2015年 01月 01日

カリドスクトール

あけましておめでとうございます。
今年はこのブログに、どんどん記事をアップして、
もっとにぎやかにしたいと思っております。

今年もよろしくお願いします。

というわけで・・・
今年からカレンダーは「化石水族館2」です。

お買い上げくださったみなさま、
週めくりを始めてくださいねー♪
f0292806_14510324.jpg
表紙の化石魚

カリドスクトール
Caridosuctor populosus
硬骨魚綱 コエラカントゥス目 ラブドデルマ科
石炭紀前期 体長3ー25cm

原始的なシーラカンスの仲間。
スマートでワイルドな感じがなんともカッコイイシーラカンスです(主観)

ところで、シーラカンスといえば・・・
尾ビレ部分のデザインがとても印象的なんですが、
上下の巨大な尾ビレだと思っていたモノが、じつは第3背ビレと第2尻ビレで、
本当の尾ビレは尾の先端の筆みたいな部分だと、
一昨年末に知ってショックでした(笑)

↑アクアマリンでシーラカンスの模型を作った時・・・

ということは、
このカリドスクトールの尾ビレは、
ひょろーーんと伸びたあの先っぽだけか!!
・・・そう思うと・・・
とちょっとカッコワルー!とか思ってしまうのでした(笑)

名前には「エビを食べる」の意味があります。

[PR]

by vimytaro | 2015-01-01 14:57 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< ミロクンミンギア      アクアリウムバス終了 >>