2017年 07月 23日

ハッポウクラゲ

f0292806_15441666.jpg
ハッポウクラゲ
学名:Aeginura grimaldii

生息深度:660〜1168m 最大体長:4.5cm
分布:大西洋、北極海

「ハッポウ」という名前のとおり、
傘から8本の触手が伸びる深海性の小振りなクラゲ。

濃い赤い体色は、深海では目立ちにくい色です。
補食した獲物が胃の中で発光しても、敵からみつかりにくくなります。
そこまで慎重でないと深海では生活できないんですねー

触手は通常は体の横方向にまっすぐ伸びます。
泳ぐときは傘の縁を丸めたり伸ばしたりしながら・・・

[PR]

by vimytaro | 2017-07-23 21:42 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< 「ときめく金魚図鑑」      ポケットピクチュアカード >>