2014年 10月 05日

スペクタクルドパロットフィッシュ

f0292806_14571565.jpg
スペクタクルドパロットフィッシュ
学名:Chlorurus perspicillatus
英名:Spectacled Parrotfish

ハワイ諸島のみの固有種でしたが、
最近では、ジョンストン島、ミッドウェイ諸島でも確認されたようです。
スズキ目ブダイ科。体長55cm。

北西ハワイ諸島のラグーンや海側のサンゴ礁に生息。
ハワイの主な島々で見られるのは希です。

オスとメス、幼魚では体の色がちがいます。
イラストはオス。
メスの体色は、赤紫色で尾ビレの付け根は白く、各ヒレは赤くなります。
幼魚は、茶色い体に3本の白いストライプか白のドット模様。

まず先にメスとして成熟し、後にオスへと性転換します。

キレイなブダイなので、フィギュアも作りました。
「HAWAiiAN BLUE・Pupu」でも展示してたの・・・覚えてる人いるかな?

「スペクタクル」は「眼鏡」の意味で、オスの目のまわりの模様が名前の由来。
「火曜スペクタクル」の意味ではない。
・・・最初、そうなのかと思ってたことがあったけどね・・・(笑)


[PR]

by vimytaro | 2014-10-05 15:02 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by sotaフィッシュラブ!クラブ at 2015-12-13 17:15 x
ブダイの色がオシャレ〜!そういえば、ブダイのフンは、サンゴ礁の砂の素だって、知ってましたか?
Commented by vimytaro at 2015-12-17 19:29
>sotaさん
このブダイ、オシャレでしょ。大好きなブダイなんです。
そうそう、ブダイはサンゴを骨格ごとかじって食べちゃうので、細かく砕かれた骨格がフンとして排出されるんですよね。


<< チョウチンアンコウ1号      化石魚復元中 >>