2017年 05月 07日

ダイオウグソクムシ

f0292806_13535689.jpg
今週のカレンダー

ダイオウグソクムシ
学名:Bathynomus giganteus
英名:Giant Isopod

生息深度:170〜2500m 最大体長:45cm
分布:西大西洋、メキシコ湾、カリブ海

深海ファンにはすっかりおなじみ「ダイオウさま」
等脚類の中では世界最大種。
陸上のちっちゃいダンゴムシと同じ仲間です。
脚も7対でいっしょ。

でも、ダンゴムシみたいにまんまるにはなれず、
コの字に曲げるのが精一杯らしいです。
「ダイオウさま」は体がかたい(笑)

深海底でエサとなる動物の死骸を待っている、深海の掃除屋さん。

同じ属にオオグソクムシもいて、水族館でも多く展示されています。
大きさが全然ちがうのですが、見た目も少しちがいます。
丸くて太いのがダイオウグソクムシ
平べったくてスマートなのがオオグソクムシ。

[PR]

by vimytaro | 2017-05-07 22:52 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by sotaフィッシュラブ!倶楽部 at 2017-09-09 13:39 x
今まで気づかなかったんですが、クラブってカニの事でした(笑)なのでクラブを漢字に変更しました。
あと、ダイオウグソクムシって絶食しても太るらしいです。どーなってんの⁉︎
あと、アノマロカリスの偽化石作りお願いいたします。
Commented by vimytaro at 2017-09-10 02:03
>sotaさん
「クラブ」ってカタカナでも普通の人はカニのことだとはまず思いませんよ(笑)
ダイオウグソクムシは、与えられたエサの他に何か別の有機物を食べるか吸収しているのかもしれませんね。
アノマロカリスの偽化石もおもしろそうですね・・・ちょっと考えてみます(^-^)ありがとう


<< DIVE ESTIVANTのTシャツ      海辺の手しごと市 >>