2013年 12月 01日

ギロドゥス

f0292806_192992.gif



ギロドゥス
学名:Gyrodus sp.
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 ピクノドゥス目 体長20-100cm

横から見るとまんまるで、
なんだか現在のアカマンボウに似ているプロポーション。

口とかけっこう恐そうな感じなんだけど、
全体がまん丸なのでなんだかかわいい印象(笑)

アゴには丸い歯が何列もぎっしりと並んでいます。
サンゴや貝など硬い獲物をかみ砕いて食べていたと考えられます。

厚い長方形のウロコが体を覆っています。
現在の魚だとあまり見ないウロコの形ですけど、
ガーなどの古代魚にはよく見られる形。
頑丈だけど動きにくい。
[PR]

by vimytaro | 2013-12-01 19:03 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by kazz at 2013-12-05 23:17 x
四角い鱗!!確かにガーはそんなかもしれません。
今度注意して見てみますね!
そんな視点で見たこと無かったですね〜。
Commented by vimytaro at 2013-12-06 06:27
>kazzさん
ガーの鱗のイラストは「さかなのかたち」でも描きましたけど、
畳がびっしり並んでるみたいで、
描くのにとっても苦労した思い出があります(笑)

四角い鱗が、びっしり敷き詰められてて、鎧みたい。
でも、それぞれが重なってないから動きにくいんでしょうね。


<< ハリセンつぼン      リードシクティス >>