゴリ:おさかなイラスト( 185 )


2017年 08月 20日

ティラノフリネ・プグナクス

f0292806_10581028.jpg
今週のカレンダー

ティラノフリネ・プグナクス
学名:Tyrannophryne pugnax

生息深度:400〜2100m 最大体長:5cm
分布:タヒチ島〜クック諸島ラロトンガ島近海、ビキニ環礁北西海域

あんまり資料がなかったんですが、
とっても個性的なチョウチンアンコウだったのでチョイス。

深海エソの仲間みたいな大口の見た目で、
ティラノサウルスと同じ「暴君」の意味の「ティラノ」が、
学名に付いています。

でも大きさ5cmじゃ、カプッって指に噛みつく程度(笑)
体長1mくらいのがいたらいいなぁ・・・( ´▽`)

まだ、標本が2つしかないみたいなので、
体長の数値は今後修正されるでしょうね。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-20 10:58 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 08月 13日

ダイオウクラゲ

f0292806_03173612.jpg
今週のカレンダー

ダイオウクラゲ
学名:Stygiomedusa gigantea

生息深度:300〜2000m 最大体長:600cm
分布:北極をのぞく世界中の海

先日の「NHKスペシャル」南極の深海にも出てきました。
ボクも昨年の千葉中央博物館の展示で初めて知ったばかり(^_^;)
なんて禍々しいクラゲなんでしょうか!

無脊椎動物の中では最大級です。
まさに「ダイオウ」ですね。
深海には大王様がたくさん棲んでいますね(笑)

初めて発見されたのは1910年と、100年も前のことなんですが、
今までに目撃情報はほんのちょっとしかないようです。

触手は4本しかありませんが、長さが6mにも伸びます。
着物の帯のように幅広で布状。
ふつうのクラゲのような毒針は持たず、
この長い触手でエサを包み込んで捕まえているようです。

傘の縁にズラッと並ぶ白い点は、おそらくクラゲの目かな?
「眼点」といって、人間の目みたいに発達はしてないけど、
これで明暗を判断することができるようです。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-13 20:17 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 08月 06日

バケアシロ

f0292806_01344887.jpg
今週のカレンダー

バケアシロ
学名:Typhlonus nasus
英名:Faceless Cusk

生息深度:3933〜5150m 最大体長:46cm
分布:インド洋・太平洋の深海平原
英名:Faceless Cusk

今年の6月にオーストラリアで新たな個体が採集されたようで、
最大体長は46cmとなりました。
「カオナシアシロ」という意味の英名も付きました。
ちなみに学名の意味も「盲目の鼻」

名前が似ている「バケダラ」と似た姿をしていますが、
こちらは目がありません。
イラストの鼻先の黒い2つの点は鼻孔です。

標本の写真をネット検索で見ることができますが、
白っぽくてホントにリアルなオバケみたいですよ(笑)

頭の真下に下前方に飛び出す口があり、
海底の小さな甲殻類を食べているようです。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-06 21:34 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 30日

コウモリダコ

f0292806_22143770.jpg
今週のカレンダー

コウモリダコ
学名:Vampyroteuthis infernalis
英名:Vampire Squid

生息深度:600〜1200m 最大体長:13cm(外套長)全身では28cm
分布:世界中の熱帯・亜熱帯水域

学名の意味は「地獄の吸血イカ」
発見当初はイカだと考えられていたようですが、
それにしても禍々しい名前が付けられたものです(^_^;)

そして、現在では「タコ」と名前が付いていますが、
イカでもタコでもなく、2種が分化する前の共通の祖先として、
コウモリダコ目という1種類だけの独立した目となっています。

他の生きものを襲って血を吸うわけではなく、
主食はマリンスノー(プランクトンの遺骸や排出物)
触手が変化したフィラメントという特殊器官を使って集めます。

ヒレのつけ根には4つの青く光る発光器を持ちます。
目もとてもキレイな青色。

[PR]

by vimytaro | 2017-07-30 22:14 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 23日

ハッポウクラゲ

f0292806_15441666.jpg
ハッポウクラゲ
学名:Aeginura grimaldii

生息深度:660〜1168m 最大体長:4.5cm
分布:大西洋、北極海

「ハッポウ」という名前のとおり、
傘から8本の触手が伸びる深海性の小振りなクラゲ。

濃い赤い体色は、深海では目立ちにくい色です。
補食した獲物が胃の中で発光しても、敵からみつかりにくくなります。
そこまで慎重でないと深海では生活できないんですねー

