2017年 02月 26日

リノフリネ・アルボリフェラ

f0292806_18394444.jpg
今週のカレンダー

リノフリネ・アルボリフェラ
学名:Linophryne arborifera
英名:Bearded Angler

生息深度:200〜1000m 最大体長:7.7cm
分布:大西洋の熱帯亜熱帯水域、日本、ニュージーランド

オニアンコウ科の中でもリノフリネ属はアゴ下に発光器を持つチョウチンアンコウ。
頭の前方に生える疑似餌を「エスカ」と呼ぶのに対して、
アゴ下の発光器は「バーベル」と呼ばれます。

そのエスカもバーベルも大げさなのがこの種類(笑)

このエスカとバーベル、どちらも発光するのですが、仕組みがちがうとか・・・
エスカの光は発光バクテリアによるもので、トルコ石色。
バーベルの光は自前の発光細胞によるもので、青色。

イラストはメス。
オスはチョウチンアンコウと同じように、極端に小さくメスに寄生します。

[PR]

by vimytaro | 2017-02-26 18:40 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< 「極上珈琲とさかなの国」にウミ...      ヤバネウナギ >>