2017年 08月 27日

オオグチボヤ

f0292806_19455510.jpg
今週のカレンダー

オオグチボヤ
学名:Megalodicopia hians
英名:Predatory Tunicate
   Megabyte Sea Squirt

生息深度:250〜5500m 最大体長:13cm
分布:北太平洋、南極

見たまんまの和名で笑っちゃいます。
「大笑い」しているようにも見えるので、
「オオワライボヤ」と言ってしまうこともあったり(笑)

ホヤの仲間なので、
エサと海水を取り込む入水孔と、出口となる出水孔を持ちます。
大きな口に見えるのが入水孔。
出水孔は後頭部てっぺんに見える出っぱりです。
本体の下に柄があり、これで硬い岩肌などに付着します。

富山湾の水深700〜900mに巨大なコロニーがあります。

普通のホヤは、鰓の繊毛を動かして水流を作り、
水中の微小藻類などのエサを入水孔から取り込むことができるのだけど、
オオグチボヤには繊毛がありません。
その代わりに、大きな入水孔を持ち、海底の流れの方向に口を開いて、
流れ込んでくるものを無差別に飲み込んでいるのだそうです。

[PR]

by vimytaro | 2017-08-27 19:47 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by sotaフィッシュラブ!クラブ at 2017-09-08 11:22 x
でった〜!!オオグチボヤ。
ワライボヤと呼んでもいいくらいの満面の笑み!!
人気のやつですね。
Commented by vimytaro at 2017-09-09 12:29
>sotaさん
大笑いしてるみたいにも見えますよね(*^▽^*)


<< カンテンダコ      ティラノフリネ・プグナクス >>