触手は通常は体の横方向にまっすぐ伸びます。
泳ぐときは傘の縁を丸めたり伸ばしたりしながら・・・

[PR]

by vimytaro | 2017-07-23 21:42 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 16日

ホソワニトカゲギス

f0292806_19112654.jpg
今週のカレンダー

ホソワニトカゲギス
学名:Stomias longibarbatus
英名:Longbarb Scaly Dragonfish

生息深度:400〜1463m 最大体長:43cm
分布:ポルトガルから南アフリカのコンゴまで、メキシコ湾、日本、オーストラリア、ニュージーランド、インド洋

現存する深海のドラゴンです。
大きさはせいぜい43cmで、薄くてペラペラですけど・・・(^_^;)

ワニトカゲギスの仲間にはいろんなのがいるけど、
とにかく体が長いのが、このホソワニトカゲギスです。
アゴから伸びるバーベル(発光器)も体長の半分に届きそうな長さ。

体は虹色光沢のシルバーのようで、ブロンズ色に光る発光器・・・
生きているところを見ることができたらキレイでしょうね♪

[PR]

by vimytaro | 2017-07-16 19:09 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 09日

センジュナマコ

f0292806_19464176.jpg
今週のカレンダー

センジュナマコ
学名:Scotoplanes globosa
英名:Sea Pig

生息深度:545〜6720m 最大体長:8cm
分布:大西洋・太平洋・インド洋の深海平原

背中の2対の触手が特徴の深海性のナマコ。
5〜7対の足で海底を歩きながら、海底に降り積もった有機物を食べます。

イラスト左側が口、
口のまわりには有機物を集めるたくさんの触手があります。
体は半透明で、中の消化管が透けて見えています。
標本はちょっとグロい感じだけど、
生きているときの生態写真は、青白くとても神秘的!

名前の「センジュ」は「千手」の意味で、
背中の4本の触手を「千手」にたとえているようです。
ちょっと無理がありますかねー(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2017-07-09 19:50 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 07月 02日

ヨロイザメ

f0292806_09235612.jpg
今週のカレンダー

ヨロイザメ
学名:Dalatias licha
英名:Kitefin Shark
   Seal Shark

生息深度:300〜600m 最大体長:182cm
分布:大西洋、インド洋、太平洋

とても硬くザラザラした皮膚で覆われているのでこの名前があります。

ダルマザメ(クッキーカッターシャーク)と系統上で近縁になるそうで、
そういえばなんだか似てます。
体型や口や歯の形がそっくり。

このサイズのサメにクッキーカッター攻撃されたら恐いなぁ(^_^;)
直径10cmくらいの穴が空きそうですね(恐)
でも、主な獲物は深海性の魚類・甲殻類・頭足類らしいです。

目がサメにしては比較的大きいです。
映画「シン・ゴジラ」が公開された頃には、
「ゴジラ顔の深海ザメ」としてけっこう有名になってました(笑)

[PR]

by vimytaro | 2017-07-02 20:23 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 06月 25日

クロツノアンコウ

f0292806_08134572.jpg
今週のカレンダー

クロツノアンコウ
学名:Bufoceratias wedli

生息深度:300〜1500m 最大体長:8cm
分布:大西洋の熱帯・亜熱帯水域

アンコウの仲間のチョウチンっていうと、
上アゴと目の間くらいにあるのが普通だと思ってましたけど、
この子のチョウチンは、なんと頭のてっぺんに!

アラジンと魔法のランプの魔人みたいな(笑)

縫い目のように見える点は、おそらく側線みたいなセンサーです。

最大で8cmだけど、ほとんどの標本はゴルフボールくらい。
カワイイ!

[PR]

by vimytaro | 2017-06-25 22:13 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 06月 18日

イガグリガニ

f0292806_14332147.jpg
今週のカレンダー

イガグリガニ
学名:Paralomis hystrix
英名:Lithodid Crab

生息深度:200〜600m 最大体長:15cm
分布:東京湾東から九州西岸

イラストの脚、1対描き忘れたわけではなく、
タラバガニと同じくヤドカリの仲間です。

イガグリみたいにトゲだらけです。
腹側にもトゲがビッシリ生えている念の入りよう(笑)

食べるとミルクのような味がするので、「ミルクガニ」とも呼ばれます。
かなり美味しいらしいのですが、体中のトゲが鋭く硬いので食べにくく、
食用に出回ることはほとんどないのだとか・・・

でも、ちょっと食べてみたい(・∀・)

[PR]

by vimytaro | 2017-06-18 14:34 | おさかなイラスト | Comments(0)