2013年 08月 11日

今週の「化石水族館」8/11〜

f0292806_12322199.gif



カンプベロードゥス
学名:Campbellodus decipiens
板皮上綱 プティクトドゥス目 体長30-40cm

板皮類というと、頭部を硬い骨板で覆われて上下に平たいタイプが多いのですが、
カンプベローダスはけっこう体高があります。
第1背ビレが高く、
ごていねいにも、第1背ビレの前部まで3枚の骨板で保護されています。

骨板の外の体もすべてウロコで覆われているのも、
プティクトドゥス科の板皮類にしては独特らしいです。

なんか、見たことないプロポーションの板皮類だなと思ってイラストを描いたのですが、
調べてみると特殊なタイプだったというわけでした(笑)
[PR]

by vimytaro | 2013-08-11 12:34 | おさかなイラスト | Comments(2)
Commented by kazz at 2013-08-14 22:39 x
なんと変わった形の板皮類だったんですね。
僕はギンザメだっ!ってすぐ思っちゃったのですが。
Commented by vimytaro at 2013-08-16 12:11
>kazzさん
さすが板皮類マニア(笑) 
印象がちがうのわかりますね(*^-^*)
そういえば、たしかにギンザメっぽいですねー。
ギンザメに兜被せたらこんな感じかな?(笑)


<< 今週の「化石水族館」8/18〜      ふんどしデビュー(笑) >>