2014年 05月 25日

ハワイアンモーウォン

f0292806_12475081.jpg
ハワイアンモーウォン
学名:Goniistius vittatus
英名:Hawaiian Morwong

ハワイ諸島、固有種。
スズキ目タカノハダイ科。体長40cm。

日本のミギマキを白っぽくしたような魚。
背中が出っ張った山型の体型はちょっと魚っぽくないです(笑)
小さな口と、厚く赤い「クチビル」も個性的。

海側のサンゴ礁で見られますが、ちょっと珍しい種類。

厚く丈夫な胸ビレで体を支えて、砂地やサンゴの上に乗ることができる。
ゴンベもそんなことできますね・・・近い種類なのかな?

英名の「モーウォン」というのは、元はアボリジニ語らしいです。
意味は・・・ちょっとわかりませんでした(汗)

小さな甲殻類やワームや軟体動物やウニまで、なんでも食べます。

*イラストを描くのに調べたときは・・・
学名「Cheilodactylus vittatus」としかわからず、
ニューカレドニア、ロードハウ島、ケルマディック諸島にも似た種類がいて、
この子も同種とされていましたが、現在は別種とされているようです。
学名は「Goniistius vittatus」で、ハワイ諸島固有種。


[PR]

by vimytaro | 2014-05-25 12:52 | おさかなイラスト | Comments(0)


<< ポストカード増えました      化石のレプリカづくり >>