2016年 04月 03日

クロツノアンコウ

f0292806_13245611.jpg
クロツノアンコウ
学名:Bufoceratias wedli
フタツザオチョウチンアンコウ科
これわりと最近できたばかりの科のようです。

イリシウムは上アゴの上から伸びている種類が多いのだけど、
この科は頭のてっぺんから伸びてる感じです。

ビヨーンと長く伸びたイリシウムが、
焼いたら折れちゃうかなと思いつつ制作。
床にくっつくほど垂れ下がりはしたけど、折れずに保ってくれました。
よかった(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2016-04-03 21:24 | おさかな陶芸 | Comments(4)
Commented by みも at 2016-04-07 05:10 x
こんなに長~~~~い提灯の柄(笑)が
折れずに焼き上がる!
偉いぞぉクロツノ君!( ́艸 )
それにしても見事な出来映えですね。
Commented by vimytaro at 2016-04-07 14:50
>みもさん
ありがとうございます(^-^)
クロツノ君がんばりました。
えらいでしょ♪
クロツノ君を作ったボクのこともほめてください(笑)
Commented by ペンギン大王 at 2016-04-10 22:58 x
お久しぶりです!
クロツノさんなんとも言えない表情が良いですね~🎶
DMありがとうございました(*^^*)
息子が先に見つけワクワクした顔で渡してくれました(笑)
17日(日)にお伺いします!
久々の生作品楽しみにしてます(o´∀`)b
Commented by vimytaro at 2016-04-11 18:51
>ペンギン大王さま
ごぶさたしております(^-^)
DM見つけてワクワクしてくれるなんて、うれしいです!
17日、お待ちしております。

今回は販売メインのイベントなので、
新作とかの展示はないんですよー・・・ゴメンナサイ。
また5月に展示ありますので、新作はその時に(・∀・)ノ


<< アサフス・「こわれ」フスキー      ヒマントロプス・マクロケラス >>