2013年 11月 24日

リードシクティス

f0292806_1683232.jpg



リードシクティス
学名:Leedsichthys problematicus
硬骨魚綱 条鰭亜綱 全骨区 パキコルムス目  体長1400-2200cm

史上最大の魚類と考えられています。

現在の最大の魚類、ジンベエザメは最大で18mと言われていますが、
信頼できる固体記録は13.7mだそうです。

新生代の巨大ザメ、メガロドンは推定13~15m。
化石として残っているのは歯だけなので、推定値しかありません。

リードシクティスの場合は、14~22mと言われています。
28m説もあります。
というわけで、史上最大の魚類なのですが・・・

まだ、尾ビレと頭骨の一部、肋骨少々、鰓櫛など断片的なものしか見つかっておらず、
メガロドンと同じく推定値でしかありません。

ジンベエザメはプランクトン食ですが、
リードシクティスも同じようにプランクトンを食べていたようです。
となると、口は上向きに付いていて、上アゴは平らな方が、
表層のプランクトンを食べやすそうだと思うのですが・・・
リードシクティスの復元図というと下のようなタイプのが多く出てきます。

f0292806_1226430.gif


そこで、ボクなりに描き直してみました(笑)
素人考えだとは思うのですけど・・・(^^;
[PR]

by vimytaro | 2013-11-24 12:26 | おさかなイラスト | Comments(4)
Commented by kazz at 2013-12-05 23:16 x
メガマウス!!
サメは骨が残らないので、
どんな姿だったか夢が膨らみます。
ああ、古代にタイムスリップしたい。
Commented by vimytaro at 2013-12-06 06:19
>kazzさん
あ、たしかにメガマウスっぽい(笑)

リードシクティスは硬骨魚なので、
もしかしたら、何十年後かに全身の化石が見つかって、
大昔の姿を復元させることができるかもしれませんねー(´▽`)

ホントに、化石魚の時代に、本物を見に行きたいですねー♪
Commented by sotaフィッシュラブ!クラブ at 2016-02-17 14:56 x
ジンベエザメに似ています!で、歯の方は、細かい歯が20万本か、クジラヒゲみたいなものがあると考えています。
どちらも、プランクトンをギュオーーーーってこしとって食べるタイプだと思います。
Commented by vimytaro at 2016-02-19 11:22
>sotaさん
似てるでしょ?
ジンベエザメをモデルにして描きましたからねー(^_^;) (笑)
クジラヒゲを持っていたというのはおもしろい仮説ですね。

でも、クジラは魚類のようなエラを持ってないから、「ヒゲ」でこしとっていたんです。
魚の場合は、エラが細かくクシ状になっていれば、
海水を飲み込んでそのままエラ穴から出すことで、プランクトンをこしとれるんです。


<< ギロドゥス      カレンダー通販開始 >>