2015年 01月 04日

メタスプリギナ

f0292806_22563819.jpg
メタスプリギナ
Metaspriggina walcotti
無顎上綱? ?目 メタスプリギナ科?
カンブリア紀中期 体長2cm

アノマロカリスで有名なカナダのバージェス頁岩から2012年に化石が発見されました。
論文が発表されたのは昨年の6月と、ほやほやの新種です。
化石の状態がすばらしく体の構造がよくわかるようです。
中でも、顎へと発展するであろう原始的な構造が確認でき、
脊椎動物のアゴの起源についてさかのぼることができ重要な発見です。

ということで、専門の先生方の興味はアゴにあるようですが、
ボクはこの子の目が好き(笑)
こんなツマミみたいなデザインの目なんて、見たことないですもんね。
これ、見えるのは上だけなのかな?とか、
ツマミみたいな部分が動いたら、後や前も見えるなーとか
・・・興味はそこ?(笑)

[PR]

by vimytaro | 2015-01-04 22:59 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< シーラカンス陶化石      ミロクンミンギア >>