2015年 01月 02日

ミロクンミンギア

f0292806_01010980.jpg
ミロクンミンギア
Myllokunmingia fengjiaoa
無顎上綱 ヌタウナギ綱 ミロクンミンギア目 ミロクンミンギア科
カンブリア紀前期 体長3cm

カンブリア紀前期の地層がある中国の澄江で化石が発見され、
現在のところ「最古の魚類」とされています。
同じ澄江の地層で発見されたハイコウイクティスという魚類もいますが、
どちらが先かはまだよくわかっていません。
体の作りはどちらもよく似ているので、同じ種類だとする説もあるようです。

体の詳しい作りなどは不明です。
化石からは尻つぼみな体型と読み取れ、そういう復元イラストが多くありますが、
これだけでは泳ぐための推進力が得られないため、
実際にはもっと大きな尻尾が存在したのではないかと考えられています。

このイラストは、そもそも一昨年の化石水族館1のために描いていたのですが、
背景がうまく描けずに、ボツにしていたモノでした(笑)
今回は、背景だけ描き直しています。
現在主流となっている復元図では、ウナギのような尾ビレが描かれています。
・・・・・
時間がある時に、尾ビレ描き直したいな(^_^;)

[PR]

by vimytaro | 2015-01-02 22:57 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< メタスプリギナ      カリドスクトール >>