2013年 12月 15日

サウロドン

f0292806_9574827.jpg



サウロドン
学名:Saurodon sp.
硬骨魚綱 真骨亜区 ニシン・骨鰾下区 イクティオデクテス目 体長240cm

非常に細長く薄いボディをした海棲の捕食魚です。
体長240cmでボディの幅はわずか10cm。

さらに珍しいのが、下アゴの先端についている、先の尖った巨大な前歯骨。
何のためにこれがあるのか、どのように使っていたのかは謎です。
[PR]

by vimytaro | 2013-12-15 09:59 | おさかなイラスト | Comments(6)
Commented by kazz at 2013-12-16 23:01 x
この下顎で突かれたら一巻の終わりですね〜。
めっちゃ速く泳ぎそうです!!

今年のカレンダーも残り僅かとなりましたね〜。
来年分も無事届きました!!
Commented by vimytaro at 2013-12-17 18:47
>kazzさん
やっぱり狩猟用の牙なんですかねぇ?
たしかに、尾ビレとかカジキみたいで泳ぐの速そう!

カレンダー届きましたかー(◎^-^◎)
よかった。ありがとです。
また来年も楽しんでお使いください♪
Commented by ソウタ at 2015-11-27 17:33 x
サヨリやダツみたいで、かっこいいです!そういえば、名前はひらがなからカタカナに変更しました。
Commented by vimytaro at 2015-11-29 13:08
>ソウタさん
あ、こちらにいらっしゃいましたね(・∀・)
いらっしゃいませ。

たしかに、サヨリも下アゴが突き出ていますよね。
ご先祖さまかもしれませんね。
Commented by sotaフィッシュラブ!クラブ at 2016-03-27 17:49 x
狩り方想像シリーズ、久しぶりです!今回は、このブログで初めてコメントした魚、サウロドンです。
・小魚の場合
まず、猛スピードで泳ぎます。そして、円を描くように囲みます。それから一斉にパクリ!丸呑みします。
・サメなどの大型魚の場合(サメの場合を表記。エイも同じ。)
まず、1匹が突き出ているトゲでサメの軟骨を折らせる。それから群れで襲いかかる!(因みに、大型魚は取り合いになることも少なくない)
すごいですね!
Commented by vimytaro at 2016-03-28 16:59
>sotaさん
やっぱり下アゴのとがった骨は、
狩りに使ったんでしょうかねー。
狩り方シリーズ、想像してワクワクしますね(・∀・)


<< シファクティヌス      イクティオケロス >>