2017年 10月 15日

ユメソコグツ

f0292806_05540861.jpg
今週のカレンダー

ユメソコグツ
学名:Coelophrys brevicaudata

生息深度:700〜1140m 最大体長:10cm
分布:日本、フィリピン、インドネシア

アカグツ科ソコグツ属です。
アカグツといえば、知っている人も多いと思いますが・・・
そのアカグツの仲間で、
もっと深い海の底に棲んでいるから「ソコグツ」なのかな?(笑)

一見ハコフグみたいな箱形の体型。
アカグツと同じように、胸ビレは体の後方に付きます。
体中が小さなトゲで覆われています。
トゲがない線状部分は感覚器官。

目と目の間にあるのは、巨大なイリシウム。
チョウチンアンコウのチョウチンにあたります。
これを出し入れできるのかどうかは動画がなくて不明。

標本が少なくて、未だ謎だらけ(^_^;)
イラストも想像で描いている部分が多いです。

[PR]

# by vimytaro | 2017-10-15 22:52 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 10月 08日

ミズヒキイカ

f0292806_22105171.jpg
今週のカレンダー

ミズヒキイカ
学名:Magnapinna pacifica
英名:Bigfin Squid

生息深度:1930〜4735m 最大体長:700cm
分布:太平洋

2007年に、異常に長い腕で海底上に立ち上がっている姿が撮影されました。
大きなヒレがまるで頭のように見えて、さながらエイリアンのようです。

体の90%を占める途方もなく長い腕には、
途中に関節があるかのように折れ曲がります。
この「関節」から先は、腕の先端が細く糸のように伸びたもので、
この部分にも小さな吸盤がびっしり付いています。

触腕は第四腕の溝に沿って伸ばしたり縮めたりしますが、
他の腕と同じように糸状。

腕を横に広げた姿勢をとるのは、
腕同士が絡まないようにするためと考えられています。

8本の糸状の腕を海底上に垂らして、
小さな獲物を貼り付けて捕まえているようです。
まるで昔の「ハエ取り紙」みたいですね。
・・・といっても、もう知らない人の方が多いかも(^_^;)

[PR]

# by vimytaro | 2017-10-08 22:11 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 10月 01日

クロアンコウ

f0292806_18430027.jpg
今週のカレンダー

クロアンコウ(ペリカンアンコウモドキ)
学名:Melanocetus murrayi
英名:Black Seadevil
   Murray's Abyssal Anglerfish

生息深度:1000〜2500m 最大体長:12cm
分布:世界中の海の熱帯〜温帯水域

背中が盛り上がっている姿から、
かつては「セムシクロアンコウ」と呼ばれていましたが、
2007年に差別魚名とされて「クロアンコウ」に改名。
その後いつのまにか「ペリカンアンコウモドキ」とい標準和名になっています。

イラストはメス。
オスは2cmくらいと小さく、この種類はメスに寄生しません。

長い牙状の歯は、後ろには倒れるけど前には倒れないしくみ。
この仕組みのおかげで、噛みつかれた獲物は逃げられません。
歯が倒れるから口も閉じられるのでしょうね?
・・・口閉じてる写真って見たことないけど(笑)

胃と腹部が大きくふくらむので、
自分の倍以上もある獲物を飲み込むことができます。
・・・でもときどき食べ過ぎで?お腹が裂けてる標本も見ます(^_^;)

[PR]

# by vimytaro | 2017-10-01 18:43 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 09月 26日

アクアマリン秋のイベント

f0292806_12413113.jpg
f0292806_12413577.jpg
f0292806_12451846.jpg
アクアマリンふくしまの秋のイベント
ポスターとチラシをデザインさせていただきました。

楽しそうなイベントいっぱいです。
ボク個人的には、ギョスプレに興味津々なんですが(笑)
また見に行きたいな〜♪

お近くの方、いわき方面にお出かけの方、
ぜひ、アクアマリンふくしまに、
立ち寄ってみてくださいね(・∀・)ノ



[PR]

# by vimytaro | 2017-09-26 12:51 | おさかなお仕事 | Comments(0)
2017年 09月 24日

マルギンガエソ

f0292806_13471396.jpg
今週のカレンダー

マルギンガエソ
学名:Bathophilus brevis

生息深度:75〜1650m 最大体長:5.5cm
分布:大西洋、東太平洋

深海魚というと、やせ細っているイメージがあるんだけど、
マルギンガエソは普通に丸々とした魚型でおいしそう(笑)

さらに変なのは、胸ビレの位置。
背中から生えてるヒレがあるけど、これが胸ビレ。
えら蓋の下にあるのは腹ビレです。

体中に小さなスミレ色の発光器が散在します。
体の後ろの方にぼんやり光る発光紋。
目の後ろの発光器は明るい緑色だそうです。

体にうろこはなく、体色はこげ茶っぽい黒色、
生きている間はブロンズ色の光沢があります。

[PR]

# by vimytaro | 2017-09-24 22:46 | おさかなイラスト | Comments(0)
2017年 09月 21日

深海魚缶バッジ

f0292806_16575422.jpg
f0292806_16585032.jpg
和歌山県立自然博物館さまより、
深海魚缶バッジと深海展の図録、ポストカードを送っていただきました。
感激です\(^▽^)/
お世話になりました。

「深海展」は終了してしまいましたが、
缶バッジは好評につき継続して販売されているようです。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]

# by vimytaro | 2017-09-21 17:01 | おさかなお仕事 | Comments(0)