2017年 03月 26日

ハープスポンジ

f0292806_11592227.jpg
ハープスポンジ
学名:Chondrocladia lyra
英名:Harp Sponge

生息深度:3316〜3399m 最大体長:60cm
分布:カリフォルニア海岸沖

深海性のカイメンの仲間。
からだの中心部から海底をはうように放射状に伸びた1〜6本の枝を基部とし、
そこから垂直に触手が何本も伸びます。
垂直の触手は末端ほどだんだんと短くなり、これがハープの弦のように見えます。

ネットでは、5本の枝で5角形の個体の画像が多く見られますけど、
個体によって枝、触手の数や大きさがちがいます。

垂直の触手はたくさんの小さな有刺フックで覆われていて、
これらがマジックテープのように働いて、
小さな甲殻類を捕らえることができるようです。

捕らえられたエサには薄い膜が張られ、ゆっくりと消化されます。

触手の先端の球状体は、生殖に関係がある部分らしいです。

[PR]

by vimytaro | 2017-03-26 12:00 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< アクアマリンばんそうこう      オンデンザメ >>