2013年 10月 13日

エデスタス

f0292806_14355861.gif



今週の「化石水族館」10/13〜

エデスタス
学名:Edestus sp.
軟骨魚綱 全頭亜綱 エウゲネオドゥス目 体長600cm

現在のサメの歯は、古い歯は抜け落ち、内側から新しい歯が
ベルトコンベア式に出てきて生え替わります。
でも古代のサメの中には古い歯が抜け落ちないタイプがいました。

エデスタスもそういうタイプ。
古い歯が新しい歯に前に押し出されて、歯茎ごと飛び出ちゃってる感じです。

さらにおかしなのが歯の並び方で、
口の開口部に沿って丸く並ぶのではなく、前方に向かって1列になってます。
まるでハサミみたいに・・・とってもヘン(笑)

サメなどの軟骨は化石になりにくく、残っているのがこの歯だけなので、
実際にこんな姿をしていたかどうかは謎です。

ボク自身としてもじつは納得いかない復元図(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-10-13 14:37 | おさかなイラスト | Comments(4)
Commented by kazz at 2013-10-24 22:25 x
歯茎がスゴイ〜!
確かにサメは骨、残りませんもんね。
いつかは実態がわかるといいなあ〜。
Commented by vimytaro at 2013-10-26 05:51
>kazzさん
「ウソでしょ!?」ってな感じの復元図ばっかりでした(笑)
これをどうしたらかっこよくなるのか?
ぜんぜん無理でしたねー(^_^;)
タイムマシンでこのサメ見に戻ってみたいです♪
Commented by sotaフィッシュラブ!クラブ at 2016-01-20 14:55 x
八景島の件については、釣りはまだ一回もしてません(汗)
そして・・・(; ̄O ̄)!嘘でしょ!(驚)
こいつも狩り方想像しちゃいました!(笑)
小魚の群れに突っ込み、ガブリ!
アンモナイトが生きていた時代だったら、硬い殻も一噛みで粉々になってしまったでしょうね!
大きな魚も襲ったかもしれませんね!
ちなみに、アンモナイトが現れたのは石炭紀です。
Commented by vimytaro at 2016-01-22 02:09
>sotaさん
じゃ、釣りはまたの機会に(^_^)/

やっぱり信じられませんよね?こんな歯の付き方なんて(笑)
狩り方どころか、食べ方もよくわかりません(笑)
いつか体も歯と一緒に見つかるといいですねー。


<< お魚だいすき!展 設営      今週の「化石水族館」10/6〜 >>